(PowerShell編)Azure仮想マシン(管理ディスク)の交換を活用して元のネットワークにリストアする


こんにちは。Azure サポートチームの三國です。
今回は2018年4月にリリースされた、管理ディスクの交換(スワップ)機能を用いて
仮想マシンを元のネットワークにリストアする方法をご案内します。

本ブログはAzure PowerShell編です。ポータルでの手順は以下の投稿をご参照下さい。
http://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/05/30/restore-vm-by-swap-manageddisk/ ‎

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

注意事項


  • Azure PowerShell のバージョンは 6.1.0 にて検証を行っておりますが、バージョンによってパラメータが異なる可能性や実行頂けない可能性があります。
  • ストレージアカウントにvhdが作成され、管理ディスクが新規で作成されます。
  • リストアする仮想マシンの情報を記載したjsonファイルがPowerShell実行元のローカルにダウンロードされます。
  • バックアップは別途取得頂く必要がございます。
  • 仮想マシンの停止が発生します。
  • 仮想マシンのリストアが行われますので、実行には長時間を要します。
  • サンプルのスクリプトである為、責任は一切負いかねます。十分に検証いただいた上でご利用をお願いいたします。

はじめに


Azure Backupでの仮想マシンの復元には2つの選択肢があります。
- 特定の時点のバックアップ VM である VM を新しく作成する。
- ディスクを復元し、そのプロセスに含まれるテンプレートを使用して、復元された VM をカスタマイズするか、個別にファイルを回復する。

(参考) Azure Portal を使用して仮想マシンを復元する
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-arm-restore-vms
しかし、可能であれば復元前の仮想マシンと同じネットワークにリストアしたいというニーズも強くあるかと存じます。
そこで、以下のような手順で実現する方法をご案内いたします。

1. 仮想マシンのディスクをVHDに復元する
2. VHDを管理ディスク化する
3. 復元後のディスクを復元前のディスクと交換する(仮想マシンの停止が伴います)

これは、2018年4月より管理ディスクでも可能になった機能を用いております。

(参考) Managed Virtual Machines で OS ディスク スワップの一般提供を開始
https://blogs.technet.microsoft.com/jpitpro/2018/05/11/os-disk-swap-managed-disks/

それでは、サンプルスクリプトおよび使用法をご案内します。

サンプルスクリプトの使用法


'変数の指定'における各変数をカスタマイズしてご利用ください。
過去7日間に取得したBackUpのうち最新のものをリストアする動作となります。
リストア先のストレージアカウントにおいて、自動で決められたコンテナ名、vhd名でvhdがリストアされますが、作成される管理ディスク名は指定する必要があります。スクリプトでは接頭辞を付ける動作としております。
(例: 'testdisk'というディスク名なら'res-testdisk'となります)

その他ご不明点等ございましたらコメント欄に記載ください。

サンプルスクリプト


##################################################################################################################
## 変数の指定
##################################################################################################################
# サブスクリプションID
$subscriptionId = 'xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx'

# 仮想マシンのリソースグループ名
$vmResourceGroupName = 'sample-RG'

# 仮想マシン名
$vmName = 'sample-VM'

# BackUpのvault名
$vaultName = 'sample-vault'

# ストレージアカウントのリソースグループ名
$storageAccountResourceGroupName = 'sample-RG'

# ストレージアカウント名
$storageAccountName = 'samplestorage'

# リストア用の管理ディスクの接頭辞
$prefix = 'res-'

##################################################################################################################
## ログイン、サブスクリプションの選択
##################################################################################################################
Login-AzureRmAccount
Select-AzureRmSubscription -SubscriptionId $subscriptionId

##################################################################################################################
## リストア・管理ディスク作成の準備
##################################################################################################################
# 過去7日間に取得したBackUpのうち最新のものをディスクにリストア
Get-AzureRmRecoveryServicesVault -Name $vaultName | Set-AzureRmRecoveryServicesVaultContext
$namedContainer = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupContainer  -ContainerType "AzureVM" -Status "Registered" `
-FriendlyName $vmName
$backupitem = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupItem -Container $namedContainer  -WorkloadType "AzureVM"
$startDate = (Get-Date).AddDays(-7)
$endDate = Get-Date
$rp = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupRecoveryPoint -Item $backupitem -StartDate $startdate.ToUniversalTime() `
-EndDate $enddate.ToUniversalTime()
$restorejob = Restore-AzureRmRecoveryServicesBackupItem -RecoveryPoint $rp[0] -StorageAccountName $storageAccountName `
-StorageAccountResourceGroupName $storageAccountResourceGroupName
Wait-AzureRmRecoveryServicesBackupJob -Job $restorejob -Timeout 43200

# Config JsonのURI取得
$job = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupJobDetails -JobId $restorejob.JobId
$jsonContainer = $job.Properties["Config Blob Container Name"]
$jsonBlob = $job.Properties["Config Blob Name"]

