MAB バックアップが ”仮想ディスクサービスで予期しないエラーが発生したため、バックアップを開始できませんでした。(0x086C6)” で失敗する


こんにちは。Azure サポート チームの世古です。

弊社にお問い合わせをいただく内容についてご紹介させていただきます。

Microsoft Azure Backup (MARS エージェントを使用したバックアップ)において、バックアップ実行時に以下のエラーが発生し、バックアップが正常に動作しない問題がございます。本問題について以下 3 つの要因がございます。

1.Microsoft Azure Backup (MAB) のバックアップ対象が Azure VM の管理ディスク(Managed Disk) である。
現状としては Azure VM 上の管理ディスクのデータを MAB でバックアップする事はサポートしておりません。その為、Azure IaaS VM バックアップのご利用を検討下さいますようお願いします。弊社公式情報が公開されましたら、本 Blog にもご案内させていただきます。(追記6月29日: 管理ディスクにおいてはスクラッチ領域への書き込みに失敗する動作を確認しておりますが、現在の最新版 (2.0.9085)での修正に至っておりません)

2.MARS エージェント (2.0.9072 および 2.0.9071) の動作不具合で発生する。
本問題は最新版で修正されましたので、最新版へのアップグレードをご検討いただけますと幸いです。

Microsoft Azure Recovery Services Agent の公開情報について

3.  スクラッチ領域が Azure VM の C ドライブ上に設定されている。
非管理ディスクの Azure VM の場合でも C ドライブにスクラッチ領域 (キャッシュ) を設定している場合には、同様の問題が発生いたします。その場合には、他のドライブ (C および D 以外) のドライブにスクラッチ領域を指定してバックアップを実行下さいますようお願いいたします。

Azure Backup エージェント用に指定されたキャッシュの場所を変更する方法を教えてください。

もし上記 3 つ以外で問題が発生する場合には、弊社技術サポート窓口にお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

サポートにお問い合わせする方法について

 


Comments (0)

Skip to main content