Azure IaaS VM バックアップと Azure Backup エージェントにおける Recovery Services コンテナーの冗長設定を登録する方法と留意点

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの但木です。 今回は Azure Backup の中でも特にご質問の多い、Azure IaaS VM バックアップと Azure Backup エージェントにおける Recovery Services コンテナー の冗長設定を登録する方法と、冗長設定の留意点についてご案内します。   多くいただくご質問の一つに、 「冗長設定を気にすることなく (または気づけず) Azure IaaS VM バックアップ (または Azure Backup エージェント) を利用しているが、使用料金の高い地理冗長ストレージ (GRS) が初期設定となってしまっていたため、使用料金の安い冗長先に変更したい」 という内容がございます。 ですが、現状ではバックアップをご利用いただいている場合、途中で冗長先を変更することはできません (2016/12/08 現在)。※現在弊社開発チームよりバックアップご利用中でも冗長設定を変更できるよう検討しています。 その結果、コスト面を懸念し今まで使用していた Recovery Services コンテナー (今まで取得したバックアップ データを含む) を削除するに至るというケースがありました。 このようなケースを少しでも軽減できるよう、バックアップをご利用いただく前に Recovery Services コンテナーの冗長設定を登録する方法をご案内します。  ※ストレージの冗長設定を変更できないタイミング============ ・Virtual Machines のバックアップの場合は、Recovery Services コンテナーを作成後バックアップ ポリシーを登録すると変更できません ・オンプレミスによるファイルやフォルダーなどのバックアップの場合は、Azure Backup…


Azure 仮想マシン診断機能について

みなさん、こんにちは。Azure テクニカルサポートの平原です。本トピックでは、よくご質問で頂く、Azure 仮想マシン診断機能について、ご紹介をしようと思います。少しでもお役に立てば幸いです。 ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。  

0

ロードバランサー経由での通信ができない場合のチェックポイント

こんにちは。Azure サポートの宇田です。 今回は Azure のロードバランサー (ALB / ILB) 経由で通信ができない場合のチェックポイントをご紹介します。 Azure のロードバランサーについて 現在、Azure では通信の負荷分散を行うにあたって複数のサービスを提供しています。 クラウド サービス (クラシック環境での呼称): リソース マネージャー環境での外部ロードバランサーと同等 外部ロードバランサー (ALB / Azure Load Balancer): フロントエンドに Public IP を持つ L4 のロードバランサー 内部ロードバランサー (ILB / Internal Load Balancer): フロントエンドに Private IP を持つ L4 のロードバランサー アプリケーション ゲートウェイ (Application Gateway): HTTP / HTTPS の負荷分散を行う L7 のロードバランサー トラフィック マネージャー (Traffic…


Azure Disk Encryption (ADE) と Storage Service Encryption (SSE) のご紹介

※ 2017/8/10 変更 ADE についての注意事項について補足させていただきました。詳しくは、<2017/8/10追記> の箇所をご参照下さい。   こんにちは。 Azure サポート チームの小久保です。 Azure では、お客様の大切なデータのセキュリティ向上の為、様々な取り組みを行っております。 今回は、一般公開されて間もない為に、あまり公開情報が存在しない Azure Disk Encryption (ADE) と Storage Service Encryption (SSE) について、ご紹介します。   ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。  

