Azure サポート エンジニア募集中!

日本マイクロソフトの Azure サポートでは、Azure のお客様を日々支えるサポート エンジニアを募集しています! 未曾有の成長・変革のまっただ中であるパブリック クラウドに携わる刺激的な毎日になります。お客様を支えるという最も大事な業務を通じて、Azure の未来を一緒に作り上げていきませんか。

0

Azureディスクストレージの種類(2018年6月現在)

こんにちは。Azureサポートチームの三國です。 今回は2018年6月時点での、仮想マシンに用いることができるディスクの種類について解説を致します。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 目次 1. はじめに – ディスクストレージの種類 2. ディスクストレージを選ぶ時のポイント 3. Azureにおけるディスクと仮想マシンとのアクセス方法 4. 管理ディスクと非管理対象ディスクの違い 5. 管理ディスクのPremium SSD, Standard SSD, Standard HDDの違い 6. 非管理対象ディスクのGPv2とGPv1の違い 7. 非管理対象ディスクのPremium SSDとStandard HDDの違い 8. まとめ 1. はじめに – ディスクストレージの種類 2018年6月時点において、Azure仮想マシンが使用できるディスクの種類は以下のようになっております。 今回のご案内内容は赤枠となります。 2017年頃より管理ディスクが利用できるようになったのを皮切りに、Azureでは様々な選択肢でディスクを選べるようになりました。このブログでは、出来るだけわかりやすく、それぞれの違いについてご案内できるようにいたします。 なお、Standard SSDについては2018年6月時点では地域を限定したプレビューの状態です(参考URL: 1-1)。 また、先に推奨を書かせて頂きますと、迷ったら管理ディスクを使われることが機能面でおすすめです。その後コストや用途でPremiumかStandardを選択頂くのがよろしいかと存じます。コストを最重視される場合は非管理対象ディスクのStandard HDDをご検討ください。 -参考URL: 1-1 (Preview) Standard SSD Disks for Azure Virtual machine workloads https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/preview-standard-ssd-disks-for-azure-virtual-machine-workloads/ 2. ディスクストレージを選ぶ時のポイント…

0

(PowerShell編)Azure仮想マシン(管理ディスク)の交換を活用して元のネットワークにリストアする

こんにちは。Azure サポートチームの三國です。 今回は2018年4月にリリースされた、管理ディスクの交換(スワップ)機能を用いて 仮想マシンを元のネットワークにリストアする方法をご案内します。 本ブログはAzure PowerShell編です。ポータルでの手順は以下の投稿をご参照下さい。 http://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/05/30/restore-vm-by-swap-manageddisk/ ‎ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 注意事項 Azure PowerShell のバージョンは 6.1.0 にて検証を行っておりますが、バージョンによってパラメータが異なる可能性や実行頂けない可能性があります。 ストレージアカウントにvhdが作成され、管理ディスクが新規で作成されます。 リストアする仮想マシンの情報を記載したjsonファイルがPowerShell実行元のローカルにダウンロードされます。 バックアップは別途取得頂く必要がございます。 仮想マシンの停止が発生します。 仮想マシンのリストアが行われますので、実行には長時間を要します。 サンプルのスクリプトである為、責任は一切負いかねます。十分に検証いただいた上でご利用をお願いいたします。 はじめに Azure Backupでの仮想マシンの復元には2つの選択肢があります。 – 特定の時点のバックアップ VM である VM を新しく作成する。 – ディスクを復元し、そのプロセスに含まれるテンプレートを使用して、復元された VM をカスタマイズするか、個別にファイルを回復する。 (参考) Azure Portal を使用して仮想マシンを復元する https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-arm-restore-vms しかし、可能であれば復元前の仮想マシンと同じネットワークにリストアしたいというニーズも強くあるかと存じます。 そこで、以下のような手順で実現する方法をご案内いたします。 1. 仮想マシンのディスクをVHDに復元する 2. VHDを管理ディスク化する 3. 復元後のディスクを復元前のディスクと交換する(仮想マシンの停止が伴います) これは、2018年4月より管理ディスクでも可能になった機能を用いております。 (参考) Managed Virtual Machines で OS ディスク…

