【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI による常時監視: 警備員の仕事に革命

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI による常時監視: 警備員の仕事に革命 AI による常時監視: 警備員の仕事に革命 世界でもっとも安全な都市の 1 つであるシンガポールのセキュリティー会社 Certis は、監視カメラを常に監視するという従来の安全管理方法に課題を感じ、 AI を導入しました。従来、警備員が行っていた監視カメラを通しての問題の監視と識別を AI で管理することにより、セキュリティ担当者は人間のやり取りを必要とする状況を処理することのみに集中できるようになりました。また、同時に労働力不足という問題も解決することができました。 この記事を読む(リンク先のページは英語です) AI 観光ガイドとする日本旅行 毎年、世界中から多くの観光客が日本を訪れます。そんな訪日外国人観光客にとって夢のようなサービスがリリースされました。 AI 搭載型のチャットボット「Miko」です。日本での観光体験を向上させるために開発されたチャットボット Miko は、旅行者の言語の壁を取り除き、宿泊予約から旅程の作成までしっかりとサポートします。また、旅行者を最高の食体験を提供するために、お店選びから予約まですべて AI が行います。食事以外でも、多くのサービスやエンターテインメントのチケットの購入も可能です。 この記事を読む(リンク先のページは英語です) AI 対応フォークリフト AI 対応フォークリフト グローバル e コマースの取引額は、年間 20% 以上成長し、2022 年までには 5.8 兆ドル規模にに達すると予測されています。これを受けて、トヨタ マテリアル ハンドリング グループは、同社の顧客が e コマースの増加に対応できるよう、AI、複合現実、そして IoT に目を向けています。ハノーバーメッセショーでは、仮想モデルを使って顧客の倉庫のナビゲーションを素早く学習するインテリジェントフォークリフトについてのビジョンを発表しました。また、Azure IoT Edge を活用して、顧客のフォークリフトの使用状況を追跡してメンテナンスを最適化し、倉庫の効率と安全性を向上させるためのフリート管理システムを開発も予定しています。 この記事を読む(日本語)…


【New in AI: 世界の AI 活用事例】製造業特集

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI による変化の風 AI でつくる高品質牛乳 オーストラリアは乳製品の輸出量世界第 3 位の酪農大国です。先日、同国企業の ACM が、ヒューマンエラーと二次汚染のリスク軽減のため、機械学習を利用した牛乳加工と製造施設のハイテク化に 5,500 万米ドルを投資しました。同社は Azure Cognitive Services とデータインサイトを活用して牛乳の品質を最適化および、残業代を約 10 万ドルの削減、さらに、破棄される牛乳による環境コストの削減に成功しました。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI による変化の風

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI による変化の風 干ばつが迫る? AI で正確な気象予測 天候は人々の服装から干ばつ時の水管理まで、さまざまな形で私たちの生活に影響を与えています。気象予測の信頼性は年々高まっているとはいえ、さまざまな変数が絡む気象パターンを予測することは困難でした。そこで、Atmospheric and Environmental Research の気候学者ジューダ・コーエン氏は AI for Earth の支援を受け、過去のデータを組み合わせて分析するための機械学習ソリューションを開発しました。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI が細胞研究を加速

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI が細胞研究を加速 AI による細胞研究の加速 生物工学は継続的な試行錯誤による退屈なプロセスであり、実験の成功までには数か月から数年もかかります。 しかし、AI を活用する「Station B」というプロジェクトでは、科学者は面倒なラボテストなしで、複雑なシナリオをモデル化し、同じ実験をさまざまな設定で再現することができます。人工タンパク質のテストから低炭素燃料の設計まで、AI の技術がいま、生物学に革命を起こしています。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI と交通安全 : 高速道路を監視する新たな目

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI と交通安全 : 高速道路を監視する新たな目 タイでは、交通事故で 1 日に約 66 人もの人が亡くなります。そして、その交通事故の多くが、混雑している高速道路で無謀な運転をするドライバーや疲れによって引き起こされたものです。タイ国内最大手の石油化学会社 GC は、その中でも危険なルートを毎年 8,000 回以上従業員に往復させています。4,000 人以上のスタッフやほかの道路利用者の安全を保つため、GC は Microsoft と提携して「AI for Road Safety」ソリューションを開発しました。このソリューションは、人工知能を使用して運転者の行動を監視し、眠気や気を散らすような状況に陥った際に警告します。管理者は必要に応じて、救援ドライバーを派遣することもできます。