# Config Jsonのダウンロード
$ctx = (Get-AzureRmStorageAccount -ResourceGroupName $storageAccountResourceGroupName -Name $storageAccountName).Context
Get-AzureStorageBlobContent -Blob $jsonBlob `
  -Container $jsonContainer `
  -Destination .\ `
  -Context $ctx 

# Jsonのオブジェクト化
$jsonObj = (Get-Content .\$jsonBlob -Encoding Unicode -Raw).TrimEnd([char]0x00) |ConvertFrom-Json

# VMオブジェクトの取得 
$vmObj = Get-AzureRmVM -ResourceGroupName $vmResourceGroupName -Name $vmName

##################################################################################################################
##OSディスクの作成
##################################################################################################################
# OSディスクの作業用オブジェクトの作成
$osDiskObj = $jsonObj.'properties.storageProfile'.osDisk

# 現在のOSディスク情報の取得
$currentOSdisk = Get-AzureRmDisk -ResourceGroupName $vmResourceGroupName -DiskName $vmObj.StorageProfile.OsDisk.Name

# 管理ディスクの作成(OSディスク)
$newOsDiskName = $prefix + $currentOSdisk.Name
$osDiskConfig = New-AzureRmDiskConfig -Location $vmObj.Location `
-AccountType $currentOSdisk.Sku.Name -CreateOption Import -OsType $vmObj.StorageProfile.OsDisk.OsType -SourceUri $osDiskObj.vhd.uri
$newOSdisk = New-AzureRmDisk -ResourceGroupName $vmResourceGroupName -DiskName $newOsDiskName -Disk $osDiskConfig


##################################################################################################################
##データディスクの作成
##################################################################################################################
# データディスクの作業用オブジェクトの作成
$dataDiskObj = $jsonObj.'properties.storageProfile'.dataDisks
$currentDataDiskObj = $vmObj.StorageProfile.DataDisks

$newDataDiskArray = @()
if ($dataDiskObj){
    $dataDiskObj | foreach{
        $lunNum = $_.Lun
# 現在のデータディスク情報の取得
        $currentDataDiskName = ($currentDataDiskObj | Where-Object {$_.Lun -eq $lunNum}).Name
        $currentDataDisk = Get-AzureRmDisk -ResourceGroupName $vmResourceGroupName -DiskName $currentDataDiskName

# 管理ディスクの作成(データディスク)
        $newDataDiskName = $prefix + $currentDatadiskName
        $dataDiskConfig = New-AzureRmDiskConfig -Location $vmObj.Location `
        -AccountType $currentDatadisk.Sku.Name -CreateOption Import -SourceUri $_.vhd.uri
        $newDataDisk = New-AzureRmDisk -ResourceGroupName $vmResourceGroupName -DiskName $newDataDiskName -Disk $dataDiskConfig
        $newDataDiskArray = $newDataDiskArray + $newDataDisk
        }
    }

##################################################################################################################
##仮想マシンの停止
##################################################################################################################
# 仮想マシンを停止する
Stop-AzureRmVM -ResourceGroupName $vmResourceGroupName -Name $vmName -Force

##################################################################################################################
##OSディスクの差し替え
##################################################################################################################
# 最新状態のVMオブジェクトの取得 
$vmObj = Get-AzureRmVM -ResourceGroupName $vmResourceGroupName -Name $vmName

# OSディスクの差し替え  
Set-AzureRmVMOSDisk -VM $vmObj -ManagedDiskId $newOSdisk.Id -Name $newOSdisk.Name

# 仮想マシン情報の更新をする
Update-AzureRmVM -ResourceGroupName $vmResourceGroupName -VM $vmObj 

##################################################################################################################
##データディスクの差し替え
##################################################################################################################
if ($dataDiskObj){
    $dataDiskObj | foreach{
        $lunNum = $_.Lun
# デタッチするデータディスク情報の取得
        $currentDataDiskName = ($currentDataDiskObj | Where-Object {$_.Lun -eq $lunNum}).Name

# アタッチするデータディスクオブジェクトの取得
        $sourceVhd = $_.vhd.uri
        $newDataDiskObj = $newDataDiskArray | Where-Object {$_.CreationData.SourceUri -eq $sourceVhd}

# 既存のデータディスクのデタッチ
        Remove-AzureRmVMDataDisk -VM $vmObj -DataDiskNames $currentDataDiskName

# 仮想マシン情報の更新をする
        Update-AzureRmVM -ResourceGroupName $vmResourceGroupName -VM $vmObj

# 新規のデータディスクのアタッチ
        Add-AzureRmVMDataDisk -VM $vmObj -CreateOption Attach -Lun $_.lun -ManagedDiskId $newDataDiskObj.Id

# 仮想マシン情報の更新をする
        Update-AzureRmVM -ResourceGroupName $vmResourceGroupName -VM $vmObj
        }
    }

##################################################################################################################
##仮想マシンの起動
##################################################################################################################
# 仮想マシンを起動する
Start-AzureRmVM -Name $vmName -ResourceGroupName $vmResourceGroupName

Comments (0)

Skip to main content