0

ポイント対サイト VPN の TLS に関するアナウンス

現在、Azure の仮想ネットワーク環境において、ポイント対サイト VPN 接続をご利用いただいているお客様向けに「対応が必要: Windows 7 および Windows 8 のポイント対サイト VPN クライアントを 2018年7月1日 までに更新してください」(Update Windows 7 and Windows 8 point-to-site VPN clients for PCI compliance)というタイトルのメールがお手元に届いているかと思います。こちらのメールの内容について、本ブログにて少し補足させていただきます。 なお、今回の変更は、あくまでポイント対サイト VPN 接続で利用される SSTP に影響を与えるものであり、サイト対サイト VPN 接続や Mac OS や Linux のポイント対サイト接続 VPNで使用されている IKE プロトコルには影響がございません。 TLS 1.0 および 1.1 のサポート終了 ポイント対サイト VPN 接続で利用されている SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)では、その暗号化通信の機能として TLS を利用しています。 これまで、Microsoft…

0

Azure仮想マシン(管理ディスク)の交換を活用して元のネットワークにリストアする

こんにちは。Azure サポートチームの三國です。 今回は2018年4月にリリースされた、管理ディスクの交換(スワップ)機能を用いて 仮想マシンを元のネットワークにリストアする方法をご案内します。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 はじめに Azure Backupでの仮想マシンの復元には2つの選択肢があります。 – 特定の時点のバックアップ VM である VM を新しく作成する。 – ディスクを復元し、そのプロセスに含まれるテンプレートを使用して、復元された VM をカスタマイズするか、個別にファイルを回復する。 (参考) Azure Portal を使用して仮想マシンを復元する https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-arm-restore-vms しかし、可能であれば復元前の仮想マシンと同じネットワークにリストアしたいというニーズも強くあるかと存じます。 そこで、以下のような手順で実現する方法をご案内いたします。 1. 仮想マシンのバックアップを行う 2. 仮想マシンのディスクをVHDに復元する 3. VHDを管理ディスク化する 4. 復元後のディスクを復元前のディスクと交換する これは、2018年4月より管理ディスクでも可能になった機能を用いております。 (参考) Managed Virtual Machines で OS ディスク スワップの一般提供を開始 https://blogs.technet.microsoft.com/jpitpro/2018/05/11/os-disk-swap-managed-disks/ それでは、実際に手順をご案内します。イメージが伝わるよう、できるだけポータルでの操作でご紹介します。 環境説明 今回は、以下の構成となっております。 ディスク: 管理ディスクx2 (OSディスク、データディスク) ネットワークインターフェースや可用性セットは特に意識する必要はございません。 1. 仮想マシンのバックアップを行う 仮想マシンの画面より バックアップ =>…

0

Azure エンジニアが解説する落ちないサービス入門

こんにちは、Azure サポートの石井です。 Azure において様々に存在する、ダウンタイムを避けるサービスをまとめてみました。 システムは止まってしまう、という事実を知ることからはじまり、本当に落ちないサービスを目指す様々なソリューション群を紹介しています。

0

Azure Backup のファイル復元(インスタント リストア)で復元ポイントが正常にマウントされない

こんにちは、Azure サポート チームの世古です。 今回は Azure IaaS VM のバックアップの復元機能の 1 つであるファイル復元失敗時の対処方法についてご案内いたします。 まず一般的な問題としては、リストア対象の環境での制限がある場合です。以下が 3 つが主な要因です。 ・ネットワーク制限の場合 参考: ファイル復元時のiSCSIターゲットエラー (Exception caught while connecting to Target) の対処法 1. download.microsoft.com へ接続可能であること。 2. 取得されたバックアップに接続するため、インターネットへの HTTP (80) 接続とHTTPS (443) 接続が可能であること。 3. iSCSI 接続のため 3260 ポートへ接続可能であること。 ・サポートされた OS でない場合 参考: システム要件 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-restore-files-from-vm#system-requirements ・特殊な構成のバックアップ 参考: 特殊な構成 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-restore-files-from-vm#special-configurations   上記構成には該当せずファイル復元が出来ない場合には、対象の環境において復元ポイントをマウントしているものの自動でオンラインにならない問題に該当している可能性がございます。その場合には、ディスクの管理 (diskmgmt.msc) から現在接続されているディスクを確認し、ファイル復元時に追加されているディスクが見えているか、またそのディスクがオフライン状態の場合には手動でオンラインに変更し、対象のディスクにアクセス出来、ファイルの復元が可能かご確認ください。以下手順についてご紹介します。 Windows の検索で “ディスクの管理” を検索し開きます。 接続されているディスクに復元処理で追加されたディスクがあるか確認します。 追加されたディスクがあり、オフライン状態の場合には、右クリックして[オンライン]を選択します。…


