Azure Resource Manager (ARM) 仮想マシンの複製方法のご紹介 (Part.2)

こんにちは! Azure サポート チームの清水です。 Azure Resource Manager (ARM) 仮想マシンの複製方法について、引き続きご紹介します。 前回の Part.1 では、イメージリソースを用いて仮想マシンを複製する方法と、ディスクのコピーから仮想マシンを作成する方法を ご案内しました。 今回の記事では、 3.Azure Backup を使用する 4.Virtual Machine Scale Set を使用する の2つの方法について、ご紹介しようと思います。   それぞれの手法の概要については、Part.1 をご参照ください。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 3. Azure Backupを使用する Azure Backup の機能を用いて、実行中の仮想マシンのバックアップから、仮想マシンを複製してみます。 使用可能なディスクの種類は以下の通りです。 移行後 管理 ディスク 非管理 ディスク 移行前 管理 ディスク 〇 × 非管理 ディスク 〇(作成後に変換) 〇 Azure Backup を用いる場合、移行前のディスクの種類に関わらず、同一の手段にて仮想マシンの複製が可能です。 [注意事項] 接続データディスク数の上限が16となります。16以上のデータディスクが接続されている場合、バックアップをとることが できません。 バックアップ作成の際に、…

0

Azure Resource Manager (ARM) 仮想マシンの複製方法のご紹介 (Part.1)

こんにちは! Azure サポート チームの清水です。 Azure にて冗長構成をとりたい場合や、同じ構成をもつ仮想マシンを複数台用意したい場合など、仮想マシンを複製するシーンは 様々あるかと思います。 そこで今回は、Azure 仮想マシンにおいて、実行中の仮想マシンを Azure portal を用いて複製する方法をご紹介します。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 概要 複製の方法は大きく4通りございます。 一般化された’イメージ’リソースを作成して’イメージ’から仮想マシンを作る ディスクのコピーを作成し、コピーしたディスクから仮想マシンを複製する Azure Backup を使用する Virtual Machine Scale Sets を使用する それぞれの手法の大まかな特徴を表にまとめます。 # 1 2 3 4 方法 ”イメージ”リソース ディスクコピー Azure Backup VMSS 特徴 ・既存の VM は使用不可になる ・OS ディスクおよびデータディスクを一括複製できる ・ホスト名を任意に決めて作成できる ・既存の VM は使用可能 ・接続されているディスクごとにコピーする必要がある ・同じホスト名の VM が作成される ・既存の VM は使用可能 ・OS…

0

ゲスト OS 側の NIC のプロパティでIP アドレスを変更するとVMとの接続が失われる事象について

こんにちは! Azure ネットワーク チームの米川です。 ゲスト OS 側の NIC のプロパティで IP アドレスまわりの設定をいじってしまい RDP 接続できなくなるケースが稀にあります。 弊社公式ドキュメントでも、極力 仮想マシンの ゲスト OS の NIC のプロパティで 手動で IP アドレスを変更しないようにとの旨が記載されておりますが、そもそも何故 ゲスト OS 側の NIC のプロパティを変更してはいけないのかを、簡単にご説明したいと思います。   Azure ネットワーク インターフェイスの IP アドレスの追加、変更、削除 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-network/virtual-network-network-interface-addresses#private (一部抜粋) 必要がない限り、仮想マシンのオペレーティング システム内のネットワーク インターフェイスの IP アドレスを手動で設定しないでください。

0

[発売] Azure 定番システム設計・実装・運用ガイド [9/14 増刷決定!]

