Azure Recovery Services コンテナーのバックアップ ポリシー制限について

こんにちわ。Azure Backup Recovery Services の但木です。   表題の通り、Recovery Services コンテナーのバックアップ ポリシーについては制限がございます。   ■制限事項 ・1 つの Azure Recovery Services コンテナーに対し、200 までのポリシーを作成できる ・1 つの Azure Recovery Services コンテナーに対し、24 時間の間に 50 までポリシーを作成できる     これら制限を超え、バックアップ ポリシーを作成した場合以下のようなエラーが出力されます。 また、Azure ポータル上、Azure PowerShell 上においてもこの制限に準じます。                       ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


詳説 Azure ExpressRoute – Part2: ExpressRoute のルーティング制御について

こんにちは。Azure サポートの宇田です。 詳説 Azure ExpressRoute Part 2 では、ルーティング制御について詳しく取り上げます。 Part1: ExpressRoute を導入する前に Part2: ExpressRoute のルーティング制御について Part3: ExpressRoute の導入手順について Part4: ExpressRoute の冗長構成について Part5: ExpressRoute のトラブルシューティング方法


詳説 Azure ExpressRoute – Part1: ExpressRoute を導入する前に

こんにちは。Azure サポートの宇田です。 今回から複数回にわたって、ExpressRoute について詳しく解説したいと思います。 Part1: ExpressRoute を導入する前に Part2: ExpressRoute のルーティング制御について Part3: ExpressRoute の導入手順について Part4: ExpressRoute の冗長構成について Part5: ExpressRoute のトラブルシューティング方法


Azure Backup のバックアップ成功と失敗のメール通知について

[2018/12/11 更新] バックアップ アラートでメール通知可能なアラート レベルの記述を修正   こんにちは、Azure サポート チームの松岡です。 本日は、弊社に比較的多くいただくご質問から Azure IaaS VM バックアップのジョブ監視をしたいというご質問について、本ブログでその方法をご案内します。   概要 Azure IaaS VM では、バックアップが失敗したときに「重大」レベルのアラートを検知しメール通知をする設定「バックアップ アラート – 通知の構成」があります。 下記「通知の構成」設定項目では、重要度「情報」と「警告」のアラートについてもチェックできるようになっておりますが、現時点で検知できるのは「重大」のアラートのみとなっており、メール通知設定できるのはバックアップの失敗のみとなっています。 [2018/12/11 更新] Azure IaaS VM では、バックアップ ジョブの実行結果に応じて、アラートを検知し、メール通知を行う機能「バックアップ アラート – 通知の構成」があります。 ただし、下記「通知の構成」設定項目では、重要度「情報」のアラートについてもチェックできるようになっておりますが、現時点で検知できるのは「重大」または「警告」レベルのアラートのみであり、メール通知設定できるのはバックアップの失敗 (重大レベル) または 警告を伴ったバックアップの成功 (警告レベル) となります。 バックアップの開始や成功についての監視を行うことができません。 ※ 下記項目は Recovery Services コンテナーから [アラートとイベント] – [バックアップ アラート] と進んでいただくことで確認できます。 バックアップの開始や成功についても監視を行いたい方はアクティビティ ログから設定をおこなっていただければと存じます。 以下、設定手順をご案内しますのでご参考くださいませ。   設定方法…