Azure クラシック ポータル (ASM) のバックアップ コンテナー新規作成終了について


こんにちは、Azure プラットフォーム サポートの眞尾です。

Azure クラシック ポータル (ASM) のバックアップ コンテナーの新規作成が終了したことについてお知らせいたします。
※ 既にご利用いただいておりますバックアップ コンテナーは引き続きご利用いただけます。

 

これまで ASM で作成した仮想マシン (クラシック) のバックアップ取得では、ASM からバックアップ コンテナーを作成し、仮想マシン (クラシック) をバックアップ対象として登録していました。
しかし、現在は新しいポータルの Azure ポータル (ARM) から作成する Recovery Services コンテナーで仮想マシン (クラシック) をバックアップすることが可能となっております。
※ 現在 Azure には Azure クラシック ポータル (ASM) と Azure ポータル (ARM) の 2 種類のポータルがあります。

 

今後の機能拡張は ARM の Recovery Services コンテナーのみで実施されるため、ARM の Recovery Services コンテナーの使用を推奨しております。そのため、ASM のバックアップ コンテナーの新規作成は終了となり、今後の新規作成ができないよう以下のように「利用不可」となり選択できないようになっております。

 

asm-modified2

 

 
今後、新しく ASM の仮想マシン (クラシック) のバックアップ用にコンテナーを作成する場合、ARM の Recovery Services コンテナーを作成ください。
 

参考情報
==============================
最初に: Recovery Services コンテナーを使用した Azure VM の保護
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-vms-first-look-arm

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Comments (0)

Skip to main content