[告知] 2017 年に予定されていた IaaS 仮想マシンの計画メンテナンスの実施時期は再調整となりました ※ 2017/11/16 更新


Azure ご利用のお客様

 

弊社都合により、2017 年中に予定されていた IaaS 仮想マシンの計画メンテナンスは実施時期は再調整となりました。

 

Blog 投稿の 2017 年 11 月 16 日時点では、2017 年中のセルフ サービスによるメンテナンス実施・強制再起動ともに予定されていません。

再起動に向けてご準備・ご調整をいただいていたお客様には多大なるご迷惑をおかけいたしました事、深くお詫びを申し上げます。

 

時期が確定しましたら、Azure Monitor を設定していただいているお客様に向けて通知が行われます。

Azure Monitor の設定について、ご協力ください。

 

Azure Monitor を使ってメンテナンス通知を受け取る
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/09/15/maintenance_notification/

 

また、過去のメンテナンス記事については、こちらにアーカイブしております。ただし、当記事の情報から変更がある可能性がありますので、ご注意ください。メンテナンスの実装については、改めて弊社内で情報が得られ次第、本 Azure サポート チーム Blog にて公開いたします。

 

Azure チーム


Comments (38)

  1. 櫻田弘昭 より:

    Azure上でサービスを稼働させているのですが、メンテナンス期間(セルフサービス期間を含む)が決まり次第、日本以外でのBlogでも告知は行われるのでしょうか?もしすでに日本以外で10月のメンテナンス予定告知がなされているのであれば、海外部隊との共有のため該当のURLをお教え願えれば助かります。

    1. Teppei Ishii より:

      櫻田様

      ご質問ありがとうございます。
      今回のメンテナンスは、リージョン ペアにて均一となる (つまり特定の海外リージョンが遅れるといったことは無い) という前提で計画が進んでおります。

      つまり、日本での第一リージョン (※東西日本のいずれかは未定) で予定がされるのと同じタイミングで、海外の第一リージョンも同じ日程でメンテナンスが進みます。
      万全を期すのであれば、Azure Monitor を使ってメンテナンス開始通知を受けられるよう、メンバーの皆様に御連携をいただけますでしょうか。

      なお海外の皆様が英語圏の場合ですが、今回のメンテナンスに関しての英語の公開情報は以下がございます。

      A new Planned Maintenance experience for your virtual machines
      https://azure.microsoft.com/en-us/blog/a-new-planned-maintenance-experience-for-your-virtual-machines/
      -> 上記 URL の末尾の関連 URL も併せてご参照ください。

      Azure Monitor の設定手順などは以下をご参考ください

      Handling planned maintenance notifications for Windows virtual machines
      https://docs.microsoft.com/en-us/azure/virtual-machines/windows/maintenance-notifications

      1. 櫻田弘昭 より:

        ご連絡いただきありがとうございました。
        いただいた情報に関しては共有させていただきます。

  2. M.T より:

    >セルフサービス期間の開始日程は未定です。
    >10/20 までに続報を更新させていただきます。
    セルフサービス期間の開始日が10/20に発表されて、
    10月中に再起動しなければならない、という状況にはならないと思っていて良いでしょうか。
    (1週間弱ではお客様との調整に時間が足りません。)

    1. Teppei Ishii より:

      M.T 様

      お世話になっております。マイクロソフトの石井です。

      はい、現在当社内で得られている情報からは、あくまでセルフサービス期間の開始が 10 月中どこかでになるということであり、
      強制再起動が行われる「予定メンテナンス期間」が 10 月中に断行されるということではございません。

      多くのユーザー様のお声を代弁いただき、ありがとうございます。
      引き続き当サポートから、極力迅速を心がけ、情報公開を行わせていただきます。

      よろしくお願いいたします。

      1. M.T より:

        わかりました。ありがとうございます。

  3. T.M より:

    10月末に本件とは別作業にて環境内の全サーバー再起動を検討しております。
    セルフサービス期間において「メンテナンスを開始する」を選択せず、VMの通常再起動を実施してもメンテナンスは完了されるのでしょうか?
    また再起動の所要時間につきましては、通常の再起動以上にかかる想定でしょうか?

