Linux ディストリビューションにおける、Azure 上の動作保証と Azure Site Recovery に関する注意事項

Azure サービスを日々ご利用いただいている皆様こんにちは、Azure サポート チームの工藤です。 今回は、Linux ディストリビューションにおいて、Azure で動作保証された OS バージョンと Azure Site Recovery での保護 (移行・レプリケーション・フェールオーバー・フェールバック) がサポートされる OS バージョンに関する公開情報について、補足情報をご案内いたします。


Ubuntu を特殊化イメージでデプロイすると、既存のユーザーでログインできなくなる事象について

こんにちは! Microsoft Azure テクニカル サポートの高橋です。 今回は Ubuntu を特殊化イメージでデプロイすると、既存のユーザーでログインできなくなる事象について、 原因と対処策をご紹介いたします。 ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、更新日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。   事象について 既存の特殊化 Ubuntu イメージを以下の弊ブログ記事を参考に、デプロイすると設定していたユーザー / パスワードにて SSH ログインができなくなる事象がございます。   IaaS v2 (ARM) で特殊化イメージの仮想マシンをテンプレートから作成する方法 https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/04/06/iaas-v2-arm-specialized-template/   原因 本事象が発生する背景としては、以下のドキュメントに記載がございます。 Ubuntu Cloud Image では cloud-init という固有のツールが起動し、通常は Azure Linux エージェントで管理されるはずの、さまざまな構成タスクが代わりに実行されることに起因します。Ubuntu 特有の cloud-init ツールの影響をうけ、もともと存在したユーザー名・パスワードがクリアーされてしまいます。   Azure Linux エージェント ユーザー ガイド https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-linux-agent-user-guide/   実際に再デプロイ後に cloud-init のログを確認すると、再デプロイ実行時間帯に以下のログの記録があります。 このことから、cloud-init による独自のユーザー名・パスワードへの設定処理が行われたことがわかります。   [CLOUDINIT]…

0

Linux 仮想マシンの OS ディスクの拡張方法 (ARM編)

最終更新日:2016/09/07   こんにちは。Microsoft Azure テクニカル サポートの乾です。   Microsoft Azure 上の多くの Linux 仮想マシンの OS ディスク (/dev/sda1) は 30 GB に設定されています。ディスクを追加してマウントすることは容易ですが、OS ディスクの拡張が必要となることもあるかと思います。今回は、リソース マネージャー デプロイ モデルの CentOS6.7 の仮想マシンの OS ディスクの拡張方法をご案内いたします。ディストリビューターやバージョンが異なる仮想マシンで本手順を実施いただく場合、実行できるコマンドが異なる場合がございますので、ご注意ください。 ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、更新日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

1

Linux OS が起動しない時のトラブル シューティングについて (ARM編)

最終更新日:2017/4/27 画面差し替え こんにちは。Microsoft Azure テクニカル サポートの乾です。 今回は、Microsoft Azure 上で Linux OS が起動しなくなってしまった場合のトラブル シューティング についてご紹介します。なお、本記事はリソース マネージャー デプロイ モデルを対象しており、クラシック デプロイ モデルの仮想マシンの場合は、Linux OSが起動しないときのトラブルシューティングについて (ASM編) をご参照ください。 ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0

Resource Explorer を使用して Linux OS をキャプチャーする

こんにちは! Azure サポートチーム 高橋です。   さて、本日は Azure Resource Explorer を使用して、Linux OS のキャプチャーの取り方を紹介します。 後半では、一般化したイメージを使った VM の作成方法を紹介します。   ※ 4/11 一般化した VM についての注意事項を追記。それに伴いレイアウトを少し変更しました。   ※ご注意ください※ 一般化 (sudo waagent -deprovision) の処理は切り戻しが行えません。 また、一度、一般化してしまうと、同じ VM を今後起動することはできず、展開の処理を経る必要があります。 このため、一般化を行う前にバックアップを実施することをお勧めします。   バックアップおよびリストアの方法については、下記の記事でご紹介しておりますのでご参考ください。   Azure VM のバックアップ – 新ポータルでの VM のバックアップ方法について リンク : https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/02/18/azure-vm-backup-0218/   Linux OS 一般化イメージの作成   1. Azure 新ポータル (ARM) にてリソースグループと…

0