Load Balancer と Application Gateway の通信の違い

こんにちは、Azure サポートチームの山崎です。 今回は Load Balancer と Application Gateway の通信の違いについてご紹介します。 Load Balancer の場合 Load Balancer を経由する通信は宛先 NAT され、バックエンドのサーバへ転送されます。 [行きの通信] 1.クライアントから Load Balancer への通信 送信元:クライアントの IP 宛先 :Load Balancer のフロントエンド IP 2.Load Balancer からサーバへの通信 送信元:クライアントの IP 宛先 :サーバの IP (宛先 NAT)   [戻りの通信] 3.サーバから Load Balancer への通信 送信元:サーバの IP 宛先 :クライアントの IP 4.Load Balancer からクライアントへの通信 送信元:Load Balancer のフロントエンド  IP 宛先 :クライアントの…

0

詳説 Azure ExpressRoute – Part4: ExpressRoute の冗長構成について

こんにちは。Azure サポートの宇田です。 今回は、ExpressRoute を複数ご契約いただく場合の留意点や、冗長構成の考慮点についてご説明します。 Part1: ExpressRoute を導入する前に Part2: ExpressRoute のルーティング制御について Part3: ExpressRoute の導入手順について Part4: ExpressRoute の冗長構成について Part5: ExpressRoute のトラブルシューティング方法


Linux ディストリビューションにおける、Azure 上の動作保証と Azure Site Recovery に関する注意事項

Azure サービスを日々ご利用いただいている皆様こんにちは、Azure サポート チームの工藤です。 今回は、Linux ディストリビューションにおいて、Azure で動作保証された OS バージョンと Azure Site Recovery での保護 (移行・レプリケーション・フェールオーバー・フェールバック) がサポートされる OS バージョンに関する公開情報について、補足情報をご案内いたします。


Azure Load Balancer で IP フラグメンテーションは未サポート

こんにちは、Azure サポートチームの山崎です。 今回は Azure Load Balancer で IP フラグメンテーションされたパケットが通信できない場合の理由と対策についてご紹介します。 IPフラグメンテーションとは 通信を行う際に一度に送信できるパケットのサイズは決まっており、サイズ(MTU)を超える大きなパケットは複数のパケットに分割されます。この分割処理をIPフラグメンテーションと呼びます。   MTU: 1回で送信可能なパケットサイズ(IPヘッダまでのサイズ)   Azure Load Balancer で IP フラグメントされた通信が未サポートの理由 Azure Load Balancer でサポートされている通信はドキュメントに記載のとおり、TCP と UDP のみサポートされています。   https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/load-balancer/load-balancer-overview#limitations   制限事項 Load Balancer は TCP または UDP 製品であり、これらの特定の IP プロトコルに対する負荷分散とポート フォワーディングを行います。 負荷分散規則と受信 NAT 規則は TCP および UDP についてサポートされており、ICMP を含む他の IP プロトコルについてはサポートされていません。   フラグメントされたパケットは以下のようなパケットになり、TCP、UDP ヘッダがありません。 Azure…

0

[ASM] データセンタ リージョン間の Classic 仮想マシンの移動方法

こんにちは! Azure サポート チームの澤田です。 Azure サポート チームでは ARM デプロイメント モデルを利用した Azure 仮想マシンについてのお問い合わせを多くいただいておりますが、Classic である ASM デプロイメントモデルを利用の仮想マシンについてもお問い合わせを頂いています。ARM では新機能が続々と追加されている状況から、サポートチームとしても ARM の利用を推奨している状況ではありますが、事情により Classic を利用しなければいけない場合がある事も認識しています。本日はそんな Classic ユーザーのご利用者様を対象として、Azure 仮想マシンのデータセンター間での移動方法を纏めてみましたので、ご参考下さい。 ASM ARM に関わらず Azure 仮想マシンではリージョンを跨ぐ移動をサポートしていないため、利用しているリージョンを変更する為には、手動で移動させる必要があります。具体的には、VHD ファイルを残す方法で仮想マシンを削除し、VHD ファイルを移動させ、VHD ファイルから新規で仮想マシンを作成する方法です。 なお以下手順での移動対象はクラウドサービスにシングルで構成しているシンプルな仮想マシンでデータ ディスクがアタッチされている環境を想定しています。 目次 まず初めに、手順の項目を以下で説明します。  仮想マシンを停止させる  仮想マシンにアタッチされているデータディスクの構成を確認する  仮想マシンに紐づく vhd ファイルを移動先のストレージ アカウントへコピーする  仮想マシンを “特殊化” でバックアップする  仮想マシンのエンドポイントや NSG など設定をメモする  仮想マシンをクラウド サービスごと削除する  移動先のデータセンタで新規クラウド サービスを再作成する  移動した vhd ファイルを基に、OS ディスクならびにデータディスクを作成する…

0