    1. Teppei Ishii より:

      T.M. 様

      お世話になっております。マイクロソフトの石井でございます。

      > 手動での「再起動」でのメンテナンス可否

      恐縮ながら、VM の [再起動]、ならびに「停止(割り当て解除)」からの「開始」 処理では、セルフサービスのメンテナンスをしたことと見なされません。OS に RDP 接続、あるいは SSH しての内部からの再起動も同様に、メンテナンスをしたことになりません。
      かならず、[再デプロイ] メニューからメンテナンスを手動で実施して下さい。

      > 所用時間について
      一般的な VM の再起動と、「再デプロイ」メニューからのセルフサービスでのメンテナンス実施ですが、通常再起動に加えて 5 分程度をお見積もりいただく程度で十分かと存じます。

      よろしくお願いいたします。

  4. たたかう管理者 より:

    本日今現在(2017/10/20 10:53)、未だ通知はありませんが、[再デプロイ]を実施した場合には[メンテナンス完了]とみなされるのでしょうか?来週末にWindows Updateを兼ねて実施しようとしていますが判断に迷っています。

    1. Teppei Ishii より:

      たたかう管理者様

      お世話になっております。マイクロソフトの石井です。
      現時点では、メンテナンス期間ではありませんので、[再デプロイ] を実施してもメンテナンスは完了されません。
      ([再デプロイ] にてメンテナンスがされるのはセルフサービス期間に入った後です。)

      Winodws Update を兼ねた再起動を行っていただくということで、せっかくの再起動のタイミングに合わない可能性が高く、ご不便をおかけする事をお詫び申し上げます。

      1. たたかう管理者 より:

        [セルフサービス期間]は10月中には始まらない可能性があると解釈してよろしいでしょうか?
        そうであれば[遅くともここまでには始まる]という計画はあるのでしょうか?
        10月中に始まるとの事で今回の計画を立てていますので、困惑しています。

        1. Teppei Ishii より:

          たたかう管理者様

          申し訳ございませんが、10月中に始まらない可能性が高い状況です。
          遅くともここまでには始まるという計画も、現段階では保証ができません。引き続き、本ポストにてご連絡をさせていただきます。

          なお、公式には、Azure Monitor を登録いただいているお客様に対して、メール通知が行われるものが正となります。
          Azure Monitor の通知がされる日時がメンテナンス期間のスタートで、それ以前にメンテナンス期間を知るという術はございません。

          今回の Blog の主旨としては、メンテナンスのセルフサービスの仕組み含めた実装の変更をお知らせするものとなります。

          補足情報として、未確定ながら、メンテナンス時期の情報を更新をさせていただいている背景として、Azure Monitor 自体が新機能であることから、Azure Monitor を未設定のお客様が多いためでございます。

          Azure Monitor の通知設定をしていなかったため、メンテナンス開始を知らなかった、というお客様を一人でも多くフォローできるよう、当サポート部からもデータセンターとの連携と情報収集をし続け、対応をさせていただいております。
          他方、事前に未確定な時期をお伝えすることで、ご迷惑をおかけしてしまったことも多々ある点、あらためてお詫び申し上げます。
          今一度、本投稿における 10/19 の更新内容をお読みいただき、現在お客様にお取りいただきたいアクションについてご確認いただきますようお願いします。

  5. F より:

    West Central USのVMにて、10/27~11/11 セルフメンテナンス、11/11~11/14 予定メンテナンスと表示されました。
    東日本や西日本リージョンのVMには表示がありませんが、今回はWCUS以外のリージョンはメンテナンス対象外でしょうか?

