新元号プレースホルダーのレジストリを個別に削除、追加する方法について

皆様こんにちは。 4 月にリリースされた Windows 10 April 2018 Update では、新しい元号のためのプレースホルダーとしてレジストリの値が追加されており、本ブログの4 月の記事でもご紹介しておりました。 本レジストリについては、削除、追加を個別に行われたいというフィードバックもいただいており、今回は同レジストリの削除、追加を簡単に行うための .reg ファイルをご紹介します。 なお、レジストリの変更を伴う操作であるため、対象のコンピューターに対する管理者権限が必要となります。 また、レジストリの誤った変更はシステム全般にわたる重大な問題を引き起こす可能性もありますので、ご利用に際してはお客様の責任のもと、十分ご注意くださいますようお願いします。   削除する方法 1. 以下の “delete_new_jpera.zip” をダウンロードして、右クリック メニュー [すべて展開] を選択してファイルを展開します。 delete_new_jpera 2. 展開された “delete_new_jpera.reg” をダブル クリックして実行します。 3. ユーザー アカウント制御のダイアログならびに、レジストリ変更に関する警告ダイアログが表示される場合は、それぞれ [はい] を選択して実行してください。   追加する方法 1. 以下の “add_new_jpera_placeholder.zip” をダウンロードしてダブルクリックして実行します。 add_new_jpera_placeholder 2. 展開された “add_new_jpera_placeholder.reg” をダブル クリックして実行します。 3. ユーザー アカウント制御のダイアログならびに、レジストリ変更に関する警告ダイアログが表示される場合は、それぞれ [はい] を選択して実行してください。   確認方法 作成した…


.NET Framework の新元号対応予定について

皆様、こんにちは。 今回は、.NET Framework の新元号対応に関わる変更について、変更の内容とリリース予定についてご案内します。   変更内容 現在、マイクロソフトでは .NET Framework のクラス ライブラリの新元号対応に関して以下の 2 点の変更を予定しています。 変更 1. 各元号における最終年を超えた和暦表現の文字列 (平成 32 年、昭和 65 年など) を日付型オブジェクトに変換する際の緩和措置 変更 2. .NET Framework 3.5 においても、和暦計算時に元号情報のレジストリを参照するような変更   それぞれの詳細について、以下にご案内します。     変更 1. について .NET Framework では、System.DateTime.Parse メソッドや VisualBasic の CDate 関数など、和暦表現の文字列を DateTime などの日付関連のオブジェクトに変換する処理において、”昭和65年1月1日” のような各元号の最終年を超える日付に対しては、System.FormatException やSystem.InvalidCastException といった例外をスローする動作となっていました。 今回、元号のレジストリが追加されたことによって .NET Framework でも平成は 31 年が最終年であると認識するようになりますが、これにより、レジストリが追加される前までは問題なく処理されていた “平成32年1月1日”…