[RMS] SharePoint Server 2013, 2016 での IRM 構成、及び、注意点について

こんにちは、RMS サポートの小島です。 平素よりマイクロソフト製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。   本記事では SharePoint Server 2013, 2016 で IRM 機能を利用する場合の注意点についてご案内いたします。 ※ SharePoint 2010 については内容が異なる場合がございますのでご留意ください。 SharePoint Server では AD RMS Server や Azure Information Protection (旧 Azure RMS) と連携して、ユーザーがダウンロードする文書を自動的に IRM 保護する機能が用意されております。 この機能の基本的な設定方法については以下でご紹介する公開情報などをご参照ください。   [AD RMS と連携する場合] AD RMS サーバーと連携する場合、AD RMS サーバーのローカルグループである “AD RMS Service Group” に、SharePoint 関連のサービスアカウントとコンピュータアカウントを登録します。また、 AD RMS の ServerCertification.asmx にこの “AD RMS…

0

MIM 2016 SP1 にて PAM を利用する際に、http 404 / 500 エラーが発生する。

こんにちは、Identity Manager サポート 益戸です。 MIM 2016 SP1 の Privilege Access Management(PAM) をご利用いただく際に、いくつかの rest API が HTTP 404 や 500 エラーが出力される場合があります。 この際の対応手順について、ご紹介します。 回避策としては、以下の通り MIM のサービスアカウントの権限の委譲を以下の通り実施します。 実施後は、MIM サーバー上にて、iisreset にて IIS サービスの再起動を実施ください。 変更前 変更後 この事象は、Off box と呼ばれる新しい委任に関連する機能の問題によるものとなります。 MIM 2016 SP1 にて PAM 機能をご活用の際はご注意ください。

0

[RMS] 個人用 RMS の登録について

皆さんこんにちは、日本マイクロソフト小島です。 今回は Azure RMS のライセンスとして弊社が提供している 個人用 RMS ライセンス の概要について記載いたします。まず、Azure RMS のライセンスには以下のようなものがございます。   個人用 RMS ライセンス Azure Information Protection P1 ライセンス Azure Information Protection P2 ライセンス   このうち、Azure Information Protection  P1 及び、Azure Information Protection P2 ライセンスについては有償のライセンスとなります。そして、個人用 RMS ライセンスについてはご自身のメールアドレスさえあれば、登録できるフリーのライセンスとなります。ただし、個人用 RMS ライセンス は保護された文書の “復号化 (閲覧や保護解除など) ” のみを目的としており、文書の “暗号化(保護)”  についてはサポートを行っていないなど、いくつか制限がございますのでご注意ください。   『個人用 RMS と Azure Information Protection』 https://docs.microsoft.com/ja-jp/information-protection/understand-explore/rms-for-individuals   この個人用ライセンスについては下記の方法で登録することが可能となります。 <登録手順について> 1.  下記からサインアップします。 https://signup.microsoft.com/signup?sku=rms&ru=https%3A%2F%2Fportal.azurerms.com%2F%23%2Fdownload   2.  ご利用されているメールアドレスを入力し、[サインアップ]…

0

Identity Manager サービス再起動時の PCNS への影響について

こんにちは、Identity Manager サポート 髙橋です。今回は Password Change Notification Service (PCNS) を利用している環境で、連携先の Identity Manager のサービスを再起動した場合の影響について紹介します。 役割上サービスの停止や再起動を行う機会の少ない Identity Manager ですが、運用を続けていますとサービスを再起動することもあるかと思います。このとき、サービスを再起動した Identity Manager が PCNS 連携している場合、サービス再起動後はじめて行われるパスワード同期が失敗することを確認しております。以下に具体的な内容をご案内します。 Identity Manager のサービスを再起動後、当該 Identity Manager と連携している PCNS を利用して、パスワード同期を行いますと以下のエラー (イベント ID: 6025) が発生します。エラーのとおりパスワード同期は失敗しますが、1 分後にリトライされることで正常にパスワード同期が完了しますので、ご安心ください。運用においてログを監視されている場合は、下図のとおりアプリケーション ログにエラーが出力されますので、サービス再起動時の想定された動作としてご認識いただけると幸いです。 <PCNS 稼働サーバーのアプリケーション ログ> また、複数の Identity Manager と連携してパスワード同期を行っている PCNS 環境もあると思います。そのような環境においても、いずれかの Identity Manager のサービスが停止 (再起動) した場合は上記と同様の動作 (エラー & リトライ) となることをご考慮ください。 <補足情報:エラーを出力させない方法>上述のとおり、本エラーが発生したとしても…