5 月のセキュリティ更新を適用後、Windows 仮想マシンに RDP 接続時にエラーが発生する事象の回避策

Azure サポート部の石井です。   5 月第 2 週目頃から、突然 Windows 仮想マシンに RDP すると以下のエラーが出て接続が出来なくなったというケースが報告されています。     このエラーは、5 月にリリースされたセキュリティ更新プログラムの影響です。接続元側にのみ、5 月の更新プログラムが適用されており、接続先の VM に 3 月以降の更新プログラムが未適用の場合に当該の状況が発生します。Windows Update の自動更新をせず、自社にてタイミングを管理しているようなお客様に該当する恐れがあります。 以下の Windows サポート部門からの情報に詳しくまとめられていますので、お読みいただき、回避策を実施下さい。   2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響 https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/02/2018-05-rollup-credssp-rdp/ 端的にいうと、以下の対策となります。 1. 回避策の項にある 1 ないしは 2 をクライアント側で実施することで、まずはエラーを回避して RDP 接続が行えるようになります。 2. サーバー側で “5. 参考情報” に記載のセキュリティ更新プログラムを適用します。 -> 更新プログラムの適用が難しい場合、サーバー側でポリシーを当てることで回避が出来ますが、セキュリティ レベルが低くなるため、あくまで暫定回避策とお考え下さい。 <5/27 更新> 以下の事象は解消済みです。 ※ 補足: Azure…

0

Azure ディスクリソースと仮想マシンディスクの関連付け方法

こんにちは。Azure サポートチームの田添です。 本稿では、仮想マシンにアタッチされている Azure のディスクリソースと仮想マシンから認識しているディスクとの関連付け方法についてご紹介いたします。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 工程概要 Azure ディスクリソースと仮想マシンから認識されるディスクとの関連付けは、”LUN (Logical Unit Number)” を用いて行います。 Azure ポータルにて確認される LUN と仮想マシンにて確認される LUN が一致するディスクが同一ディスクでございます。 Azure ポータルからの LUN 確認方法 ARM モデルの仮想マシンの場合 “すべてのサービス” -> “Virtual Machines” -> “ディスク” より、仮想マシンにアタッチされたディスク一覧を表示 各データディスクに対応する “LUN” 列の番号を確認 クラシックモデルの仮想マシンの場合 “すべてのサービス” -> “Virtual Machines” -> “ディスク” より、仮想マシンにアタッチされたディスク一覧を表示 確認対象ディスクを選択 “論理ユニット番号 (LUN)” を確認   仮想マシンからの LUN 確認方法 Windows 仮想マシンの場合 “Windows +…

0

Nested Hyper-V の VM からの外部への通信について

こんにちは、Azure サポート部の石井です。   前回、Nested Hyper-V を使って、Azure 環境で VM の中で VM を動作させるという内容をご紹介しました。   Nested Hyper-V を使った VM の復旧 https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/10/13/recover_vm_using_nested_hyperv/   前回の記事では、「RDP できない VM の復旧」ということが主目的として、あくまで「コンソール接続をして、適宜復旧作業をする」ことを想定し、Nested Hyper-V を構築しました。 今回は、何かの理由でこの Nested Hyper-V 上の VM から、外部に通信をする必要がある場合の設定や、制限についてご紹介します。   – 前置き Azure では、Azure IaaS の VM に対して、Azure 基盤側の仮想ネットワークから内部 IP アドレスを配っています。 静的な内部 IP アドレスであったとしても、DHCP サーバー経由で割り当てられるという意味になります。 VM on VM (Nested VM と呼びます) の場合、つまり Azure…

0