<English follows Japanese> 皆様、こんにちは。 日本マイクロソフト Azure サポート チーム マネージャーの森下です。  2018 年 9 月 6 日に、「Azure 定番システム設計・実装・運用ガイド」 という書籍が発売されます。   本書の特徴は、著者が全員、現役のマイクロソフトのAzureテクニカルサポートのエンジニアである点です。 テクニカルサポートの部門は、日本マイクロソフトの中で技術の最後の砦と呼ばれており、Azureに関するすべての技術的な課題や問題を最終的に解決する責任を負っています。そうした部門で働く現役のマイクロソフトのAzureエンジニアが、日々お客様からいただく相談をもとに得たノウハウを、なるべく多くのAzure利用者に伝えたいと思い、本書の執筆に至りました。 ノウハウをできるだけ伝えるため、本書は、Azureの機能の紹介や、ステップバイステップ形式での細かい手順といった「機能のWhat」の部分よりも、実際のAzure移行のシナリオに沿って、なぜその機能を使う必要があるのか、どのような点に注意し、何を意識して構成を組むべきかといった、「機能のWhyとHow」の部分を盛り込むよう構成しました。この結果、より実践的な内容になり、これからAzureを利用する人だけでなく、すでにAzureで運用している人にとっても、より機能の理解を深めるために役立てて頂けるかと思います。 クラウドにはクラウドに適した構築方法があり、一般的なオンプレミスや他の自社運用システムとの“違い”を理解しておくことで、クラウドの特性を活かしたシステムを構築することができ、また問題を未然に防ぐもしくは最小化することができます。 本書が、こうしたノウハウを少しでもお伝えすることができ、今後のAzureの安定運用のお役に立てることを願っています。   書籍の詳細や予約はこちらのリンクを参照してください。   日経BP様サイトより Azure定番システム設計・実装・運用ガイド https://shop.nikkeibp.co.jp/front/commodity/0000/P53790/   Amazon.co.jp より http://amzn.asia/d/8xtbJ2X   書籍をご購入いただいたお客様にむけて、PC からリンクを参照できるよう、リンク集も公開いたしました。本を読みながら、Web サイトを参照されるにあたってお役立てください。   [公式リンク集] 2018/9/6 発売 Azure定番システム設計・実装・運用ガイド https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/08/27/azure_book_links/   [On sale!] “Azure System Design・Deployment・Management Guide” [More copies to be printed…


ネットワーク仮想アプライアンス (NVA) 経由で通信できない時のチェックポイント

こんにちは、Azure サポートチームの檜山です。 今回は Azure 上でネットワーク仮想アプライアンス経由で想定どおりに通信ができない時の確認点についてご紹介します。 ネットワーク仮想アプライアンスについて ネットワーク仮想アプライアンス (Network Virtual Appliance: NVA) とはネットワークの機能やサービスが含まれた VM のことで、NVA 用の VM イメージは様々なサードパーティ ベンダが Azure Marketplace からも提供しております。 仮想ネットワーク上に NVA を構成することで、ファイアーウォールや WAN の最適化等の様々な機能を Azure 上で実現することができます。 よくある利用例としては以下のようなものがあります。 特定の VM 間の通信はファイアーウォールを経由させたい 仮想ネットワークでハブ スポークを構成したい Azure ロードバランサー、Azure VPN Gateway、Azure Application Gateway で提供していない機能を使いたい 特定の通信は NAT ルーター経由にしたい NVA については以下もご参照ください。 Network Appliances https://azure.microsoft.com/ja-jp/solutions/network-appliances/ 以下にも NVA のトラブルシューティングについてまとまっておりますので、こちらもご参照ください。 Azure でのネットワーク仮想アプライアンスの問題 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-network/virtual-network-troubleshoot-nva…

0

[公式リンク集] 2018/9/6 発売 Azure定番システム設計・実装・運用ガイド (2018/9/14 更新、増刷決定!)

