IaaS VM バックアップにおける ”ファイルの回復” (プレビュー) 機能について


こんにちは。Azure サポート チームの世古です。

Azure IaaS VM バックアップにおけるデータの復元機能が、この半年で大きく動作が変わっておりますので、ご紹介させていただきます。

以前は Azure IaaS VM の復元においては、新規 VM を復元する機能しかありませんでした。しかし現在においては、以下 3 つの復元方法が可能です。

・VM の復元 (Create virtual machine)
バックアップしたデータ情報 (OS およびデータ ディスクの情報) を基に新規に VM を作成します。
いち早くバックアップ データから VM を作成することに適しています。

・ディスクの復元 (Restore disks)
復元時に VM を作成せず、 バックアップしたデータ情報 (OS およびデータ ディスクの情報) を VHD として復元します。上記 “VM の復元” を実行すると、復元された VHD 情報を基に新規で作成された NIC が 1 つだけ接続されます。その為、既存の NIC や NIC を 2 つ接続したい場合には、VM の復元後に再度対象の VM の構成を変更する必要が出てきます。そのような動作を避けるには、このディスクの復元機能を使用し、まずは OS およびデータ ディスクの情報のみ復元し、その VHD 情報を基に既存の NIC を指定して VM を作成いただく事で、元と同様の構成に復元する事が可能です。
VM の復元時に複数の NIC や既存の NIC、また可用性セットに追加する等、カスタマイズしてから VM を復元する事に適しています。

・ファイルの回復 (プレビュー)
上記復元機能ではバックアップしたデータすべて (OS およびデータ ディスクの情報) が復元され、また新規に VHD が作成されますが、ファイルの回復機能では、バックアップしたデータの一部のみを復元する事が出来、また既存の VM のデータ変更が可能です。
VM に存在するデータの一部を誤って削除した、また破損した等の一部分のデータのみ復元する事に適しています。

以下それぞれの実施方法や機能を紹介している公開情報を紹介させていただきます。

 

VM の復元およびディスクの復元について


VM の復元 (Create virtual machine) およびディスクの復元 (Restore disks) につきましては、以下の公開情報をご参照ください。

Azure ポータルを使用した仮想マシンの復元

 

ファイルの回復について


ファイルの回復 (プレビュー) につきましては、以下の公開情報をご参照ください。公開情報が現在は英語のみでございますが、動画を用いた説明がありますので是非参考にしていただけますと幸いです。

Windows VM の手順
Instant File Recovery from Cloud using Azure Backup

Linux VM の手順
Instant File Recovery from Azure Linux VM backup using Azure Backup – Preview

    ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


    Comments (0)

    Skip to main content