ネットワーク仮想アプライアンス (NVA) 経由で通信できない時のチェックポイント

こんにちは、Azure サポートチームの檜山です。 今回は Azure 上でネットワーク仮想アプライアンス経由で想定どおりに通信ができない時の確認点についてご紹介します。 ネットワーク仮想アプライアンスについて ネットワーク仮想アプライアンス (Network Virtual Appliance: NVA) とはネットワークの機能やサービスが含まれた VM のことで、NVA 用の VM イメージは様々なサードパーティ ベンダが Azure Marketplace からも提供しております。 仮想ネットワーク上に NVA を構成することで、ファイアーウォールや WAN の最適化等の様々な機能を Azure 上で実現することができます。 よくある利用例としては以下のようなものがあります。 特定の VM 間の通信はファイアーウォールを経由させたい 仮想ネットワークでハブ スポークを構成したい Azure ロードバランサー、Azure VPN Gateway、Azure Application Gateway で提供していない機能を使いたい 特定の通信は NAT ルーター経由にしたい NVA については以下もご参照ください。 Network Appliances https://azure.microsoft.com/ja-jp/solutions/network-appliances/ 以下にも NVA のトラブルシューティングについてまとまっておりますので、こちらもご参照ください。 Azure でのネットワーク仮想アプライアンスの問題 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-network/virtual-network-troubleshoot-nva…