アフィニティグループの設定されているクラウドサービスへの仮想マシン配置について


みなさん、こんにちは。Azureテクニカルサポートの平原です。本日は、よくお問い合わせをいただくアフィニティグループと、アフィニティグループの設定されているクラウドサービスへの仮想マシン配置 (クラシックモード)する際に発生するエラーについてご案内をいたします。

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点のものであり、予告なく変更される場合があります。

 

問題

クラシックポータルで、アフィニティグループの設定されているクラウドサービスに対して、仮想マシンを新規に配置しようとすると、対象のクラウドサービスがグレーアウトされていて、選択ができない事象が発生します。また、以下の警告メッセージも表示が行われます。

以下のクラウドサービスは、アフィニティグループにデプロイされている場合に選択できなくなります。

image

※上記例では、テスト用の samplevm というクラウドサービス名がグレーアウトされています。

原因

本事象の原因は、クラシックポータル側でアフィニティグループの設定されているクラウドサービスへの仮想マシン配置がサポート対象外となっているためです。今後、将来的にアフィニティグループは、機能として廃止される予定です。

 

対処策

対処策としては、Azure PowerShell を使って、対象のクラウドサービス (クラシックモード) に対して仮想マシンを作成する方法になります。下記ドキュメントに参考スクリプトがございますので、ご参考にしていただければ幸いです。また、上記記載の通り、アフィニティグループは将来的に廃止される予定ですので、新規作成の際には設定をせずにクラウドサービス・仮想マシンを作成いただくことをお勧めいたします。

 

補足:アフィニティグループとは?

アフィニティグループとは、Azure が提供開始になったころに利用されていた概念です。各リソースをまとめてアフィニティグループに入れることにより、データセンター内の比較的近くに配置されるようになります。しかしこの機能は、昔のデータセンターのネットワークが、今と比べて速度的に遅かった際に導入されたものになります。現在は、データセンターのネットワーク環境が増強されており、アフィニティグループを利用する効果はなくなっています。この辺りの事情については、以下の弊社担当者の記事がありますので、興味があればご参照ください。

 


Azureテクニカルサポートチーム
平原

Comments (0)

Skip to main content