PowerShell Script: 使用されていない不要な Azure リソースを自動検知して削除する

こんにちは Azure サポートチームの山口です。 今日は、Azure を使っているうちに溜まってしまったゴミリソースをお掃除する Powershell スクリプトをご紹介したいと思います。 Azure リソース漂流記 昔々、あるところに Azure VM を作成したおじいさんがいました。 おじいさんは VM をずっと大切に使っていましたが、ある日 VM との決別を決意します。そこで VM リソースを削除すると・・・ そうなんです。VM 以外の Azure リソースは自動的に削除されないんです。 おじいさんは VM を削除したことで満足してしまい、このことに気が付きません。 こうやって取り残された 6 つの Azure リソースは、サブスクリプションの海をいつまでもいつまでも漂っていたのでした。 完。 ・・・こんな状態は良くないですよね。 このような使用されていない Azure リソースが増えるとリソース管理が煩わしくなるだけでなく、さらにストレージ アカウントなどの一部のリソースは放置しているだけでも課金されてしまうので、早急に削除しなければいけません。 せっせと手動でリソースを 1 個ずつ消すのも一つの手ですが、この手の自動化タスクにおいて、人類は Powershell に屈服すること必至です。Powershell に任せましょう。 PowerShell Script というわけで、上記のようなシナリオを想定した PowerShell スクリプトをご紹介いたします。 このスクリプトは、不要だと判断された Azure リソース一覧を取得し、その中の任意のリソースを削除することが出来ます。 ダウンロード CleanupUnusedResource.ps1 実行手順…


VM のサイズ変更について

こんにちは。 Azure サポートチームの高橋です。 本日は VM のサイズ変更について、その方法と留意点をご紹介いたします。   Azure では必要に応じて VM のサイズを変更できる機能をご提供しております。 それぞれのシリーズに応じてスペックが異なり、用途に応じてご選択いただくことができます。 シリーズごとのスペックに関しましては、以下のドキュメントに詳しい記載がございますので、ご参考下さい。  Azure の Windows 仮想マシンのサイズ https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-windows-sizes/   本記事では、リソースマネージャーモデル (ARM/V2) の VM のサイズ変更についてご紹介いたします。 クラシックシリーズ (ASM/V1) の VM については、サイズのシリーズをまたぐサイズ変更には多々制約があることをご留意願います。   サイズ変更の実施には、 VM の再起動が伴います。 対象の VM は停止、起動どちらの状態でもサイズ変更可能ですが、起動状態のままですと、まれにエラーが発生するという事例がございました。 そのため、サイズ変更実施の際にはポータルから停止の操作を行い、停止済み(割り当て解除)の状態にすることを推奨いたします。 なお、停止済み(割り当て解除)の状態にすることで VM を配置している物理サーバーの配置換えが行われます。   ポータルから停止済み(割り当て解除)の操作を行う際は以下の点にご注意ください。 動的に設定しているパブリック IP の変更 一時ディスク (Windows であれば D: ドライブ) のデータの消去。 ご利用のパブリック IP が変更となることによって支障のある環境につきましては、事前にパブリック IP…

0

仮想マシンを新しいノードへ再デプロイする

※ 2016/11/18 ポータルを使用した再デプロイのドキュメントを追記 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 こんにちは、 Azure サポートチーム 高橋です。   ポータル画面より再デプロイを簡単に行うことができるようになりました。   そこで今回は、再デプロイとは何か。   また、 Azure PowerShell 1.2.2 を使用して、再デプロイを行う方法をご紹介します。     再デプロイとは   仮想マシンが稼働するホストサーバーを変更することを指します。                       仮想マシンへの接続ができない (RDP/SSH) 等の問題が発生した場合に、再デプロイを実行することで、接続障害が解消されます。   従来は、仮想マシンの停止・サイズ変更後に再起動するという方法で再デプロイを行いましたが、リソースマネージャーモデルの仮想マシンでは、サイズ変更の必要はありません。   リソースマネージャーモデルの仮想マシンでは、 Azure PowerShell 1.2.2 を使用して、再デプロイを行うことが可能です。   再デプロイを行う際の注意点として、気を付けていただきたいことがあります。   一時的なディスクのデータが失われるということ 仮想マシンに関連付けられた動的な IP アドレスが更新されるということ     仮想マシンを新しいノードへ再デプロイする ポータルを使用し、仮想マシンを再デプロイする手順につきましては、以下のドキュメントをご参考ください。 新しい Azure…

0

Resource Explorer を使用して Linux OS をキャプチャーする

こんにちは! Azure サポートチーム 高橋です。   さて、本日は Azure Resource Explorer を使用して、Linux OS のキャプチャーの取り方を紹介します。 後半では、一般化したイメージを使った VM の作成方法を紹介します。   ※ 4/11 一般化した VM についての注意事項を追記。それに伴いレイアウトを少し変更しました。   ※ご注意ください※ 一般化 (sudo waagent -deprovision) の処理は切り戻しが行えません。 また、一度、一般化してしまうと、同じ VM を今後起動することはできず、展開の処理を経る必要があります。 このため、一般化を行う前にバックアップを実施することをお勧めします。   バックアップおよびリストアの方法については、下記の記事でご紹介しておりますのでご参考ください。   Azure VM のバックアップ – 新ポータルでの VM のバックアップ方法について リンク : https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/02/18/azure-vm-backup-0218/   Linux OS 一般化イメージの作成   1. Azure 新ポータル (ARM) にてリソースグループと…

0