IaasVmProvider のサービス停止によってアラートが記録されてしまう


Azure サービスを日々ご利用いただいている皆様こんにちは、Azure  サポート チームの工藤です。

今回は、Azure 上に Iaas で作成した仮想マシンを、Azure Backup でバックアップを有効化した場合、仮想マシン上で  IaasVmProvider  のサービス停止が、サーバーマネージャー上で検知される事象についてご案内いたします。

 

 

 ※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

 

事象の詳細


はじめに、Azure Backup で仮想マシンのバックアップを実施すると、対象の仮想マシンの  IaasVmProvider  サービスが自動起動して、スナップショット取得完了後に自動的にサービスが停止状態に戻ります。

これはバックアップ時の動作仕様であり、スナップショット取得後にサービスが停止状態であっても Azure Backup への影響はございません。

しかしながら、サービスとして “自動起動” の設定を行っているサービスが停止した場合、サーバー マネージャーのダッシュボードの [Services] 項目が赤くアラートが上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前述した通り IaasVmProvider  が自動で停止する事での影響は無いため、IaaSVmProvider  サービスが停止した際のアラート通知は、イベントを通知させない方法をとるか、イベントを無視して運用していただいて問題ございません。

 

 

IaaSVmProvider サービスの停止を通知させない方法


続いて、イベントを通知させない場合の手順は以下の通りです。

 

手順
1. サーバー マネージャーのダッシュボードを開きます。

2. 表示が赤くなっている [Local Server] の [Services] の項目をクリックします。

3. [Services] のコンソールから 以下の図のように “Services” のプルダウンより “IaaSVmProvider” のチェックを外します。

4. [OK] ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本記事は、お客様のお問合せを契機に掲載に至りました。

貴重なご指摘をくださいましたお客様には深くお礼を申し上げます。

 

なお、コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

Comments (0)

Skip to main content