新元号への対応に向けた検証とテスト ケースについて

皆さまこんにちは。弊社サポート部門では、来年 5 月に控えた改元に向け、さまざまなお客様からお問い合わせを頂戴することが増えてまいりました。 現時点では、改元に対する Microsoft の対応方針、それに基づいた Windows API や OS に含まれるコンポーネント、影響を受ける製品群一覧や改元の対応対象製品等についてお伝えすることは難しい状況でございます。 しかしながら、弊社では、以前の投稿でもお伝えしております通り、弊社製品の対応方針や具体的に対応を行う製品の検討等を急ピッチで進めております。情報の公開まで今しばらくお待ちくださいますようお願い致します。 また、去る 4 月 20 日には、弊社オフィスへパートナー様にお越しいただき改元に向けた説明会を開催させていただきました。大変ご好評をいただきましたため、今後の追加開催を検討しております。こちらは別途ご案内をさせていただきます。 なお、上述の情報公開を待たずとも、ユーザー様、開発者様におかれましては、今すぐにでも、改元の影響を受ける可能性のあるシステムやアプリケーションの棚卸しを開始していただくことが可能です。 今回は、改元の影響を受ける可能性のあるシステムやアプリケーションの棚卸しをご実施いただく際、一般的にまずご確認をいただきたいテスト項目についてお伝えいたします。 大きく分けて、検証を行うべき項目としては下記の 2 点がございます。 ・ 日付関連 ・ フォント (合字) 関連 上記を踏まえ、アプリケーションごとの主なチェック項目としては下記のようなものが挙げられます。 ・ 日付関連   - 日付の表記を和暦に設定できる、または Windows OS の表示形式設定を参照し、和暦が設定されている場合にはアプリケーション上も和暦表記になる   - 和暦を選択できる機能がある   - カレンダーやスケジュール機能がある   - 祝日や六曜といった表記がある   - 日付を挿入できる (当日の日付、カレンダーから選択等)   - 日付で並べ替え、フィルターができる   - レポート、グラフ機能がある   - 西暦 ⇔ 和暦変換ができる   - 他システムや他アプリケーションと和暦でデータ交換を行っている…