Azureディスクストレージの種類(2018年6月現在)

こんにちは。Azureサポートチームの三國です。 今回は2018年6月時点での、仮想マシンに用いることができるディスクの種類について解説を致します。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 目次 1. はじめに – ディスクストレージの種類 2. ディスクストレージを選ぶ時のポイント 3. Azureにおけるディスクと仮想マシンとのアクセス方法 4. 管理ディスクと非管理対象ディスクの違い 5. 管理ディスクのPremium SSD, Standard SSD, Standard HDDの違い 6. 非管理対象ディスクのGPv2とGPv1の違い 7. 非管理対象ディスクのPremium SSDとStandard HDDの違い 8. まとめ 1. はじめに – ディスクストレージの種類 2018年6月時点において、Azure仮想マシンが使用できるディスクの種類は以下のようになっております。 今回のご案内内容は赤枠となります。 2017年頃より管理ディスクが利用できるようになったのを皮切りに、Azureでは様々な選択肢でディスクを選べるようになりました。このブログでは、出来るだけわかりやすく、それぞれの違いについてご案内できるようにいたします。 なお、Standard SSDについては2018年6月時点では地域を限定したプレビューの状態です(参考URL: 1-1)。 また、先に推奨を書かせて頂きますと、迷ったら管理ディスクを使われることが機能面でおすすめです。その後コストや用途でPremiumかStandardを選択頂くのがよろしいかと存じます。コストを最重視される場合は非管理対象ディスクのStandard HDDをご検討ください。 -参考URL: 1-1 (Preview) Standard SSD Disks for Azure Virtual machine workloads https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/preview-standard-ssd-disks-for-azure-virtual-machine-workloads/ 2. ディスクストレージを選ぶ時のポイント…

0

(PowerShell編)Azure仮想マシン(管理ディスク)の交換を活用して元のネットワークにリストアする

こんにちは。Azure サポートチームの三國です。 今回は2018年4月にリリースされた、管理ディスクの交換(スワップ)機能を用いて 仮想マシンを元のネットワークにリストアする方法をご案内します。 本ブログはAzure PowerShell編です。ポータルでの手順は以下の投稿をご参照下さい。 http://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/05/30/restore-vm-by-swap-manageddisk/ ‎ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 注意事項 Azure PowerShell のバージョンは 6.1.0 にて検証を行っておりますが、バージョンによってパラメータが異なる可能性や実行頂けない可能性があります。 ストレージアカウントにvhdが作成され、管理ディスクが新規で作成されます。 リストアする仮想マシンの情報を記載したjsonファイルがPowerShell実行元のローカルにダウンロードされます。 バックアップは別途取得頂く必要がございます。 仮想マシンの停止が発生します。 仮想マシンのリストアが行われますので、実行には長時間を要します。 サンプルのスクリプトである為、責任は一切負いかねます。十分に検証いただいた上でご利用をお願いいたします。 はじめに Azure Backupでの仮想マシンの復元には2つの選択肢があります。 – 特定の時点のバックアップ VM である VM を新しく作成する。 – ディスクを復元し、そのプロセスに含まれるテンプレートを使用して、復元された VM をカスタマイズするか、個別にファイルを回復する。 (参考) Azure Portal を使用して仮想マシンを復元する https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-arm-restore-vms しかし、可能であれば復元前の仮想マシンと同じネットワークにリストアしたいというニーズも強くあるかと存じます。 そこで、以下のような手順で実現する方法をご案内いたします。 1. 仮想マシンのディスクをVHDに復元する 2. VHDを管理ディスク化する 3. 復元後のディスクを復元前のディスクと交換する(仮想マシンの停止が伴います) これは、2018年4月より管理ディスクでも可能になった機能を用いております。 (参考) Managed Virtual Machines で OS ディスク…

0

ポイント対サイト VPN の TLS に関するアナウンス

現在、Azure の仮想ネットワーク環境において、ポイント対サイト VPN 接続をご利用いただいているお客様向けに「対応が必要: Windows 7 および Windows 8 のポイント対サイト VPN クライアントを 2018年7月1日 までに更新してください」(Update Windows 7 and Windows 8 point-to-site VPN clients for PCI compliance)というタイトルのメールがお手元に届いているかと思います。こちらのメールの内容について、本ブログにて少し補足させていただきます。 なお、今回の変更は、あくまでポイント対サイト VPN 接続で利用される SSTP に影響を与えるものであり、サイト対サイト VPN 接続や Mac OS や Linux のポイント対サイト接続 VPNで使用されている IKE プロトコルには影響がございません。 TLS 1.0 および 1.1 のサポート終了 ポイント対サイト VPN 接続で利用されている SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)では、その暗号化通信の機能として TLS を利用しています。 これまで、Microsoft…

0