Microsoft 365 を用いたゼロ トラスト ネットワークの実現

こんにちは、Azure & Identity サポート チームの田中と高田です。 本記事は、米国時間 2018年 6 月 14 日に公開された Building Zero Trust networks with Microsoft 365 の抄訳です。   従来の境界ベースのネットワーク制御は時代遅れとなりつつあります。 境界ベースのネットワークには、ネットワーク内のすべてのシステムが信頼できるという前提があります。 しかし、今日ますますモバイル ワーカーが増える中、パブリック クラウドサービスへの移行や BYOD (Bring Your Own Device) モデルの採用もあり、境界セキュリティの制御は意味をなさなくなってきています。従来有効とされていた制御方法を依然として使い続けているネットワークは、侵入に脆弱となります。信頼される境界として定義していた中に含まれるエンドポイントのたった一つからでも攻撃者の侵入を許すと、攻撃者はその後あっという間にネットワーク全体を支配下においていきます。 ゼロ トラスト ネットワークは、境界で囲まれたネットワークは信頼できるという考え方を用いません。 代わりに、ゼロ トラスト アーキテクチャは組織内のデータとリソースへのアクセスにデバイスおよびユーザーのクレーム情報を活用します。 一般的なゼロ トラスト ネットワークモデル (図 1) は通常、以下の要素で構成されます。 ユーザーおよびユーザー関連の情報を保持する ID プロバイダ 対応するデバイス情報 (デバイスの種類、整合性など) に基づいて、会社のリソースにアクセスできるデバイスのリストを保持するデバイス ディレクトリ ユーザーまたはデバイスがセキュリティ管理者によって設定されたポリシーに準拠しているかどうかを判断するポリシー評価サービス 組織リソースへのアクセスを許可または拒否する上記の方式を利用したプロキシ   図 1….

0