モバイル端末で Azure Information Protection を使用する際の制限について

こんにちは、RMS サポートの益戸です。 Azure Information Protection (以降 AIPと表記します) では、Windows 端末の他、Android や iOS といったモバイル端末でも暗号化されたファイルを扱うことができるようになりました。 しかしながら、ダブルバイトの日本語表示については、現在(2017 年 9 月 5 日時点)では文字化けが発生することを確認しております。 サポート部門へも多くのお問合せをいただき、開発部門とも情報を共有しておりますが、Android OS に起因する問題、エクスプローラー等の暗号化ファイルを起動する際のアプリケーションに起因する問題、メーラーに起因する問題など、モバイル端末の幅広い環境に依存し、すべての事象に対して今すぐに対応していくことが難しくご不便をおかけする状況が残念ながら続いております。 * 2017/10/04 追記 : iOS についても、同様に文字コードに起因して文字化けが発生することを確認しております。 ダブルバイトといったローカル言語独自の問題については、日本だけではなく、中国や韓国などでも発生している状況とはなりますが、本ブログを通じて、ぜひ開発部門へ直接ご利用者のフィードバックができる仕組みをご紹介したいと思います。 具体的には、Yammer サイトや、メール、User Voice を通じて開発部門へフィードバックを送ることが可能となります。 Product Feedback for Microsoft’s Information Protection Solutions : https://msip.uservoice.com Yammer サイト : https://www.yammer.com/AskIPTeam 情報保護チーム : mailto:askIPteam@microsoft.com?subject=Question%20about%20Azure%20Information%20Protection%20app なお、文字化けの事象の多くは文字コードに依存する場合が多く、UTF-8 では正常に表示されることを確認しております。 << Android >> << iOS >>…

0

Azure Information Protection にて XPS ファイルを開く際の注意事項

こんにちは、RMS サポートの益戸です。 Azure Information Protection (以降 AIPと表記します) にて、暗号化された XPS ファイルを開く際の注意事項についてご紹介します。 XPS ファイルは、XPS Viewer という OS に標準で含まれるアプリケーションで開く事が可能です。 XPS ビューアーでは、msdrm.dll というクライアントモジュールにて、RMS で暗号化されたドキュメントを開く事が可能です。 しかしながら、msdrm.dll については、直接 Azure を使用することが出来ないため、RMS 共有アプリケーションを介して開く必要があります。 具体的な、XPS ファイルの開き方は以下の通りです。 1. RMS 共有アプリケーションをインストールします。 Rights Management 共有アプリケーションをダウンロードしてインストールする https://docs.microsoft.com/ja-jp/information-protection/rms-client/install-sharing-app 上記は、インストール手順の公開情報です。インストーラーについては、以下よりダウンロードください。 上記公開情報内のリンクからは、AIP Client のダウンロードサイトとなり、AIP Client では XPS ファイルを開く事ができません。 Microsoft Rights Management sharing application for Windows – 日本語 https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=40857 ※ RMS 共有アプリケーションは、2019年1月以降、利用ができなくなります。既存…

0