    1. Teppei Ishii より:

      F様

      お世話になっております。マイクロソフトの石井です。
      米国中西部リージョンのみ、先行してメンテナンスを行っていますので、10/27~11/11 などの期間は日本リージョンには該当しません。

      東日本・西日本リージョンのメンテナンスは 11 月中旬 (11/13 ~ の週のどこか) に「セルフサービス期間」 に突入する予定です。
      本 Blog も後ほど更新させていただきます。

      1. F より:

        ご回答ありがとうございました。詳細情報をいただけて大変助かりました。

  6. M.N より:

    日本のリージョンでのセルフサービス期間も2週間程度になるのでしょうか?

    1. Teppei Ishii より:

      M.N.様

      お世話になっております。マイクロソフトの石井です。
      未定ではございますが、2 週間よりは長くなるよう用意されます。
      恐縮ながら、どの程度の日数となるかは調整中となるため、Azure Monitor の通知をお待ちください。

      1. M.N より:

        Teppei Ishii様

        ご回答ありがとうございました。

  7. R より:

    割り当て解除され停止している仮想マシンもメンテナンスさせる必要がありますでしょうか。

    1. Teppei Ishii より:

      R 様

      お世話になっております。マイクロソフトの石井です。
      いいえ、割り当て解除されて停止している仮想マシンはメンテナンスする必要はありません。

      メンテナンスは、仮想マシン自体にではなく仮想マシンが動作している Azure 基盤側のホストOSと物理マシンに対して行うものです。
      そして、その物理マシンを更新させるための変更・再起動の間、お客様の VM を止めなければいけない、というのがメンテナンスが必要な経緯です。
      このため、仮想マシンが停止状態の場合、仮想マシンはどの物理マシン上にも存在しませんので、メンテナンスは不要ということになります。

  8. M.Y より:

    メンテナンス対象となった仮想マシンの再起動にはどれくらいの
    時間がかかるのでしょうか?
    (通常の再起動と同じなのか、メンテナンスのため通常より時間がかかるのか?)
    ※セルフとAzureで行われるのと違う場合はその旨もご教授頂きたいです。

    1. Teppei Ishii より:

      M.Y 様

      セルフサービスのメンテナンスは、通常の「停止」後の「開始」とさほど時間は変わりません。5 分程度を見込んでいただけましたらと存じます。また、OS のシャットダウン処理は最長 10 分待ちますので、最長で15分とお見積もりください。
      予定メンテナンス期間にて、弊社から強制再起動を行う場合、30分程度の見込みです。

  9. K.T. より:

    予告いただいていた、セルフメンテナンス実施の週がやってきました。
    11月13日現在セルフメンテナンス期間の告知を受け取れておらず、ポータル上での再デプロイ操作も行えないように思えます。
    今一度実施期間についての最新情報をコメント欄にてご共有いただけますと幸いです。

    1. Teppei Ishii より:

      K.T. 様

      お世話になっております。マイクロソフトの石井です。

      記載のとおり11/13 の週中、という予定については変更がありませんが、まだ日程の最終調整段階との情報が得られております。
      情報があり次第、本 Blog も更新させていただきます。

      直前にご不安なお気持ちとさせてしまい恐縮ではございますが、Azure Monitor の通知もセットいただき、今しばらくお待ちください。

  10. murakami より:

    Azure Monitor以外で、このメンテナンスの通知は届いていますでしょうか?

