Windows 10 機能更新プログラム (2018 Spring Release) における元号のレジストリ更新について

皆様こんにちは。 今春リリース予定の Windows 10 の機能更新プログラムでは、新しい元号となる 2019 年 5 月に先立ち、各元号の期間を保持しているレジストリが更新される予定です。新しい元号の名称はまだ公表されていませんので、レジストリにはプレースホルダーとして仮の名称が設定された形となります。 レジストリの更新は、新元号が追加されることに伴う問題をより早い段階で発見し、来る 2019 年 5 月に問題が発生することを未然に防ぐことを目的にリリースされます。Windows 10 Insider Preview での先行公開を経て、既存のアプリケーションやシステムへの影響も検討した上で、このタイミングでリリースされることが決定されました。   更新されるレジストリの設定は以下のとおりです。   [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras] “1868 01 01″=”明治_明_Meiji_M” “1912 07 30″=”大正_大_Taisho_T” “1926 12 25″=”昭和_昭_Showa_S” “1989 01 08″=”平成_平_Heisei_H” “2019 05 01″=”??_?_??????_?”     レジストリが更新されることで想定されるコントロールや API への影響は、次のようなものが考えられます。   2019 年 5 月以降の日付を表す和暦の文字列がプレースホルダーに置き換わる可能性があります。例えば、”2020/10/10″ は “??2年10月10日” になります。カレンダー コントロールや、.NET Framework 4 以降はこの変更の影響を受けます。 2019…


新元号への対応についてのアップデート

皆さまこんにちは。新元号への対応についてのアップデートをお伝えいたします。 新元号の発表時期等についてメディアでも取り上げられる機会が増え、皆さまから頂戴するお問い合わせも徐々に増えてまいりました。 私たちでは、政府とも連携を行いながら準備を進めており、引き続き新しい情報がございましたらこの Blog でお伝えしていく予定です。 ● 新元号への対応レベルにつきまして 弊社製品の新元号への対応レベルとしては、大きく下記の 3 点があります。個々の製品やサービス、バージョンによって必要な対応レベルが異なるため、弊社ではどのような対応が必要か精査を急ピッチで実施しています。 – 日付フォーマットの変換 “日付フォーマットの変換” とは、主に西暦 ⇔ 和暦の変換処理を指します。 西暦 2019 年 5 月 1 日以降の日付は平成ではなく、新しい和暦に変換される必要があります。 Win32 や ATL / COM、.NET Framework に含まれる API、オブジェクトやメソッドによる日付フォーマットの変換が主となります。 この対応は 2019 年 4 月末までに完了できればよいというものではなく、新元号での変換が業務で必要となるまでに完了しなければならない点に注意してください。 – 合字への対応 “合字” は耳慣れない言葉ですが、「㍿」や「℡」のように 2 つ以上の文字を 1 文字で表現する記号を指します。 明治以降の元号は、Unicode 上に以下のような合字が存在しています。 ㍻ (U+337B) ㍼ (U+337C) ㍽ (U+337D) ㍾ (U+337E) 弊社によるこれまでの調査では、和暦の表示等に合字を使用しているケースが相当数存在し、このようなシステムでは新元号に対しても同様に合字への対応が必要と考えられます。…