Azure PowerShell 最新版のインストール手順 (v3.8.0 現在)


こんにちは、Azure サポートチームの飯塚です。

コマンドやスクリプトで Azure の管理ができる、とっても便利な Azure PowerShell ですが、ここ最近のバージョンにおいて、スタンドアローンのインストーラーが提供されなくなったり、WebPI でのインストールができなくなっているなど、インストール方法が少々変わっております。

2017 年 5 月 2 日時点での最新版である Azure PowerShell 3.8.0 のインストール手順は、以下の公開ドキュメントでご説明しているとおり、PowerShellGet を利用するものです。

しかし、本ドキュメントは現時点で英語版のみの提供であり、また PowerShellGet のインストールなど、一部別のドキュメントの参照が必要な部分もあり、少々わかりにくいのではないかと思います。そこで、本ブログ記事で、あらためて Azure PowerShell のインストール方法をおまとめしました。参考にしていただければと思います。

1. PowerShellGet のインストール

Azure PowerShell の最新版のインストールは、PowerShellGet という、PowerShell コマンドで自動的にモジュールをダウンロードする仕組みを利用します。PowerShellGet は、Windows 10 か Windows Server 2016 以降のコンピューターには、PowerShell 5.0 とともに既定でインストールされています。

お手元のコンピューターで、PowerShellGet が使えるかどうかを確認するには、以下の PowerShell コマンドを実行します。

コマンド
Get-Module PowerShellGet -list | Select-Object Name,Version,Path
PowerShellGet が使える場合の出力例
Name          Version Path
----          ------- ----
PowerShellGet 1.0.0.1 C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules\PowerShellGet\1.0.0.1\PowerShellGet.psd1

コマンドの出力結果に、PowerShellGet のバージョン情報が出力されれば、PowerShellGet が使えますので、そのまま 2. の手順に進んでください。もし表示されない場合 (PowerShellGet が使えない場合、画面になにも出力されないはずです) は、以下のいずれかの手順で PowerShellGet をインストールしてください。

1-1. PowerShell 5.0 へのアップグレード

PowerShell 自体を 5.0 にアップグレードする方法です。以下のページから Windows Management Framework 5.0 をダウンロードし、PowerShell 5.0 をインストールします。

1-2. PowerShellGet のみのインストール

PowerShellGet の機能をインストールするものです。以下のページからモジュールをダウンロードし、インストールします。

2. Azure PowerShell のインストール

PowerShellGet が利用できるようなっしたら、実際に Azure PowerShell をインストールします。PowerShell を「管理者として実行」して、以下のコマンドを実行してください。クラシック デプロイ モデルとリソース マネージャー デプロイ モデルで、それぞれインストールするモジュール名が異なりますが、2 つのモジュールは共存可能ですので、両方のコマンドを実行いただいても問題ありません。

クラシック デプロイ モデルの Azure PowerShell をインストール
Install-Module Azure
リソース マネージャー デプロイ モデルの Azure PowerShell のインストール
Install-Module AzureRM

コマンドの実行時に、必要なモジュールをインストールするか尋ねられた場合は「Y」を入力して先に進みます。

3. Azure PowerShell の利用

実際に Azure PowerShell のコマンドレットを利用する場合、最初に、以下のコマンドを実行してモジュールのロードを行ってください。

クラシック デプロイ モデルの Azure PowerShell をインポート
Import-Module Azure
リソース マネージャー デプロイ モデルの Azure PowerShell のインポート
Import-Module AzureRM

補足: 自動的に Import-Module が実行されるようにする方法

PowerShell を起動するたびに、Import-Module コマンドを実行するのは面倒かもしれません。そのようなときは、「PowerShell プロファイル」に Import-Module コマンドを記載することで、PowerShell の実行時に、自動的に Import-Module コマンドが実行され、すぐに Azure PowerShell が利用できるようになります。

PowerShell プロファイルについては、以下の資料を参考にご覧ください。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Comments (1)

  1. やまぐち より:

    いつもありがとうございます!
    ちょうど探していた記事で大変参考になりました!

Skip to main content