Ubuntu を特殊化イメージでデプロイすると、既存のユーザーでログインできなくなる事象について

こんにちは! Microsoft Azure テクニカル サポートの高橋です。 今回は Ubuntu を特殊化イメージでデプロイすると、既存のユーザーでログインできなくなる事象について、 原因と対処策をご紹介いたします。 ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、更新日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。   事象について 既存の特殊化 Ubuntu イメージを以下の弊ブログ記事を参考に、デプロイすると設定していたユーザー / パスワードにて SSH ログインができなくなる事象がございます。   IaaS v2 (ARM) で特殊化イメージの仮想マシンをテンプレートから作成する方法 https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/04/06/iaas-v2-arm-specialized-template/   原因 本事象が発生する背景としては、以下のドキュメントに記載がございます。 Ubuntu Cloud Image では cloud-init という固有のツールが起動し、通常は Azure Linux エージェントで管理されるはずの、さまざまな構成タスクが代わりに実行されることに起因します。Ubuntu 特有の cloud-init ツールの影響をうけ、もともと存在したユーザー名・パスワードがクリアーされてしまいます。   Azure Linux エージェント ユーザー ガイド https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-linux-agent-user-guide/   実際に再デプロイ後に cloud-init のログを確認すると、再デプロイ実行時間帯に以下のログの記録があります。 このことから、cloud-init による独自のユーザー名・パスワードへの設定処理が行われたことがわかります。   [CLOUDINIT]…

0

Resource Explorer を使用して Linux OS をキャプチャーする

こんにちは! Azure サポートチーム 高橋です。   さて、本日は Azure Resource Explorer を使用して、Linux OS のキャプチャーの取り方を紹介します。 後半では、一般化したイメージを使った VM の作成方法を紹介します。   ※ 4/11 一般化した VM についての注意事項を追記。それに伴いレイアウトを少し変更しました。   ※ご注意ください※ 一般化 (sudo waagent -deprovision) の処理は切り戻しが行えません。 また、一度、一般化してしまうと、同じ VM を今後起動することはできず、展開の処理を経る必要があります。 このため、一般化を行う前にバックアップを実施することをお勧めします。   バックアップおよびリストアの方法については、下記の記事でご紹介しておりますのでご参考ください。   Azure VM のバックアップ – 新ポータルでの VM のバックアップ方法について リンク : https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/02/18/azure-vm-backup-0218/   Linux OS 一般化イメージの作成   1. Azure 新ポータル (ARM) にてリソースグループと…

0