Azure CLI を用いて Recovery Services コンテナーのバックアップ ポリシーを更新する方法


こんにちは、Azure サポート チームの伊東です。

2017 年 10 月に Azure CLI を用いて Azure Backup を管理、運用する機能がプレビュー版で公開されました。Azure CLI を用いた Azure Backup の機能については下記弊社公開情報をご覧ください。Azure CLI を用いた Azure 仮想マシンのバックアップ方法や Azure Backup に関する Azure CLI のコマンドをご確認いただけます。

・Manage your Azure VM backups with Azure CLI 2.0 - Preview

https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/manage-your-azure-vm-backups-with-azure-cli-2-0-preview/

・CLI を使用した Azure での仮想マシンのバックアップ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/quick-backup-vm-cli

・az backup (Azure Backup に関する Azure CLI のコマンド一覧がご確認いただけます。)

https://docs.microsoft.com/en-us/cli/azure/backup?view=azure-cli-latest

 

本日は Azure CLI を用いて Recovery Services コンテナーでのバックアップ ポリシーを変更する方法をご案内いたします。

本ブログは Azure CLI 2.0 がインストールされた前提で作成しております。まだインストールされていない方は、下記リンクからインストールの方法をご覧ください。

・Azure CLI 2.0 のインスト―ル

https://docs.microsoft.com/ja-jp/cli/azure/install-azure-cli?view=azure-cli-latest

 

残念ながら、現時点 (2017 年 11 月 6 日) では Azure CLI のコマンドのみでバックアップ ポリシーを新規作成することは出来ません。既存のポリシーに対してパラメータの変更を行うことは可能ですので、その手順について下記でご案内いたします。基本的な操作手順は以下の通りです。

  1. 既に作成されているポリシーを Azure CLI で読み込み、JSON ファイルとして読み込む
  2. 作成した JSON ファイルをテキスト エディタなどで編集して詳細なパラメータを設定する
  3. Azure CLI でバックアップ ポリシーをアップデートする

1.既に作成されているポリシーを Azure CLI で読み込み、JSON ファイルとして読み込む

下記コマンドを実行すると、下記出力結果で示されるような既存バックアップ ポリシーの詳細な情報が JSON 形式で出力されます。

az backup policy show --output json --resource-group <リソース グループ名> --vault-name <コンテナー名> --name <バックアップ ポリシー名>

以下、出力結果。

PS C:\WINDOWS\system32> az backup policy show --output json --resource-group yuiRG --vault-name RecoveryServicesVault --name CLItest
{
  "eTag": null,
  "id": "/Subscriptions/5a36****-****-****-****-********* 063/resourceGroups/yuiRG/providers/Microsoft.RecoveryServices/vaults/RecoveryServicesVault/backupPolicies/CLItest",
  "location": null,
  "name": "CLItest",
  "properties": {
    "backupManagementType": "AzureIaasVM",
    "protectedItemsCount": 0,
    "retentionPolicy": {
      "dailySchedule": {
        "retentionDuration": {
          "count": 150,
          "durationType": "Days"
        },
        "retentionTimes": [
          "2017-10-20T10:00:00+00:00"
        ]
      },
      "monthlySchedule": {
        "retentionDuration": {
          "count": 80,
          "durationType": "Months"
        },
        "retentionScheduleDaily": null,
        "retentionScheduleFormatType": "Weekly",
        "retentionScheduleWeekly": {
          "daysOfTheWeek": [
            "Sunday"
          ],
          "weeksOfTheMonth": [
            "First"
          ]
        },
        "retentionTimes": [
          "2017-10-20T10:00:00+00:00"
        ]
      },
      "retentionPolicyType": "LongTermRetentionPolicy",
      "weeklySchedule": {
        "daysOfTheWeek": [
          "Sunday"
        ],
        "retentionDuration": {
          "count": 104,
          "durationType": "Weeks"
        },
        "retentionTimes": [
          "2017-10-20T10:00:00+00:00"
        ]
      },
      "yearlySchedule": {
        "monthsOfYear": [
          "January"
        ],
        "retentionDuration": {
          "count": 10,
          "durationType": "Years"
        },
        "retentionScheduleDaily": null,
        "retentionScheduleFormatType": "Weekly",
        "retentionScheduleWeekly": {
          "daysOfTheWeek": [
            "Sunday"
          ],
          "weeksOfTheMonth": [
            "First"
          ]
        },
        "retentionTimes": [
          "2017-10-20T10:00:00+00:00"
        ]
      }
    },
    "schedulePolicy": {
      "schedulePolicyType": "SimpleSchedulePolicy",
      "scheduleRunDays": null,
      "scheduleRunFrequency": "Daily",
      "scheduleRunTimes": [
        "2017-10-20T10:00:00+00:00"
      ],
      "scheduleWeeklyFrequency": 0
    },
    "timeZone": "Tokyo Standard Time"
  },
  "resourceGroup": "yuiRG",
  "tags": null,
  "type": "Microsoft.RecoveryServices/vaults/backupPolicies"
}

2.作成した JSON ファイルをテキスト エディタなどで編集して詳細なパラメータを設定する

手順 1 で出力された結果をコピーして JSON ファイルとして保存します。バックアップの頻度やリテンション期間など、変更したいパラメータをテキスト エディタなどを用いて設定します。

3.Azure CLI でバックアップ ポリシーをアップデートする

下記コマンドで JSON ファイルを指定し、ポリシーをアップデートします。コマンド内の JSON ファイルへのパスは引用符 (“ ”) を用いるようご注意ください。

az backup policy set --policy <"作成した JSON ファイルへのパス"> --resource-group <リソース グループ名> --vault-name <コンテナー名>

 

以上、Azure CLI を用いて Recovery Services コンテナーのバックアップ ポリシーを変更する方法をご案内いたしました。

※ 本情報の内容 (添付書類、リンク先などを含む) は、作成日時点のものであり、予告なく変更される場合があります。


Comments (0)

Skip to main content