Azure AD Connect サーバーの CPU 使用率が頻繁に 100% になる問題について


こんにちは、Azure ID チームの松枝です。

本記事では、Azure AD Connect サーバーの CPU 使用率が頻繁に 100% になる問題について、次のとおりご案内いたします。
先日より同様の事象について、多くのお問い合わせをいただいております (ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありません)。先日修正を含む Azure AD Connect のバージョンがリリースされましたので、もし本問題事象が発生しましたら、下記の対処方法を実施ください。

本事象の概要:

”バージョン 1.1.819.0 以前” の Azure AD Connect の不具合が原因で、 .NET Framework に関するセキュリティ更新プログラムの適用が行われた後、 Azure AD Connect サーバーの CPU 使用率 が常に 100% に近い高負荷状態になります。

事象発生が報告されている更新プログラム:

  • KB4338420
  • KB4338606
  • KB4054542
  • KB4054566
  • KB4054590
  • KB4338814
  • KB4338419
  • KB4338605
  • KB4345418

参考情報:

 

もし、高負荷状態にあるプロセスが ”Microsoft.Identity.Health.AadSync.MonitoringAgent.Startup.exe” の場合、本事象に該当する可能性が高いと考えられます。

根本的な対処方法:

Azure AD Connect を、本事象に対する修正を含む最新バージョン Azure AD Connect 1.1.880.0 にアップグレードします。
バージョン 1.1.880.0 における修正内容につきましては、下記の弊社技術情報をご参照ください。

 

暫定的な対処方法:

運用上の理由で上記の根本的な対処が難しい場合、本事象の原因となっているサービス「Azure AD Connect Health Sync Monitoring Service」を停止することでも回避できます。アップグレードするまでの暫定的な対処方法としてご検討ください。
なお、このサービスを停止した場合、Azure AD Connect Health for Sync の機能は利用できなくなりますが、Azure AD Connect の同期処理や認証処理に影響はありません。

 

上記内容が少しでも参考となりますと幸いです。
製品動作に関する正式な見解や回答については、お客様環境などを十分に把握したうえでサポート部門より提供させていただきますので、ぜひ弊社サポート サービスをご利用ください。

 

関連する記事:

 

Comments (0)

Skip to main content