NSG のルールでインターネットへの通信を制限している際に、Azure 仮想マシンが “更新中” のまま起動しない

こんにちは。Azure サポートの宇田です。 今回は  Azure VM を起動した際などに、ポータル上で “更新中” のまま起動が完了しない原因と対処策についてご紹介します。 セキュリティ要件などの兼ね合いで、NSG 等を利用して通信を制限されることは一般的なシナリオかと思います。ただ、本来必要な通信まで制限してしまうと仮想マシンが “更新中” のままになるだけではなく、Azure の各種機能に影響がでる場合があります。本サポート チームのブログでも順次情報を公開していきますので、通信を制限される際は十分にご留意のうえ、適切な設定をいただけるようお願いいたします。  


Azure Automation でリソース管理を自動化するには

こんにちは、Azure サポートの宇田です。 日々のお問い合わせの中で、「Azure Automation で管理を自動化したいが、どのようにすれば良いかわからない。」という声を伺う機会が増えてきましたので、まずは概要のみですがご紹介したいと思います。


VM のサイズ変更について

こんにちは。 Azure サポートチームの高橋です。 本日は VM のサイズ変更について、その方法と留意点をご紹介いたします。   Azure では必要に応じて VM のサイズを変更できる機能をご提供しております。 それぞれのシリーズに応じてスペックが異なり、用途に応じてご選択いただくことができます。 シリーズごとのスペックに関しましては、以下のドキュメントに詳しい記載がございますので、ご参考下さい。  Azure の Windows 仮想マシンのサイズ https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-windows-sizes/   本記事では、リソースマネージャーモデル (ARM/V2) の VM のサイズ変更についてご紹介いたします。 クラシックシリーズ (ASM/V1) の VM については、サイズのシリーズをまたぐサイズ変更には多々制約があることをご留意願います。   サイズ変更の実施には、 VM の再起動が伴います。 対象の VM は停止、起動どちらの状態でもサイズ変更可能ですが、起動状態のままですと、まれにエラーが発生するという事例がございました。 そのため、サイズ変更実施の際にはポータルから停止の操作を行い、停止済み(割り当て解除)の状態にすることを推奨いたします。 なお、停止済み(割り当て解除)の状態にすることで VM を配置している物理サーバーの配置換えが行われます。   ポータルから停止済み(割り当て解除)の操作を行う際は以下の点にご注意ください。 動的に設定しているパブリック IP の変更 一時ディスク (Windows であれば D: ドライブ) のデータの消去。 ご利用のパブリック IP が変更となることによって支障のある環境につきましては、事前にパブリック IP…

0

ExpressRoute を ARM に移行する仕組みがアナウンスされました

こんにちは! Azure サポートチームの飯塚です。 クラシック デプロイ モデル (ASM) で作成した ExpressRoute を、リソース マネージャー モデル (ARM) に簡単に移行するための仕組みがアナウンスされました。まだ、英語の記事しかありませんが、この仕組みを待っていたお客様もいらっしゃると思いますので、とりいそぎご紹介します! 概要は、以下のページで説明されています。 https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/expressroute-move/ ステップバイステップの手順は、以下のページで説明されています。 https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/expressroute-howto-move-arm/ ExpressRoute サーキットの移行方法の他、多くのお客様からご要望いただいておりました、ASM の仮想ネットワークと、ARM の仮想ネットワークを同じ ExpressRoute にリンクする方法なども説明されています。これまで ASM から ARM への ExpressRoute の移行では、多くの手間がかかっておりましたが、今回のアナウンスによって、よりスムーズな移行が可能になります。 ASM の ExpressRoute をご利用いただいているお客様は、ぜひご覧いただければと思います!

0

仮想マシンがつながらない場合のトラブルシュート (Windows)

※ 2016 年 9 月 15 日 一部更新しました。<※ 2016 年 9 月 15 日追加> と記載しております。 みなさん、こんにちは。Azure サポートの平原です。 仮想マシンを使っていて、オンプレミスの環境と同様にOS自体が破損し挙動がおかしくなることは、全くないとは言い切れません。そのため、定期的なバックアップはお勧めいたしますが、本日は、万が一のための、仮想マシンがつながらない場合の対処方法(トラブルシュート方法)についてご紹介をします。 ※本内容は 2016年4月時点の内容です。

0

IaaS v2 (ARM) で特殊化イメージの仮想マシンをテンプレートから作成する方法

皆さん、こんにちは。Azureサポートの平原です。 昨年 IaaS v2が登場し、徐々に多くのお客様が使い始めていますが、細かい点が設定できる利点はありますが、逆に細かいところまで自分で設定をしないといけないので、設定が大変という声もお聞きします。本日は、固有情報を既に持っているイメージ (sysprep されていないイメージ) を使って仮想マシンを構築する方法についてお伝えをいたします。今回の方法はテンプレートを使う方法ですが、一般の方向けに、「クイックスタートテンプレート」というものがあります。今回はこちらを使う方法になります。 ※ 2016/12/21 一部リンク切れを修正しました。 2017/1/11 一部画像変更点を修正をしました。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0

IP アドレス 168.63.129.16 について

Azure サポートの宇田です。 今回は Azure 上でよく利用される 168.63.129.16 の IP アドレスについてご案内します。 Azure 上の仮想マシンなどでパケット キャプチャを行った際、168.63.129.16 という IP アドレスと通信しているログを見かけることがあります。こちらは Azure が各種サービスや機能を提供する際に使用している仮想パブリック IP アドレスで、Azure プラットフォームとご利用のインスタンス間の連携に使用されるものです。このため、Azure 上の仮想マシンなどではこの IP アドレスとの通信は必ず許可をいただけますようお願いいたします。 具体的にどのような用途で使われているかというと、以下のようなものがあります。