    1. Teppei Ishii より:

      murakami様

      お世話になっております。マイクロソフトの石井でございます。
      本メンテナンス通知は届いておりません。
      また、本日更新させていただきましたとおり、メンテナンスは 2017/11/16 時点で日程を再調整となりました。
      混乱を招いてしまったことをお詫び申し上げます。

      1. murakami より:

        再起動を伴うメンテナンスの際は、少なくとも1週間前までにはサービス管理者等にメールが通知されることになっていた記憶です。
        今回延期となったメンテナンスにつきまして実施されることが確定された際は、Azure Monitorとメンテナンスのメール通知について、双方のご連絡が入るよう、お願いいたします。
        加えまして、この延期がどのリージョンが対象となっているのか、ご教示ください。

        1. Teppei Ishii より:

          murakami様

          お世話になっております。マイクロソフトの石井でございます。
          ご指摘の内容について回答させていただきます。

          少なくとも (強制再起動の) 1 週間前までにはメールされる、という 2016 年のメンテナンスまでの仕組みは、
          Azure Monitor に統合され、「セルフサービス期間」という形に変わって強制再起動の数週間前に通知がされるというものとなりました。

          今回の延期は、既に先行してメンテナンスが行われ、完了した米国中西部・米国北西部をのぞくすべてのリージョンが対象です。

          1. murakami より:

            早急なご連絡をいただき、ありがとうございました。
            メンテナンスの通知がなくなった件、確認させていただきました。

            AzureMonitor の設定については2016年までの通知に変わる機能ということを
            知りうる機会がなかったように思われます。
            以降、サブスクリプション毎の設定必須項目として、対応を検討させていただきます。
            「メンテナンス通知がAzureMonitorに置きかわりました」という公式のアナウンスがございましたら、
            情報をご提供ください。

          2. Teppei Ishii より:

            murakami様

            ご確認ありがとうございます。

            更新前の記載からの引用で恐縮ですが、以下の通り記載させていただいておりました。

            // 前回のメンテンナンスでは、下図のように、メンテナンス メール通知が再起動日程の数日前に行われました。対象は [サービス管理者] [共同管理者] であり、その他管理者や共同の作業者への通知は登録ができませんでした。また、メンテナンス期間に突入すると、あとは再起動を待つしかありませんでした

            // 2017 年のメンテナンスでは、大きくわけて「メンテナンス通知が Azure Monitor に統合され、好きなメール アドレスで受け取れる」「お客様自身で、好きなタイミングに VM をメンテナンス再起動させ、先行してメンテナンス完了させる機能」の 2 つが強化されたポイントです。

            本来、メンテナンスの通知を、「Blog を(毎日)見る」「サポート リクエストを発行する」といったお客様の手を煩わせる方法かと存じます。
            また、一部のそういった手間をかけたお客様のみ、先行して情報が知れるという状況は先進的とは言えません。
            このため、弊社としては Azure Monitor によるものが、公式な通知であるとさせていただいております。

            かたや、当初、9 月の公開情報の中で、メンテナンス時期が 10 月と告知されたこと、ならびに、通知が受け取れる Azure Monitor は新しい機能であったことから、
            多くのお客様において未設定だったためメンテナンスがあることが知れなかったという事が懸念されました。
            今回の (延期された) メンテナンスは、Azure Monitor にお客様が慣れるまでの移行期間と捉え、本記事の投稿にて時期も含めて通知しておりました。
            度重なる延期にてそれが裏目となり、多大なるご不便をおかけしてしまったこと、この場を借りてあらためてお詫び申し上げます。

            弊サポート チームにおいては、今回の件も学びとし、今後もお客様のメリットになるような情報公開に努めさせていただきたいと考えております。

    2. murakami より:

      迅速なご回答をいただき、ありがとうございました。
      いただいた回答から推測すると、このブログ以外では monitor での通知に置き換わったことが
      開示されていないような印象です。

      当方エンドユーザー様への情報を提供する立ち場での業務も受け持っておりますので、
      このブログ以外での告知はなかったものとして、情報を共有させていただきたいと思います。
      加えまして、Azure Monitorについて、過日ご案内いただきました記事の内容で通知を設定した場合は、
      課金は発生しないという認識で間違いないでしょうか。

