Nested Hyper-V の VM からの外部への通信について

こんにちは、Azure サポート部の石井です。   前回、Nested Hyper-V を使って、Azure 環境で VM の中で VM を動作させるという内容をご紹介しました。   Nested Hyper-V を使った VM の復旧 https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/10/13/recover_vm_using_nested_hyperv/   前回の記事では、「RDP できない VM の復旧」ということが主目的として、あくまで「コンソール接続をして、適宜復旧作業をする」ことを想定し、Nested Hyper-V を構築しました。 今回は、何かの理由でこの Nested Hyper-V 上の VM から、外部に通信をする必要がある場合の設定や、制限についてご紹介します。   – 前置き Azure では、Azure IaaS の VM に対して、Azure 基盤側の仮想ネットワークから内部 IP アドレスを配っています。 静的な内部 IP アドレスであったとしても、DHCP サーバー経由で割り当てられるという意味になります。 VM on VM (Nested VM と呼びます) の場合、つまり Azure…

0

診断用ストレージ アカウントが削除された仮想マシンを起動できない原因と対処策について

こんにちは。Azure サポートチームの佐藤です。 仮想マシンのブート診断 (起動の診断) を有効化した際、収集されるログは任意のストレージ アカウントに保存されますが、 この診断ログを保存するためのストレージ アカウントを削除してしまうと、仮想マシンが起動できなくなる場合があります。 エラーメッセージ例: 仮想マシン ’<仮想マシン名>’ を起動できませんでした。エラー: ブート診断のために VM ’<仮想マシン名>’ と関連づけられている StrorageAccount ’<ストレージ アカウント名>’ でエラーが発生しました。エラーの詳細については、エラー コードを参照してください。 そこで今回は、診断用のストレージ アカウントを削除した場合に仮想マシンが起動できなくなる事象の原因と対処策についてご紹介します。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 仮想マシンのブート診断 (起動の診断) とは Azure 仮想マシンでは、ブート診断 (起動の診断) という機能を有効化することで、仮想マシン起動時のスクリーンショットを取得し、「仮想マシンが OS レベルで正常に起動しているか否か」を確認することができます。 ブート診断にて取得されたスクリーンショットは、機能を有効化する際に指定可能な任意のストレージ アカウントに保持されます。 また、ブート診断は仮想マシンの新規作成時に機能の有効・無効を切り替えることができますが、既定では「有効」の状態で仮想マシンが作成されます。 このとき、スクリーンショットを保存するためのストレージ アカウントも新規に作成され、既定の状態では “<Resource Group Name>diag***” のように命名されます。 (以下の例では “testgroup01diag345”) 新規に作成されるストレージ アカウント名を変更することや、保存先として既存のストレージ アカウントを指定することも可能です。 診断用ストレージ アカウントが削除された仮想マシンが起動できなくなる原因 ブート診断が有効化されている仮想マシンでは、仮想マシンの起動時に取得したスクリーンショットを指定されたストレージ アカウントに保存します。 保存先として指定しているストレージ アカウントを削除してしまうと、起動時に取得したスクリーンショットの保存先 (ストレージ アカウント)…

0

仮想マシン メトリック (“ホスト” と “Guest”) の違いについて (Windows 編)

こんにちは。Azure サポートチームの佐藤です。 Azure ポータルでは、仮想マシンの概要画面より [メトリック] という機能を選択することで、仮想マシンの監視メトリックを確認することができます。 この仮想マシンの監視メトリックには、メトリック名の頭に [ホスト] ・ [Guest] と記載された 2 つの種類があります。 本記事では、この 2 種類のメトリックの詳細についてご案内します。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 [ホスト] メトリックについて 項目の頭に [ホスト] と記載されたメトリックは、仮想マシンが展開されている物理ホスト サーバー側から取得している値を示します。 こちらは、特段、お客様側での設定を行うことなく Azure ポータルよりご確認いただくことができます。 仮想マシンが展開されているホスト サーバー側から取得している監視メトリックの詳細については、以下の公開情報に記載されておりますので必要に応じてご参照ください。 [参考] Azure Monitor のサポートされるメトリック – Microsoft.Compute/virtualMachines ※一部、記載のない項目もありますが、公開情報は順次アップデートされる予定です。 [Guest] メトリックについて 項目の頭に [Guest] と記載されたメトリックは、仮想マシン内部のパフォーマンス カウンターから取得している値を示します。 こちらは、Azure ポータルなどから、仮想マシンの診断設定を有効化 (ゲスト レベルの監視を有効化) することで値の取得を行えます。 それぞれの監視メトリックは、仮想マシン内部のパフォーマンス カウンターの値と紐づいており、Azure ポータルでも、パフォーマンス カウンター上で確認できる値の名前が表示されます。   各メトリックと紐づくパフォーマンス カウンターの値の詳細は、本ブログの投稿「仮想マシンの監視メトリックの詳細について」内で確認手順をご案内しております。 監視メトリックが何を指しているのか不明な場合には、”パフォーマンス カウンターの値の詳細について”…

0

ロードバランサーの診断ログが出力されない場合のチェックポイントについて

こんにちは。Azure サポートの宇田です。今回はロードバランサー (Basic) の診断ログが出力されない場合のチェックポイントについてご紹介します。 Azure におけるロードバランサーの挙動については、以下の投稿もあわせてご確認ください。 ロードバランサー経由での通信ができない場合のチェックポイント https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/11/23/loadbalancer-troubleshooting/ Azure のロードバランサーは pre-warming も監視も不要です https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/02/07/azure-lb-pre-warming-and-monitoring/ ロードバランサー経由での通信が偏る場合のチェックポイント https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/10/26/loadbalancer-troubleshooting2/