0

Azure IaaS VM バックアップでのバックアップ開始が 1 日ずれる

※ 本問題は 2017 年 5 月に修正されました。 修正内容としては、Azure ポータル上でスケジュール設定を行う際、どのタイム ゾーンでバックアップをスケジュールするか指定する事が出来るようになりました。その修正結果より、本問題と同様の事象が発生する事はございません。以下参考画像をご紹介いたします。 こんにちは。Azure サポート チームの眞尾です。 今回は、Azure IaaS VM バックアップでバックアップの開始が 1 日ずれる事象について、概要と対処方法をご案内いたします。 概要 Azure IaaS VM バックアップのスケジュール設定で、日本時間の午前 0:00 から午前 9:00 にバックアップを取得するように設定した場合、タイム ゾーンの扱いに不具合があり、次の日の同時刻にバックアップが開始されます。 例えば、日曜日の午前 3:00 にバックアップを開始するようにスケジュール設定した場合、月曜日の午前 3:00 にバックアップが開始されます。 現在、この不具合は修正中です。 ※不具合が修正された際には、本ブログをアップデートいたします。 そのため、お手数をお掛けいたしますが、不具合が修正されるまでは、以下の対処方法を実施してバックアップのスケジュール設定を実施することをご検討ください。 対処方法 対処方法として、タイム ゾーンを UTC (協定世界時) に設定した コンピューターから Azure ポータルにアクセスいただくことで、想定した時間にバックアップを開始いただくことが可能です。 以下の手順で Azure IaaS VM バックアップのスケジュール設定を実施いただくことをご検討ください。 Azure ポータルにアクセスしているコンピューターの時刻設定を日本時間から UTC に設定します。Azure ポータルにアクセスしているコンピューターがWindows…

0

Azure ポータルの “Virtual Machines” に “Backup” 項目が追加

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの但木です。 Azure ポータルの “Virtual Machines” リソースに “Backup” の項目が追加され、VM 名を基にバックアップの設定変更および実行が可能になりました。この機能追加により、バックアップしている VM の管理が、より柔軟になりました。 特徴 “Virtual Machines” の画面から “今すぐバックアップ” を選択できる “Virtual Machines” の画面から復元ポイントを確認でき “VM の復元” を選択できる 利用するシーン 複数の Recovery Services コンテナーを持っていて、バックアップしたい VM を探さなくてはならないが、どの Recovery Services コンテナーの中に 特定の VM を登録したのか管理できなくなってしまった場合 操作手順 Azure ポータル (https://portal.azure.com) にサインインします 画面左部のリソース一覧より “Virtual Machines” を選択します バックアップしたい VM 名を選択します 右に開いたブレードの “Backup” を選択します 右に開いたブレード上部の “今すぐバックアップ” (復元した場合は…

0

仮想マシンやストレージ アカウントの監視ができない時のトラブル シューティングについて

こんにちは。Azure サポートチームの佐藤です。 Azure ポータルでは、診断機能を有効化することで、仮想マシンやストレージ アカウントの監視を行うことが可能ですが、診断機能を有効化しているにもかかわらず、ポータルに監視グラフが表示されないといったお問い合わせをいただくことがあります。 そこで、今回は、仮想マシンやストレージ アカウントの監視グラフがポータルに表示されない場合のトラブルシューティングについてご紹介します。 ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0

Ubuntu を特殊化イメージでデプロイすると、既存のユーザーでログインできなくなる事象について

こんにちは! Microsoft Azure テクニカル サポートの高橋です。 今回は Ubuntu を特殊化イメージでデプロイすると、既存のユーザーでログインできなくなる事象について、 原因と対処策をご紹介いたします。 ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、更新日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。   事象について 既存の特殊化 Ubuntu イメージを以下の弊ブログ記事を参考に、デプロイすると設定していたユーザー / パスワードにて SSH ログインができなくなる事象がございます。   IaaS v2 (ARM) で特殊化イメージの仮想マシンをテンプレートから作成する方法 https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/04/06/iaas-v2-arm-specialized-template/   原因 本事象が発生する背景としては、以下のドキュメントに記載がございます。 Ubuntu Cloud Image では cloud-init という固有のツールが起動し、通常は Azure Linux エージェントで管理されるはずの、さまざまな構成タスクが代わりに実行されることに起因します。Ubuntu 特有の cloud-init ツールの影響をうけ、もともと存在したユーザー名・パスワードがクリアーされてしまいます。   Azure Linux エージェント ユーザー ガイド https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-linux-agent-user-guide/   実際に再デプロイ後に cloud-init のログを確認すると、再デプロイ実行時間帯に以下のログの記録があります。 このことから、cloud-init による独自のユーザー名・パスワードへの設定処理が行われたことがわかります。   [CLOUDINIT]…

0