Azure サポート エンジニアにて共同執筆した、「Azure定番システム設計・実装・運用ガイド」 の書籍に記載のリンク集となります。 本を購入いただいたお客様が、実際にリンクをブラウザーに直接入力するのは不便なため、簡単にアクセスできるよう準備しました。 Azure のドキュメントはリンクが変更される場合があるため、不定期にメンテナンスします。リンク切れなどにお気付きの場合、コメントいただけましたら、早期に修正させていただきます。   Azure定番システム設計・実装・運用ガイド予約受付中 (2018/9/6 発売)    日経BP様サイトより https://shop.nikkeibp.co.jp/front/commodity/0000/P53790/ Rakutenブックス様より https://books.rakuten.co.jp/rb/15571143/ ※ 9/14 追記 (リンク集には変更はありません) 日経BP様より、本書の増刷が決定されました。ご購入いただきました皆様、本当にありがとうございます。 【祝☆増刷】『Azure定番システム設計・実装・運用ガイド』https://t.co/FlL1D8dhu2 おかげさまで一般発売日から1週間で増刷決定!🎊🎉ご購入の皆様に深謝、著者・関係者の皆様にも感謝です。皆様の頑張りが良い結果となりました!まだお読みでないかた、この機会にぜひご一読を!#azurejp pic.twitter.com/AKyrOatlO9 — 日経BP_ITブックス (@NikkeiBP_MSbook) September 13, 2018 <お知らせ> 本書には末尾に付録がついております。付録はダウンロード可能な電子版となりますが、URL に変更がありますので、以下をご参照ください。 【続報】『Azure定番システム設計・実装・運用ガイド』https://t.co/uXYYAIUynn 付録ダウンロードURLの訂正情報を公開しました→https://t.co/alNu8AoF0B 付録のダウンロードはこちらをご覧のうえお願いいたします。ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。 https://t.co/Zg1y9WAzU1 — 日経BP_ITブックス (@NikkeiBP_MSbook) September 11, 2018       第1章 Azureの基本と特徴   1.2 世界的なサービス展開   「Azureデータセンターネットワークインフラストラクチャー」 https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/12/06/azure-datacenter-infrastructure-1/ 「リージョン別の利用可能な製品」…

0

ユーザーへ Azure VM の起動および停止のみを許可する方法

こんにちは。Azure サポートチームの小久保です。 Azure では、ロールベースのアクセス制御 (RBAC) という機能を使用し、アクセスできるリソースを制限したり、リソースへの操作を制限することが可能です。 [参考] ロールベースのアクセス制御 (RBAC) とは https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/role-based-access-control-what-is/ 今回は RBAC を使用し、リソース マネージャ モデル (ARM) VM の起動 / 停止だけをユーザーに許可する方法についてご案内させていただきます。

0

Azure Site Recovery (ASR) でフェールオーバーを行った際に、指定していないサブネットが選択されてしまう

【2018/09/25 追記】本不具合の修正が完了したことを確認致しました。   こんにちは、Azure サポート チームの湯下です。 今回は、Azure Site Recovery (ASR) でフェールオーバーを行った際に、指定していないサブネットが選択される不具合とその対処方法をご案内致します。   ■ 発生シナリオ 本事象は、下記構成の場合に発生します。 ・ソース環境がオンプレミス (Hyper-V、VMware、物理サーバー) 、ターゲット環境が Azure である ・ターゲットの仮想ネットワーク (VNet) にサブネットが複数構成されている (例) VNet「target-vnet」(10.0.0.0/26) にサブネット「FE」(10.0.0.0/26) と「BE」(10.0.0.64/26) が存在する ・Azure ポータルから「レプリケーションを有効にする」ウィザードを実行し、先頭サブネット (上記例では FE) を選択する   ■ 発生事象 ・Azure ポータルから「レプリケーションを有効にする」ウィザードを実行した際に、先頭サブネット (上記例では FE) を選択しているにも関わらず、後続サブネット (上記例では BE) が選択されてしまう      この設定状況でフェールオーバーを行うと、「FE」サブネットではなく「BE」サブネットに VM がプロビジョニングされます。 なお、現在のターゲット サブネットの設定は、以下の手順で確認出来ます。   (1) Azure ポータルにサインインします。…