Azureの仮想マシンを削除する(ARM, 管理ディスク)

こちらの記事は、Qiita に掲載した Microsoft Azure Tech Advent Calendar 2017 の企画に基づき、執筆した内容となります。 カレンダーに掲載された記事の一覧は、こちらよりご確認ください。 こんにちは、Azureサポートチームの三國です。 今回は、Azureの仮想マシンを削除する方法についてご案内します。Advent Calendar企画ということで、年末の大掃除にご活用頂ければ幸いです。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 目次 1. はじめに: 仮想マシンの削除とは 2. 注意事項 3. 仮想マシンの削除方法 4. ディスクの削除方法 5. ネットワークの削除方法 6. 診断用ストレージアカウントの削除方法 7. 削除しやすい仮想マシンの管理方法の例 1. はじめに: 仮想マシンの削除とは 仮想マシンの削除は、実に簡単です。削除したい仮想マシンビューを開き、削除をクリックするだけです。 しかしながら、それだけでは色々と他のリソースが残ってしまいます。 ディスクや、ネットワークインターフェースまで削除したい場合は、大変お手数をおかけしますがそれぞれを削除頂く必要がございます。 これらを削除しないとディスクの容量や、パブリックIPアドレスがある場合はパブリックIPアドレスに対する課金が発生します。 課金に対する考え方は、こちらのブログをご参照ください。 ※ご参考 大雑把なイメージとして、「仮想マシン」はCPUとメモリだけだと思ってください。OSのイメージはディスクの中に入っています。 それにディスクやネットワークインターフェースといったリソースを紐づけることで初めて「実行中」となります。 逆に言えば、「停止済み(割り当て解除)」の時はCPUとメモリを所有していない状態になります。イメージ図として仮想マシンの「ダイアグラム」をご紹介します。 このようにリソースをバラバラに扱うことで、仮想マシンが「停止済み(割り当て解除)」の時は仮想マシンに対する課金が発生しない、という風に考えることもできます。 2. 注意事項 -仮想マシンを削除しただけならば、ディスクから仮想マシンが再作成できますが、ディスクも削除した場合はデータなどの復元はできません。削除する際は十分にご注意ください。 -「診断用ストレージアカウント」は複数の仮想マシンの診断ログを格納できます。削除対象でない仮想マシンの診断ログも格納している場合がございますので削除する際には十分にご注意ください。診断用ストレージアカウントがないと仮想マシンは起動に失敗します。 -今回のブログでは見やすさのためにARMモデル、管理ディスクを利用の場合を記載いたします。そうでない場合も、概念を理解することにお役立て頂けるかと存じます。 3. 仮想マシンの削除方法 前述の通り、仮想マシンの削除は簡単です。 削除する前に、ディスク名、ネットワークインターフェース名、診断用ストレージアカウント名を確認しましょう。診断用ストレージアカウントはない場合もあります。 4. ディスクの削除方法 3….

0

Azure IaaS における有償 Azure テクニカル サポートの対応範囲

Azure の IaaS 仮想マシンをご利用のお客様における、Azure の有償テクニカル サポート範囲と留意点について以下の通りご説明します。 本ドキュメントでは、課金・サブスクリプション サポートについては言及しません。有償である Professional Developer, Professional Standard, Professional Direct, Premier サポートについてのみのご説明となります。   – Azure サポートで提供しているサポート プランと対応範囲 Azure サポートにどのようなプランがあるのかや、その比較は以下をご参照ください。   Azure のサポート プランの比較 https://azure.microsoft.com/ja-jp/support/plans/ – 障害対応 (Break/fix) とアドバイザリの違いについて Azure の有償テクニカル サポート、つまり Developer / Standard / Professional Direct / Premier のすべてにおいて、障害対応 (Break/fix) のサポートが提供されています。障害対応の定義は以下に記載がされています。   Azure サポートに関する FAQ https://azure.microsoft.com/ja-jp/support/faq/ 障害対応の問題とは、Azure サービスの使用中に経験する技術的な問題です。”障害対応” という業界用語は、”あるテクノロジが正常に機能しなくなり、正常運転状態に復帰するためにサポート組織の介入が必要になった場合の、そのテクノロジをサポートする作業” を指します。…

0

Azure 環境における Windows Server の日本語環境化について

Azure Marketplace における Windows Server イメージは英語版をベースにしておりますが、適宜言語パックを設定することで日本語化が可能です。 また、システム ロケール・タイムゾーンなどの設定も行うことで日本版の環境相当としていただき、ご利用をいただけます。   以下に設定関連の Tips をおまとめいたしました。

0

[重要: 2018 / 1 / 6 更新] [告知] 2018 年 1 月 2 日より Azure IaaS 仮想マシンのメンテナンス期間が開始します

※ 更新 2018/1/6  FAQ  の “Q. 今回の CPU 脆弱性についてのセキュリティ対策にあたって Azure 上のゲスト OS の対応が必要か” を更新しました。 ※ 更新 2018/1/5  FAQ  の “Q. 強制再起動対象の VM を知りたい” を更新しました。 ※ 更新 2018/1/4 <重要> 最終更新時間 23:40 (FAQ の追記、ならびに重複した内容をまとめました)  業界全体に影響を及ぼす、ハードウェア ベースのセキュリティの脆弱性が本日公開されました。これを受けて、Azure では計画メンテナンスを前倒ししております。 日本時間 2018 年 1 月 4 日 午前 8:30 より、メンテナンス対象の仮想マシンは順次再起動されます。可用性セット内の VM は同時にダウンしないよう考慮されます。セルフサービス期間は当時刻をもって終了しており、Azure ポータルの Virtual Machines ブレードにおいて [メンテナンス] 列は非表示となっています。 詳細な発表内容は以下を参照してください。 CPU…