      再三にわたる確認となり申し訳ございません、ご返信お待ちしております。

      1. Teppei Ishii より:

        murakami様

        エンド様へのご案内、誠にありがとうございます。
        Azure Monitor の課金は原則生じません。毎月 1,000 通まで無料で、続いて、100,000 通で 204 円、といった形です。
        (Azure Monitor の登録にて、メール アドレスを複数登録していると、1 つの通知でメール アドレスの数のカウントがされます。)

        ご参考: Azure Monitor の価格
        https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/monitor/

        なお、上記ページの「メトリック クエリ」 (API 呼び出し) の課金は原則無視いただいて結構です。これは、外部の (主にサードパーティの) サービスから Azure Monitor の情報を参照する場合の課金であり、ポータルなどから通常利用する際には加算されません。

        1. murakami より:

          Azure Monitorの仕様と料金について、丁寧なご説明をいただき、ありがとうございました。

          メンテナンス情報についてはエンドユーザー様より、「早くかつ精度の高い情報を共有してほしい」との
          お声をいただいておりますので、ご理解と引き続きの情報提供をお願いいたします。

          複数回のコメント、ありがとうございました。

          1. Teppei Ishii より:

            murakami様

            お世話になっております。マイクロソフトの石井でございます。
            エンド様からのお声、御連携をいただき、ありがとうございます。

            失敗と学びの繰り返しでご迷惑をおかけしておりますが、お客様のご期待となる
            「早く精度の高い情報」について実現をできますよう、尽力させていただきます。

            こちらこそ、弊チームの Blog への貴重なご意見、ありがとうございました。
            チーム一同、目を通しておりますので、今後もお気軽に、ご質問やフィードバックをくださいませ。

  11. TN より:

    Azure上で構築したサービスを金融機関様にご利用頂いております。
    お客様の都合もあり、メンテナンス日を確定させる必要があります。
    11/17(JST)までに開始できない場合、理由を説明したいのですが、
    状況を開示して頂けないでしょうか。
    例えば、別リージョンのメンテナンスで発生した問題の修正中、など。

    1. Teppei Ishii より:

      TN 様

      お世話になっております。マイクロソフトの石井でございます。
      せっかくご調整をいただいていた中、誠に申し訳ございません。

      慎重な検討を重ねた結果、予定されていたメンテナンスは日程再調整となりました。
      本記事も更新させていただきましたとおり、現時点で 2017 年中の実行予定はございません。

      混乱をさせてしまいました事、深くお詫び申し上げます。

  12. HN より:

    他の方も書かれていますが、今回のような「大きな運用変更」について、利用者側に通知がないということに不安を覚えます。
    今までのメンテナンスはサービス管理者と共同管理者宛てに通知がきておりましたが、Azure Monitorでの通知となることについて
    サイトやブログにだけ記載されており、サービス管理者や共同管理者への通知はどうしてないのでしょうか。
    いまだに知らないユーザも多数いるのではないでしょうか。
    サービスの仕様変更等についても同様です。明らかにユーザへの影響が大きい内容については、全利用者に情報が行きわたるような情報展開を強く望みます。

    1. Teppei Ishii より:

      HN 様

      お世話になっております。マイクロソフトの石井でございます。

      ご指摘の通りです。
      延期された今、弁明をするのははばかれますが、旧来のサービス管理者・共同管理者への連絡自体は、今回については予定されておりました。
      しかしながら、あくまで移行期間となる今回のみとの位置づけで、Azure Monitor が正式となった点は事実です。
      Azure リソース マネージャーとなり、サービス管理者・共同管理者を設定していない環境が非常に多いこと、
      ならびに、将来的に Azure Monitor への完全移行がされることから今回の Blog での情報公開を急いだ意図でございました。

      ご指摘の通り、本来通知されていた対象に運用の変更も周知する、ということについては強くフィードバックさせていただきます。
      また、より一般的なご指摘かと存じますが、サービスの仕様変更についての情報公開についても、同様に課題として取り組ませていただきます。

Skip to main content