Windows Server 2012 以降での AD RMS サーバー上の DB メンテナンスについて – その 2

こんにちは、RMS サポートの益戸です。 以前、「Windows Server 2012 以降での AD RMS サーバー上の DB メンテナンスについて」にてご紹介したクエリについて、今回は改良版をご用意いたしました。 MSIPC のバージョンアップに伴い、以下の公開情報にもあるとおり、今までは多くのデータが保管されることが少なかった UserAgent および、ErrorInformation についても削除を行うよう修正を加えております。ご利用方法については、前回のブログを参照ください。 弊社の複数環境にて動作確認を致しておりますが、ご利用いただく中でご不明な点などございましたら、弊社サポートをご利用いただければ幸いでございます。   [ご参考] Windows サーバーで AD RMS のイベント ID 84 が発生します。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4038927/event-id-84-ad-rms-windows-server   SQL 文をコピーする際には、ダブルバイトが存在しないことをご確認ください。 ブラウザによっては、「’」等がダブルバイトになることがあります。ご注意ください。 [Delete 用 SQL 文] –//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// — Description: —       This script can be used to delete records in the AD RMS Logging source database….

0