医療業界での Microsoft AI 事例: データと AI を活用し、がんと闘うヨーロッパの臨床医と患者

マイクロソフトレポーター 2019 年 2 月 4 日   将来有望な俳優、ファビアン・ボリンが白血病に罹ったことがわかったのは、彼がちょうど 28 歳のときでした。がんの診断結果が彼の将来を暗くさせ、彼は何もやる気がおきませんでした。   このような気持ちは、多くのがん患者に共通しています。   毎年、ヨーロッパでは推定 370 万の新しいがんの症例が発見され、190 万人ががんによって死亡しています。世界保健機関によると、ヨーロッパの人口は全世界の 8 分の 1 しかないにもかかわらず、世界のがん患者の 1/4 を占めています。実際には、がんは心血管系副作用を含めると死因の第 2 位になっています。   ヨーロッパは世界最高の、最も確立された医療システムを有していますが、がんは未だに手ごわい相手のままです。現在、大手医療機関や組織は、人工知能 (AI) などの技術を活用して患者への関与とサポートを行い、医師と協力して研究を促進させています。病気を管理し克服するために、一歩ずつ前進しているのです。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI と MR の活用によって生まれる新たな可能性

【New in AI: 2019/03/06】AI と MR の活用によって生まれる新たな可能性
【New in AI: 2019/03/06】AI と MR の活用によって生まれる新たな可能性

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 New in AI – 2019年3月6日更新: AI と MR の活用によって生まれる新たな可能性 米国の病院では毎年およそ 100 万人の患者が、世界規模で見ればさらに多くの患者が、自力でベッドから起き上がろうとして転落しています。米 Ocuvera は、Azure Kinect の深度検知カメラと AI アルゴリズムを活用することでこの問題を解決しようとしています。このツールは、援助を必要とする患者がベッドから転落しそうになるとそれを検知し、看護師に通知します。スペインのバルセロナで開催された MWC 2019 で発表された、同じ深度検知カメラは、新しい HoloLens 2 でも使用されており、 AI を活用することで周囲の状況をよりスマートに把握することができます。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI で仏像の表情を読み取る

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 New in AI – 2019年2月27日更新: AI で仏像の表情を読み取る 奈良の興福寺にある阿修羅 (あしゅら) をご覧になったことはあるでしょうか。奈良大学は Azure Cognitive Services の  Face API を活用することで、この表情の解明を試みました。AI の分析の結果、顔の右側からは悲しみ、左側からは喜びの感情が測定されました。このプロジェクトの結果を活用したウェブサイトでは、ユーザーがアップロードした顔写真の表情から感情を分析し、ユーザーの感情に最も近い仏像を算出、マッチングするサービスが提供されています。21 世紀の技術によって、人は古代美術とより個人的なつながりを持つことできるようになりました。


【New in AI】マイクロソフト AI の世界各地の事例を紹介 (2019/2/18)

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 New in AI – 2019年2月18日更新: ヘルスケア特集 がん治療を AI でサポート、AI でがんを治せるか ? 現在、世界中の 6 人に 1 人ががんで亡くなっています。2018 年だけで新たに 1,700 万ものがんの症例が診断されました。元がん患者であるファビアン・ボーリン氏はこの現状を打破するために、テクノロジーに着目し、がん患者とその家族が経験を共有するためのソーシャルネットワーク、WarOnCancer を立ち上げました。このネットワーク上では、さまざまなグループの患者がどこでどのように治療されているかなどの経験を AI で分析し、欠点と利点を検出します。


【New in AI】マイクロソフト AI の世界各地の事例を紹介

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 New in AI – 2019年2月6日更新: 飢餓問題と戦う AI 2030 年までに AI で世界の飢餓問題を解決できるか? 世界では年間 310 万人もの子どもたちが栄養不足により亡くなっています。インドのマディヤプラデシュ州では、5 歳未満の子どものうち 42.8% が低体重で苦しんでいます。しかし、援助団体の現場スタッフがこれらの子どもたちが栄養失調に罹患しているかどうかを正確に診断することは困難です。この課題を解決するのが、マイクロソフトが開発した AI 搭載型アプリケーション Child Growth Monitor です。