Azureで新規作成したWindows Server 2008R2 SP1 イメージでWorkstationサービスが起動しない

2018 年 2 月 8 日 追記 2018年2月8日時点において、本記事に記載した問題を修正したバージョン( 2.127.20180111 )が各リージョンに配布されました 2018年2月8日以降であれば、通常通り仮想マシンを作成すれば正常にWorkstationサービスが起動します。 現在配布されているバージョンについては、本記事にありますように以下のコマンドでご確認頂けます。 Get-AzureRmVMImage こんにちは、Azureサポートチームの三國です。 今回はAzureで新規作成したWindows Server 2008R2 SP1 イメージでWorkstationサービスが起動しない際のトラブルシューティングについてご案内致します。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 発生条件 2018年頭以降にAzureのマーケットプレイスより作成されたWindows Server 2008R2 SP1イメージにおいて、Workstationサービスが起動しない事象が発生しています。以下に発生を確認する手順と原因を記載します。 [確認手順] -Windows2008R2 SP1サーバにRDP接続する -スタートメニューより”Service”を選択する -“Workstation”サービスを右クリックし”Start”を選択する -以下のメッセージが表示される場合は、今回のブログでご案内する事象と合致しています。 Windows could not start the Workstation service on Local Computer. Error 1075: The dependency service does not exist or has been marked for deletion….


2018 年 1 月 4 日以降で Disk 11 のエラーが発生し MARS Agent バックアップが失敗する (0x8007045D)

※ 2018/02/01 更新 修正版の MARS Agent が公開されましたので、更新方法を追記いたしました。 こんにちは、Azure Backup サポート チームです。 本日は 1 月 4 日に発生しましたメンテナンスによる仮想マシンの再起動以降、Azure VM で MARS Agent によるファイルとフォルダーのバックアップが「仮想ディスク サービスで予期しないエラーが発生したため、バックアップを開始できませんでした。 I/O デバイス エラーが発生したため、要求を実行できませんでした。 (0x8007045D)」のメッセージで失敗する弊社製品不具合の事象についてご案内いたします。 ※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。   事象について MARS Agent による Azure VM のファイルとフォルダーのバックアップが下記イベント ID 11 の記録とともに失敗します。                                …


CPU の脆弱性から Azure のお客様を保護するために (2018/1/25 補足情報の更新)

本記事は、米国時間 1 月 3 日に公開された “Securing Azure customers from CPU vulnerability” の抄訳です。正式には、英語版のポストを参照して下さい。   1 月 25 日更新: Intel 社より、ファームウェア アップデートに伴い再起動が増加するため、今後のさらなるファームウェア アップデートを待つようガイダンスが公開されております。しかしながら、Azure プラットフォームにおいては、当該 Intel 社のガイダンスに記載の事象には該当しませんので、ご安心ください。また、これによる新たな計画メンテナンスも予定はございません。 参考情報: 高速化されたメンテナンスについてよくあるご質問 (FAQ) https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/windows/accelerated-maintenance <抜粋>  Intel released additional guidance on January 22, 2018 related to the security vulnerabilities. Will this guidance cause any additional maintenance activities by Azure? Azure mitigations previously announced…