Azure Automation: PowerShell Runbook で Azure VM の起動 / 停止(割り当て解除)


こんにちは、Azure サポートチームの山口です。
今回は Azure Automation を使用して、Azure 仮想マシンを起動 / 停止(割り当て解除)する PowerShell Runbook を紹介したいと思います。

本記事は、主にスクリプトコードの紹介となります。ポータル上での Runbook の作成方法やスケジュール設定については、以下の記事を参考にしてください。

Azure Automation で VM を自動停止する
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/09/01/azure-automation-%E3%81%A7-vm-%E3%82%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%81%9C%E6%AD%A2%E3%81%99%E3%82%8B/

Runbook


以下は、Azure 仮想マシンを起動 / 停止(割り当て解除)する PowerShell Runbook のスクリプトコードです。

PowerShell Runbook

Param (
    [Parameter(Mandatory=$false)]
    [String] $SubscriptionNameOrId,

    [Parameter(Mandatory=$false)]
    [String] $ResourceGroupName,

    [Parameter(Mandatory=$false)]
    [String] $VMName,

    [Parameter(Mandatory=$false)]
    [Bool] $StartVM = $true
)

Function Get-AzureRmVMPowerState {
    Param (
        [Parameter(Mandatory=$true)]
        [Object] $VM
    )

    $instanceView = Get-AzureRmVM -ResourceGroupName $VM.ResourceGroupName -Name $VM.Name -Status
    $status = $instanceView.Statuses | Where Code -Like "PowerState*"
    $status = $status.Code -Replace "PowerState/",""

    Write-Output $status
}

try {
    # 自動作成された接続資産(実行アカウント)を利用して Azure にログイン
    $automationConnectionName = "AzureRunAsConnection"
    $connection = Get-AutomationConnection -Name $automationConnectionName

    Write-Output "# Logging in to Azure..."

    $account = Add-AzureRmAccount `
        -ServicePrincipal `
        -TenantId $connection.TenantId `
        -ApplicationId $connection.ApplicationId `
        -CertificateThumbprint $connection.CertificateThumbprint

    Write-Output "Done."
}
catch {
    if (!$connection) {
        throw "Connection $automationConnectionName not found."
    } else {
        Write-Error -Message $_.Exception
        throw $_.Exception
    }
}


# actionName - $StartVM パラメタに指定された、アクションの名前
# desiredPowerState - アクション後になるべき VM の電源状態
if ($StartVM) {
    $actionName = "start"
    $desiredPowerState = "running"
} else {
    $actionName = "stop"
    $desiredPowerState = "deallocated"
}

Write-Output "`n# Begin to $actionName specified Virtual Machines..."

# 指定した場合は、サブスクリプションを選択
if ($SubscriptionNameOrId) {
    $subscriptions = Get-AzureRmSubscription | Where {$_.Name -Eq $SubscriptionNameOrId -Or $_.Id -Eq $SubscriptionNameOrId}
    if ($subscriptions.Count -Eq 1) {
        # Select-AzureRmSubscription -SubscriptionName $subscriptions[0].Id >0
        Get-AzureRmSubscription -SubscriptionId $subscriptions[0].Id | Set-AzureRmContext
    }
    else {
        if ($subscriptions.Count -Eq 0) {
            throw "No accessible subscription found with name or ID [$SubscriptionNameOrId]. Check the parameters and ensure user is a co-administrator on the target subscription."
        } else {
            throw "More than one accessible subscriptions found with name or ID [$SubscriptionNameOrId]. Please ensure your subscription names are unique, or specify the ID instead."
        }
    }
}

# リソースグループを指定した場合は、そのリソースグループ内の Azure VM を取得
# 指定しない場合は、全 VM を取得
if ($ResourceGroupName) {
    if ($VMName) {
        $VMs = Get-AzureRmVM -Name $VMName -ResourceGroupName $ResourceGroupName
    } else {
        $VMs = Get-AzureRmVM -ResourceGroupName $ResourceGroupName
    }
} else {
    $VMs = Get-AzureRmVM
}

foreach ($VM in $VMs) {
    Write-Output ("`n[ $($VM.ResourceGroupName) > $($VM.Name) ]")

