Ubuntu を特殊化イメージでデプロイすると、既存のユーザーでログインできなくなる事象について

こんにちは! Microsoft Azure テクニカル サポートの高橋です。 今回は Ubuntu を特殊化イメージでデプロイすると、既存のユーザーでログインできなくなる事象について、 原因と対処策をご紹介いたします。 ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、更新日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。   事象について 既存の特殊化 Ubuntu イメージを以下の弊ブログ記事を参考に、デプロイすると設定していたユーザー / パスワードにて SSH ログインができなくなる事象がございます。   IaaS v2 (ARM) で特殊化イメージの仮想マシンをテンプレートから作成する方法 https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/04/06/iaas-v2-arm-specialized-template/   原因 本事象が発生する背景としては、以下のドキュメントに記載がございます。 Ubuntu Cloud Image では cloud-init という固有のツールが起動し、通常は Azure Linux エージェントで管理されるはずの、さまざまな構成タスクが代わりに実行されることに起因します。Ubuntu 特有の cloud-init ツールの影響をうけ、もともと存在したユーザー名・パスワードがクリアーされてしまいます。   Azure Linux エージェント ユーザー ガイド https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-linux-agent-user-guide/   実際に再デプロイ後に cloud-init のログを確認すると、再デプロイ実行時間帯に以下のログの記録があります。 このことから、cloud-init による独自のユーザー名・パスワードへの設定処理が行われたことがわかります。   [CLOUDINIT]…

0

仮想マシンがつながらない場合のトラブルシュート (Windows)

※ 2016 年 9 月 15 日 一部更新しました。<※ 2016 年 9 月 15 日追加> と記載しております。 みなさん、こんにちは。Azure サポートの平原です。 仮想マシンを使っていて、オンプレミスの環境と同様にOS自体が破損し挙動がおかしくなることは、全くないとは言い切れません。そのため、定期的なバックアップはお勧めいたしますが、本日は、万が一のための、仮想マシンがつながらない場合の対処方法(トラブルシュート方法)についてご紹介をします。 ※本内容は 2016年4月時点の内容です。

0