[RMS]ADRMS クライアントコンポーネントの修正プログラムについて


日本マイクロソフトの盛です。

ADRMS のクライアントコンポーネントには、MSIPC MSDRM がございます。

これらの最新版のリリースについて、説明いたします。

Office アプリケーションや、Exchange/Sharepoint などで IRM 機能に関する問題が発生した場合には、はじめにこれらを最新版に更新して、問題が回避できるかどうか確認することをお勧めいたします。

MSDRM MSIPC の概要については、こちらをご参照ください。

http://blogs.technet.com/b/jpffi_team_blog/archive/2013/12/02/rms-msdrm-msipc-1.aspx

 

MSDRM の修正プログラム

MSDRM オペレーティングシステムの一部として供給されており、Microsoft Update もしくはダウンロードセンターにて提供されています。

以下、20156月現在の、MSDRM の修正一覧です。

下表にて、最新(最終)版と記載されているプラットフォームについては、該当の修正プログラムにて、修正済みの既知の問題を回避できますので、適用した状態で運用することをお勧めします。

発行

KB 番号

タイトル(英語)

対象OS

備考

10/30/2014

3000850 (v1.7)

November 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R

Windows8.1/
Windows Server 2012R2

 

12/09/2013

2843630 (v2.0)

Update helps unmanaged Office 2010 users to work with Microsoft RMS in Windows

Windows8.1/
Windows8/
Windows Server 2012R2/
Windows Server 2012/
Windows7/
Windows7SP1/
Windows Server 2008R2/
Windows Server 2008R2SP1

下記プラットフォームの最新
(最終)版

Windows7/Windows7SP1/Windows Server 2008R2/Windows Server 2008R2SP1

09/07/2012

2627273 (v3.0)

RSA key length is increased to 2048 bits for AD RMS in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2

Windows7/
Windows7SP1/
Windows Server 2008R2/
Windows Server 2008R2SP1

 

06/19/2010

2255746 (v1.0)

You cannot publish IRM-protected content in Microsoft Office 2010 on a computer that is running Windows Server 2008 R2

Windows7/
Windows Server 2008R2

 

12/23/2011

2627272 (v2.0)

RSA key length is increased to 2048 bits for AD RMS in Windows Server 2008 R2 and in Windows Server 2008

Windows Vista SP2/
Windows Server 2008 SP2

下記プラットフォームの最新
(最終)版

Windows Vista SP2/ Windows Server 2008 SP2

(※Widows Server 2008R2 サーバーコンポーネント用修正も含まれています。)

11/20/2010

2469597 (v1.0)

You cannot open a rights-protected Office 2010 document in Windows Vista or in Windows Server 2008

Windows Vista SP1/
Windows Server 2008 SP1

下記プラットフォームの最新
(最終)版

Windows Vista SP1/ Windows Server 2008 SP1

01/27/2010

979099 (v1.1)

An update is available to remove the application manifest expiry feature from AD RMS clients

Windows7/
Windows Vista/
Windows VistaSP1/
Windows VistaSP2/
Windows Server 2008R2/
Windows Server 2008/
Windows Server 2008 SP1/
Windows Server 2008 SP2/
Windows XP

 

11/18/2009

977624 (v2.0)

AD RMS clients do not authenticate federated identity providers in Windows Server 2008 or in Windows Vista

WindowsVistaSP2/
Windows Server 2008 SP2

 

05/20/2009

970887 (v1.0)

Performance issues occur when Windows Rights Management Services client has very large files associated with an RMS policy

Windows VistaSP1/
Windows VistaSP2/
Windows Server 2008 SP1/
Windows Server 2008 SP2

 

 

MSIPC の修正プログラム

MSIPC は、別途インストールするように設計されており、修正はおよそ3か月ごとにリリースされるアップデートで提供されます。

最新の MSIPC は、ダウンロードセンターで入手できます。

 

“Rights Management Service Client 2.1”

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=38396

※現在の最新版は、2015/4/24 のバージョンです。

 

なお、Office 2013 MSIPC は、製品にバンドルされているため、修正も Office のアップデートとともに供給されます。

従いまして、IRM 関連の問題発生時は、Office の更新を行って、問題が回避できるかどうか、ご確認いただくことをお勧めします。

最新の Office 2013 の更新プログラムについては、以下の文書をご参照ください。

 

“Office Updates”

https://technet.microsoft.com/library/dn789213(v=office.14)

 


Comments (0)

Skip to main content