2017/10/31 に Azure Backup コンテナー (ASM) が、Recovery Services コンテナー (ARM) にアップグレードされるお知らせ

表題の通り、2017/10/31 に Azure Backup コンテナー (ASM) が、Recovery Services コンテナー (ARM) に自動でアップグレードされます。 現在、このアナウンスを対象のユーザー様に電子メールにてお知らせしております。   これにより、今まで Azure Backup コンテナーにてバックアップを取得したデータは引き継げるのか心配されるかと存じます。 今回の自動アップグレードに関して、今までご利用のバックアップ データは問題なく、Recovery Services コンテナーに引き継がれ、そのデータ (2017/10/31 以前のデータ) より復元も可能ですのでご安心ください。 また、自動アップグレード後は今までご利用いただいたクラシック Azure ポータル (https://manage.windowsazure.com/) ではなく、新 Azure ポータル (https://portal.azure.com/) にてご利用いただくことになります。 尚、2017/10/31 の自動アップグレード前に手動でアップグレードいただくことも可能です。 以下、Azure Backup コンテナーからRecovery Services コンテナーへのアップグレードについて、参考となる弊社公開情報がございますのでぜひご参照ください。 ・Upgrade classic Backup and Site Recovery vaults to ARM Recovery Services vaults (クラシック Backup 及び…


Azure Site Recovery を用いてレプリケーションを有効化する際に Azure VM のソースの場所が選択出来ず、[Azure Site Recovery replication for Azure VMs is not yet supported in “リージョン名” region.] というエラーが生じる不具合について

こんにちは、Azure サポート チームの伊東です。 Azure Site Recovery を用いて Azure VM を別リージョンの Azure VM へ (Azure to Azure) レプリケーションする機能のプレビュー版が先日公開されましたが、現在レプリケーション有効化の際にエラーが生じるというお問い合わせを多くいただいております。ご迷惑をお掛けし大変恐れ入りますが、こちら Azure サービス側の原因によって不具合が生じております。本日は不具合への対処方法と機能修正の目途についてご案内いたします。 Recovery Services コンテナーから Azure Site Recovery を用いたレプリケーションを有効にする際、レプリケート対象の Azure VM の [ソースの場所] を指定しますが、現在サポート対象のリージョンをご選択いただいても下記のエラー メッセージが生じてしまいます。 エラーメッセージ: [Azure Site Recovery replication is not yet supported in “リージョン名” region. Refer to https://aka.ms/a2a-supported -regions for the list of supported regions.] こちらは Azure…


Azure Site Recovery を用いた Azure IaaS 仮想マシンの Azure to Azure のレプリケーション

こんにちは、Azure サポート チームの伊東です。 Azure Site Recovery を用いて Azure IaaS 仮想マシンを別リージョンの Azure 仮想マシンへとレプリケーションする機能 (Azure to Azure) のプレビュー版が、先日公開されました。今回はこの新機能の概要と、レプリケーションの有効化後、フェールオーバー、フェールバックする際の手順をご紹介します。 ※ Recovery Services コンテナーは作成済みとします。 概要 Azure Site Recovery は、プライマリ リージョンの仮想マシンや物理サーバーを継続的にレプリケートし、障害発生時にセカンダリ リージョンのサーバーにフェールオーバーすることで障害から素早く復旧するためのソリューションです。 今まで Azure Site Recovery ではオンプレミスのサイト間、もしくはオンプレミスのサイトと Azure 間でのみレプリケートすることが可能でしたが、Azure 上の仮想マシンを別のリージョンにレプリケートすることは出来ませんでした。しかし、2017 年 5 月 31 日 (日本では 6 月 1 日) から、異なる Azure リージョン間でのレプリケーション機能が公開 (プレビュー)されました。 この新機能により、Azure 仮想マシンを自動的に別のリージョンにレプリケートし、障害発生時にフェールオーバーすることが可能になりました。 メリット シンプルでコスト効率に優れたバックアップ (BaaS) ソリューション…