17

再起動を伴う仮想マシン メンテナンスへの新しいエクスペリエンス

※ 本記事は、”A new Planned Maintenance experience for your virtual machines” の翻訳、ならびに、補足解説を行う内容となります。   Azure 仮想マシンの再起動を伴うメンテナンスについて、新機能をご紹介します。 Azure においては信頼性・パフォーマンス・セキュリティの向上のためメンテナンスを行っております。多くの更新は、VM の再起動を行わず、一時停止状態にして行われますが、一部のメンテナンス内容によって再起動が必要となります。   新しい機能は以下の通りです。   “より良い通知” : メンテナンス通知が Azure Monitor に統合され、好きなメール アドレスで受け取ることができる Azure VM の再起動を伴うメンテナンスは、従来の「共同管理者・サービス管理者」向けの通知に加え、Azure Monitor という機能によって行われます。「共同管理者」という全権限ではなく、Azure リソース マネージャーとなってより細かいアクセス制御をするという管理方式にも対応するものとなります。 ※ メンテナンスの時期についての公式な通知・説明は、Azure Monitor から一元的に行われます。 Azure Monitor を使ってメンテナンス通知を受け取る https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/09/15/maintenance_notification/   “さらなる制御” : お客様自身で、好きなタイミングに VM をメンテナンス再起動させ、先行してメンテナンス完了させる機能 メンテナンスの通知が行われる中で、指定された一部の期間において、お客様の任意のタイミングで VM を再起動し、メンテナンスを先行して完了させることが選択肢として登場します。セルフサービス (プロアクティブ) メンテナンスと呼び、VM のダウンタイムがコントロール出来る点がメリットです。 (※…

0

【解消済み】Internet Explorer で Azure ポータルの Automation アカウント情報が表示できない問題

こんにちは。Azure サポート チームです。   日本時間 2017 年 12 月 18 日の朝より、Internet Explorer で Azure ポータルの Automation アカウント情報が表示できない問題が発生しておりました。 こちらの問題は、日本時間 12 月 20 日早朝 (US 時間 12 月 19 日) の時点で改善が確認されております。   日本時間 2017 年 12 月 17 日夜に実施された Azure ポータルの UI 更新に起因して、Internet Explorer で表示した際に互換性の問題が生じておりました。 そのため、 Internet Explorer で Azure ポータルの Automation アカウント情報が表示できず、そのため操作も行えない問題が発生しておりました。 また、Azure ポータルの通知欄に「エラーメッセージ:Microsoft_Azure_Automation 拡張機能を読み込めませんでした」というエラーが表示されておりました。 ※…


VM からの送信方向の通信量 (Data Transfer Out) について

こんにちは。Azure サポートチームの比留間です。皆様ご存知の通り、Azure の仮想マシン (VM) から、インターネットまたは他のデータセンターに出ていく通信に対しては料金が発生いたします。今回は、VM の送信方向の通信量について検討してみましょう。

0

2017/12/9 以降 Azure VM の起動に時間がかかる事象についての対処方法

12/16 より問題解消のための修正を開始し、現在 (12/25) では修正を提供しております。一部VMに対しては別途ユーザー様に対処が必要な項目がございますので、継続して起動に時間がかかる問題が発生する環境においては、以下にご案内いたします対処実施をご検討ください。 – 対象となる VM について VMSnapshot という名前の拡張機能がインストールされているVM(Azure バックアップの対象VM) VM停止状態においてバックアップが実行されているVM   こんにちは。Azure サポート チームです。 12/9 より一部の Azure VM にて起動処理に時間がかかる事象が発生しています。 このブログでは事象の発生理由と問題解消に向けた取り組みについて周知いたします。 ■ 発生事象 Azure ポータル・Azure PowerShell・Azure Automation を利用した VM が起動するまでに長時間かかります。 場合によっては VM の起動が失敗します。     ■ 発生対象 Azure バックアップの対象となっている Azure VM (Windows) で発生します。具体的には、VMSnapshot という名前の拡張機能がインストールされている VM で発生します。この拡張機能は Azure バックアップの対象としているサーバーに自動的にインストールされます。     ■ 原因…


リソース マネージャー (ARM) 環境で既存の VM を既存の可用性セットに追加する方法[管理ディスク編]

こんにちは、Azure サポートチームの三國です。 本日は、ARM 環境にて可用性セットに参加していない既存の VM (管理ディスク)を、既存の可用性セットに追加する手順をご案内します。 非管理ディスクの場合は以下のドキュメントをご参照ください。 リソース マネージャー (ARM) 環境で既存の VM を既存の可用性セットに追加する方法 https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/06/08/addavasetvmarm/ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0

Azure データセンター ネットワーク インフラストラクチャー

皆さんこんにちは。Azure テクニカルサポートの平原です。 クラウド上でサービスを提供する場合、利用しているサービスはすべて「ネットワークの向こう側」にあります。何か問題が発生した時など、トラブルシューティングをする際に、ネットワークの仕組みなど知っておくとよいこともあります。本トピックでは、Azure を後ろからサポートしている、実際のネットワークについて説明をしていきます。Azure に限った話ではないかもしれませんが、少しでもご参考になれば幸いです。

0