管理ディスクを用いたLinuxのOSディスクを他の仮想マシンのデータディスクとして接続する方法


こんにちは、Azureサポートチームの三國です。
今回は管理ディスクを用いたLinuxのOSディスクを他の仮想マシンのデータディスクとして接続する方法についてご案内致します。
非管理対象ディスクの手順についてはLinux OS が起動しない時のトラブル シューティングについて (ARM編)にて記載がありますのでそちらをご参照下さい。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

はじめに


利用シーン・概要・注意事項・補足・FAQについては Linux OS が起動しない時のトラブル シューティングについて (ARM編) をご参照ください。

 

手順


それでは手順をご案内します。

1. 仮想マシンの情報を確認します(サイズ、仮想ネットワーク/サブネット)
仮想マシン再作成時に必要な情報となります。

2. ディスクの情報を確認します(名前、リソースID)
他仮想マシンへのディスクアタッチ時、仮想マシン再作成時に必要となります。

3. 仮想マシンを削除します。

4. データディスクとして他のVMにアタッチします。
アタッチできる仮想マシンは、同じリージョンでご利用いただいている Linux の仮想マシンです。ない場合はお手数ですが、作成ください。
(注意: 異なるイメージから作成したVMへアタッチすることを推奨します。同じイメージの場合
データ ディスクのマウント時に UUID が重複しているためのエラーが発生する場合がございます。)

5. データディスクをマウントして復旧作業を行います
5-1. 手順4にてディスクをアタッチした仮想マシンに SSH 接続します
5-2. 以下のコマンドを実行し、追加されたディスクの識別子を確認します(データ ディスクを Linux 仮想マシンに接続する方法にも記載がございます)
例) $ sudo grep SCSI /var/log/messages
5-3. 追加したディスクをマウントするディレクトリを作成します
例) $ sudo mkdir /datadrive
5-4. 追加したディスクをマウントします
例)$ sudo mount /dev/sdc1 /datadrive
5-5. マウントポイント配下 (上記の例では/datadrive) にあるファイルを修正してトラブルシュートします
5-6. 復旧作業が完了したらディスクをアンマウントします
例)$ sudo umount /datadrive
6. 仮想マシンからディスクを切り離します
7. ディスクから仮想マシンを再作成します。
管理ディスクの場合はポータルから再作成ができますが、NICを引き継ぎたいなどなどのカスタマイズをしたい場合はPowerShellにて再作成をお願いします。PowerShellでの再作成手順は 既存の VHD を管理ディスク (Managed Disk) に変換し、VM をデプロイする をご参照ください。
以上となります。
ご参考となりましたら幸いです。

 


Comments (0)

Skip to main content