[2018/11/14 説明会開催] Azure サポート エンジニア募集中!


日本マイクロソフトの Azure サポートでは、Azure のお客様を日々支えるサポート エンジニアを募集しています!

お客様が一番お困りであるとき、最も近い相談相手となる。そういった貴重な機会を通じて、Azure の未来を一緒に作り上げていきませんか。

未曾有の成長・変革のまっただ中であるパブリック クラウドに携わる刺激的な毎日になります。最近では、サポートの技術を集約した書籍を出版し、お問い合わせによるサポート対応という枠を超えたお客様への支え方も模索しています。

また、マイクロソフトのサポートエンジニアのお仕事内容について、なかなか外からではわかりにくいところもありますし、コールセンターのようなイメージを持たれる方もよくいらっしゃいます。

そんな疑問にお答えするために、詳しいお仕事の内容を説明会でご紹介いたします。説明会にご参加いただければ、マイクロソフトのサポートエンジニアのイメージが大きく変わると思います。

さらに、現場のエンジニアと直接話ができるキャリア相談会も同時に開催いたしますので、マイクロソフトやAzureに興味がある方はぜひご参加ください。

 

参加希望の方は、下記リンクよりお申し込みください。

 

【説明会+キャリア相談会:】 クラウドサポートエンジニア(IaaS, Network, Identity)
https://aka.ms/AA2ruqe

 

<募集中の職種>

IaaS Networking
https://careers.microsoft.com/us/en/job/537723/Support-Engineer-IaaS-Networking

IaaS Platform
https://careers.microsoft.com/us/en/job/537724/Support-Engineer-IaaS-Platform

(ほかにも、Identity - 認証基盤である AzureAD や ADFS 等のサポート、
PaaS - App Service などの PaaS 系各種機能のサポートも募集しています。)

 

以下の記事でも、サポート エンジニア職について紹介がされています。

マイクロソフトのAzureカスタマー サービスが支持される理由 (ZDNet Japan 様)
https://japan.zdnet.com/extra/microsoft_support_201803/35116283/

マイクロソフトも採用強化を図る、サポートエンジニアとは?(レバテック キャリア様)
https://career.levtech.jp/guide/knowhow/article/416/

 

現場のサポート エンジニア直伝 FAQ

 

Q. 英語は必須ですか?

 

技術文書のリーディングと、海外エンジニアとの連携にあたってのライティングが必須となります。会話力は日本のお客様対応にあたっては必須ではありませんが、入社後も英語を前向きに学んでいけることが重要です。

 

日々の業務では、日本のお客様に応対することとなります。

かたや、Azure データセンター開発部門との連携、世界中のエンジニア間のディスカッションにおいては、英語を使う機会が無数にあります。このような機会を自分のものにし、お客様への対応に活かしていくための勉強は欠かせません。

 

 

Q. マイクロソフト製品の知識は必須ですか?

 

マイクロソフト製品の知識は必須ではありません。何らかの技術的なバックグラウンドに自信がある方は大歓迎です。

 

マイクロソフトはオープン ソース テクノロジにも大きく舵を切っており、多くの製品が Linux でも動作しています。

これまでの Windows をはじめとするマイクロソフト製品だけでなく、Linux などのオープンソースに携わる技術者や、Web やインフラ系のデベロッパー、ネットワーク系のエキスパートに至るまで様々なテクノロジーのバックグラウンドが活躍できます。

 

Azure では 100 を超えるサービスが存在し、もはや一人のエンジニアが全てを知るということは不可能です。

様々な技術的・文化的バックグラウンドを持つエンジニアが集い、お互いを尊敬しあい、相談をしながらひとつの問題を解決していくというチームワークが求められます。


Skip to main content