Azure VM のバックアップ – 新ポータルでの VM のバックアップ方法について

!!!重要!!! 当記事は、Azure バックアップ機能が、リソース マネージャー用に未実装の時期に代替案として記載した方法となります。今は、Azure バックアップ機能を使っていただくことが便利ですので、以下をご参照ください。   Linux 仮想マシンのバックアップ・リストア (ARM編) https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/10/13/linux-backuprestore/ タイトルに Linux とありますが、Windows も同様の手順でバックアップ・リストアが出来ます。 Azure Backup の各機能の概要 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-introduction-to-azure-backup   念のため、過去記事も残しておきます。方法自体は有効です。   ※ 2/29 V2 の仮想マシンについてのリストア方法を追記。それに伴いレイアウトを少し変更しました。   こんにちは、日本マイロソフトの石井です。 クラシック ポータル (https://manage.windowsazure.com/) では、Recovery Services というとても便利なバックアップの機能がありましたが、新ポータル (https://portal.azure.com/) にて、Azure の VM の簡単なバックアップ方法が無いのか?というご質問を多くいただきます。確かに、新ポータルでの利用において、安心して使うためのバックアップの方法は不可欠です。 現在、新ポータルで利用可能な UI ベースのバックアップ (Recovery Services という機能) を急ピッチで開発しています。プレビューが公開され次第、ポータル上に表示されますし、本ブログでもアナウンスしますのでご注目ください。 さて、Recovery Services の機能がリリースされるまでの間、どのようにしたらいいのかについて、ご紹介します。