    # VM の電源状態を取得する
    $powerState = Get-AzureRmVMPowerState -VM $VM

    # 電源状態が running (resp. deallocated) でなければ、起動 (resp. 停止) する
    if ($powerState -ne $desiredPowerState) {
        # 望ましい電源状態に VM の状態を変更
        if ($StartVM) {
            $result = $VM | Start-AzureRmVM -ErrorAction SilentlyContinue -ErrorVariable err
        } else {
            $result = $VM | Stop-AzureRmVM -Force -ErrorAction SilentlyContinue -ErrorVariable err
        }

        # 正常に VM が起動 (停止) したかの確認 & ステータスの出力
        if ($result.Status -ne 'Succeeded') {
            Write-Error -Message "$($VM.Name) failed to $actionName. Error message is as follows:"
            Write-Output $err
        } else {
            Write-Output "$($VM.Name) has been $($actionName)ed."
        }
    }
    # 既に running (resp. deallocated) 状態なので、起動 (resp. 停止) しない
    else {
        Write-Output "$($VM.Name) is already $desiredPowerState."
    }

}

パラメータ

この Runbook で指定できるパラメータは 4 つあります。

SubscriptionNameOrId

  • 対象の VM が存在するサブスクリプションの、名前かIDを指定します。
  • このパラメータは省略可能で、省略した場合、デフォルトのサブスクリプションが指定されます。

ResourceGroupName

  • 対象の VM が存在するリソースグループの名前を指定します。
  • このパラメータは省略可能で、省略した場合、サブスクリプション内のすべての VM が対象となります。

VMName

  • 対象となる VM の名前を指定します。
  • なお、このパラメータは、リソースグループを ResourceGroupName で指定している場合に限り考慮され、リソースグループの指定がなければ、指定を省略した場合と同じ動作になります
  • このパラメータは省略可能で、省略した場合、以下の VM が対象となります。
    • リソースグループを指定している場合、指定したリソースグループ内のすべての VM
    • リソースグループを指定していない場合、サブスクリプション内のすべての VM

StartVM

  • この Runbook が、対象の VM の起動をするか / 割り当て解除をするかを選択します。
  • デフォルトでは $True (起動) が指定されていて、$false を指定すると VM の割り当て解除をします。

起動、停止(割り当て解除)のコマンドレット


この PowerShell Runbook では、次の PowerShell コマンドレットを用いて VM の起動 / 停止(割り当て解除)を実現しています。

VM の起動

Start-AzureRmVM -ResourceGroupName "リソースグループ名" -Name "VM 名"

VM の停止(割り当て解除)

Stop-AzureRmVM -ResourceGroupName "リソースグループ名" -Name "VM 名" -Force

パラメータ

  • ResourceGroupName, Name には、それぞれ VM がデプロイされているリソースグループ名、VM の仮想マシン名を指定します。
  • Force オプションは、確認画面を出さずに強制的に停止(割り当て解除)を実行するために指定します。
VM の再起動、更新、削除などの、VM の管理に関わる PowerShell コマンドレットについては、以下のドキュメントを参照ください。

・Azure Virtual Machines 用の一般的な PowerShell コマンド - VM の管理
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/windows/ps-common-ref#manage-vms

Azure VM の停止、割り当て解除について


VMPowerState

仮想マシン内で OS のシャットダウンを実行するだけでは、「停止済み (stopped)」状態となりますが、仮想マシンが「停止済み」の状態でも、コンピューティング料金は発生します。

課金を停止するには、Azure ポータルから VM を停止するか、PowerShell コマンドレットによって「割り当て解除済み (deallocated)」状態にしてください。「割り当て解除済み」状態になった VM は CPU およびメモリが解放され、課金を停止することができます。

仮想マシンの課金についての詳細は、以下の公式ブログ、ドキュメントを参照ください。

仮想マシンの課金の仕組み
https://blogs.msdn.microsoft.com/dsazurejp/2015/01/09/23/

Virtual Machines の料金詳細
http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/virtual-machines/

さいごに


以上、指定された VM の起動 / 停止(割り当て解除)を実行する PowerShell Runbook の紹介でした。Azure Automation について、より詳細な情報が知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Comments (0)

Skip to main content