弊社製品の新元号対応予定について


皆さまこんにちは。Windows プラットフォーム サポートの鈴木です。

弊社では現在、新元号に対応する製品やそのバージョンおよび、その詳細な内容や更新の実施方法について検討を継続しております。

本 blog の以前の記事では、6 月を目途に上記の情報を公開する予定であるとお伝えしておりましたが、現時点では引き続き詳細な検証が必要な状況と判断しており、個々の製品やバージョンでの動作や新元号への対応方法等について明確にお伝えするに至っていない状況でございます。
まずは上記深くお詫びを申し上げます。

しかしながら、各製品に対する調査、開発部門との対応方針の協議等は急ピッチで進行しております。
少々お時間をいただく見込みではありますが、開発者様向けに API レベルでのご対応ガイドラインを作成する等、引き続き情報公開を積極的に行わせていただく予定でございます。
また、先日この blog でお伝えいたしました .NET Framework でのリリースは、上記のような動きの一環でございます。

基本方針として、メインストリーム サポート フェーズおよび延長サポート フェーズにある製品に対して新元号への対応を実施する予定でございます。
影響範囲、対象が多岐に渡るため、マーケットへの影響範囲等を加味して、優先順位を付けて対応を進めていきます。
また、新元号対応時期については、新元号発表後に遅滞なく完了できるよう準備を進めています。ご了承ください。

なお、新元号に対応する製品、バージョンにつきましても、その対応内容等によっては 2019 年 5 月 1 日 時点で対応が完了しないものが存在する可能性がございます。
弊社製品で予定しております具体的な対応内容は 新元号への対応についてのアップデート 記事にて以前よりお伝えしておりますが、
例えば "合字への対応" や "正規化" への対応については、新元号が公表されて以降に開始する必要があるためです。
弊社では可能な限り前倒しでの対応を進めますが、具体的な時期については引き続き本 blog 等で随時お伝えしてまいります。

なお、SQL Server 製品につきましては、製品サポート チームでの調査結果を公開済みとなっております。併せて下記 Blog もご参照いただけますと幸いです。

元号/和暦 の変更に伴う影響について (SQL Server, Azure SQL Database, SQL Data Warehouse)


Skip to main content