Azure IaaS VM バックアップと Azure Backup エージェントにおける Recovery Services コンテナーの冗長設定を登録する方法と留意点

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの但木です。 今回は Azure Backup の中でも特にご質問の多い、Azure IaaS VM バックアップと Azure Backup エージェントにおける Recovery Services コンテナー の冗長設定を登録する方法と、冗長設定の留意点についてご案内します。   多くいただくご質問の一つに、 「冗長設定を気にすることなく (または気づけず) Azure IaaS VM バックアップ (または Azure Backup エージェント) を利用しているが、使用料金の高い地理冗長ストレージ (GRS) が初期設定となってしまっていたため、使用料金の安い冗長先に変更したい」 という内容がございます。 ですが、現状ではバックアップをご利用いただいている場合、途中で冗長先を変更することはできません (2016/12/08 現在)。※現在弊社開発チームよりバックアップご利用中でも冗長設定を変更できるよう検討しています。 その結果、コスト面を懸念し今まで使用していた Recovery Services コンテナー (今まで取得したバックアップ データを含む) を削除するに至るというケースがありました。 このようなケースを少しでも軽減できるよう、バックアップをご利用いただく前に Recovery Services コンテナーの冗長設定を登録する方法をご案内します。  ※ストレージの冗長設定を変更できないタイミング============ ・Virtual Machines のバックアップの場合は、Recovery Services コンテナーを作成後バックアップ ポリシーを登録すると変更できません ・オンプレミスによるファイルやフォルダーなどのバックアップの場合は、Azure Backup…


Azure ポータルの “Virtual Machines” に “Backup” 項目が追加

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの但木です。 Azure ポータルの “Virtual Machines” リソースに “Backup” の項目が追加され、VM 名を基にバックアップの設定変更および実行が可能になりました。この機能追加により、バックアップしている VM の管理が、より柔軟になりました。 特徴 “Virtual Machines” の画面から “今すぐバックアップ” を選択できる “Virtual Machines” の画面から復元ポイントを確認でき “VM の復元” を選択できる 利用するシーン 複数の Recovery Services コンテナーを持っていて、バックアップしたい VM を探さなくてはならないが、どの Recovery Services コンテナーの中に 特定の VM を登録したのか管理できなくなってしまった場合 操作手順 Azure ポータル (https://portal.azure.com) にサインインします 画面左部のリソース一覧より “Virtual Machines” を選択します バックアップしたい VM 名を選択します 右に開いたブレードの “Backup” を選択します 右に開いたブレード上部の “今すぐバックアップ” (復元した場合は…

0

Azure VM のバックアップ – 新ポータルでの VM のバックアップ方法について

!!!重要!!! 当記事は、Azure バックアップ機能が、リソース マネージャー用に未実装の時期に代替案として記載した方法となります。今は、Azure バックアップ機能を使っていただくことが便利ですので、以下をご参照ください。   Linux 仮想マシンのバックアップ・リストア (ARM編) https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/10/13/linux-backuprestore/ タイトルに Linux とありますが、Windows も同様の手順でバックアップ・リストアが出来ます。 Azure Backup の各機能の概要 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-introduction-to-azure-backup   念のため、過去記事も残しておきます。方法自体は有効です。   ※ 2/29 V2 の仮想マシンについてのリストア方法を追記。それに伴いレイアウトを少し変更しました。   こんにちは、日本マイロソフトの石井です。 クラシック ポータル (https://manage.windowsazure.com/) では、Recovery Services というとても便利なバックアップの機能がありましたが、新ポータル (https://portal.azure.com/) にて、Azure の VM の簡単なバックアップ方法が無いのか?というご質問を多くいただきます。確かに、新ポータルでの利用において、安心して使うためのバックアップの方法は不可欠です。 現在、新ポータルで利用可能な UI ベースのバックアップ (Recovery Services という機能) を急ピッチで開発しています。プレビューが公開され次第、ポータル上に表示されますし、本ブログでもアナウンスしますのでご注目ください。 さて、Recovery Services の機能がリリースされるまでの間、どのようにしたらいいのかについて、ご紹介します。  

0