【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI 活用で加速する、障害を持つ人々への支援

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI 活用で加速する、障害を持つ人々への支援 New in AI ― 2019年5月23日 AI 活用で加速する、障害を持つ人々への支援 現在、世界中で 10 億人を超える障害者が暮らしています。生まれつき手足に障害を持っていたジョン・ロビンソンもそのひとりです。彼は、自身が就職活動において苦労した経験から、 AI チャットボットを活用して障害者をビジネスと結びつけ、よりよい就職先を見つける手助けをするための組織を立ち上げました。オミッド・カバヘイは Azure の機械学習を使用して、運転中のてんかん患者の発作を予測し、発作が起こる前に運転手を安全に道路から逸れることを可能にするウェアラブル キャップを開発しました。ジョンとオミッドはどちらも Microsoft AI for Accessibility の受領者の 1 人です。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】インド人学生が AI 搭載の汚染防止マスクを開発

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI による変化の風 インド人学生が AI 搭載の汚染防止マスクを開発 世界の主要都市でもっとも大気汚染が進んでいる都市ニューデリー。この都市での生活が、5 人のインド人学生を Caeli の開発へと駆り立てました。 Caeli は呼吸器系疾患をもつ人を助けるための AI 搭載型フェイスマスクで、ネブライザーから吐出される薬の管理、周囲の大気の質の通知、そして装着者をもっとも大気汚染が少ない経路で目的地まで案内する機能が備え付けられています。この Caeli を開発したチームは、イマジンカップにおいてアジアリーグを突破し、世界大会では準優勝という結果を残しました。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】アースデイ特集

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI による変化の風 AI が海のゴミを減らす 2005 年、メキシコの海岸プエルトエスコンディドでサーフィンをしていたカムデン・ハウットの顔面を突如おむつが襲いました。それに嫌悪感を抱いた彼は岸に戻ると今度は捨てられた便座の上につまずきます。メキシコを離れ、地球を半周してニュージーランドに帰国したハウットは、ニュージーランドの海岸にも大量のゴミが流れついている光景を見て心を痛め、美しい地球を守るために人生をささげようと決心します。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI は自動車保険の課題を取り除く

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI は自動車保険の課題を取り除く New in AI ― 2019年6月3日 AI は自動車保険の課題を取り除く 自動車事故の際の損害調査に時間がかかり保険契約者が何日も運転をすることができないということが時にあります。毎年 2 億 3,000 万台以上の自動車が 5 億件もの自動車事故を起こすインドでは、損害調査をより効率化する必要がありました。そこで、ICICI Lombard は Microsoft と提携して、インド初の AI 対応の自動車損害調査アプリ「Insure」を開発しました。このアプリケーションは、保険契約者が事故を起こした際に車の画像を撮ってアプリにアップロードするだけで、AI が画像を分析して損害を特定、瞬時に修理費用の見積もりを出すことができます。このモジュールは年内に発売される予定で、同社は毎月 8 万件以上の請求を事故当日中に処理することを目指しています。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI による常時監視: 警備員の仕事に革命

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI による常時監視: 警備員の仕事に革命 AI による常時監視: 警備員の仕事に革命 世界でもっとも安全な都市の 1 つであるシンガポールのセキュリティー会社 Certis は、監視カメラを常に監視するという従来の安全管理方法に課題を感じ、 AI を導入しました。従来、警備員が行っていた監視カメラを通しての問題の監視と識別を AI で管理することにより、セキュリティ担当者は人間のやり取りを必要とする状況を処理することのみに集中できるようになりました。また、同時に労働力不足という問題も解決することができました。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】製造業特集

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI による変化の風 AI でつくる高品質牛乳 オーストラリアは乳製品の輸出量世界第 3 位の酪農大国です。先日、同国企業の ACM が、ヒューマンエラーと二次汚染のリスク軽減のため、機械学習を利用した牛乳加工と製造施設のハイテク化に 5,500 万米ドルを投資しました。同社は Azure Cognitive Services とデータインサイトを活用して牛乳の品質を最適化および、残業代を約 10 万ドルの削減、さらに、破棄される牛乳による環境コストの削減に成功しました。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI による変化の風

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI による変化の風 干ばつが迫る? AI で正確な気象予測 天候は人々の服装から干ばつ時の水管理まで、さまざまな形で私たちの生活に影響を与えています。気象予測の信頼性は年々高まっているとはいえ、さまざまな変数が絡む気象パターンを予測することは困難でした。そこで、Atmospheric and Environmental Research の気候学者ジューダ・コーエン氏は AI for Earth の支援を受け、過去のデータを組み合わせて分析するための機械学習ソリューションを開発しました。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI が細胞研究を加速

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI が細胞研究を加速 AI による細胞研究の加速 生物工学は継続的な試行錯誤による退屈なプロセスであり、実験の成功までには数か月から数年もかかります。 しかし、AI を活用する「Station B」というプロジェクトでは、科学者は面倒なラボテストなしで、複雑なシナリオをモデル化し、同じ実験をさまざまな設定で再現することができます。人工タンパク質のテストから低炭素燃料の設計まで、AI の技術がいま、生物学に革命を起こしています。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI と交通安全 : 高速道路を監視する新たな目

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI と交通安全 : 高速道路を監視する新たな目 タイでは、交通事故で 1 日に約 66 人もの人が亡くなります。そして、その交通事故の多くが、混雑している高速道路で無謀な運転をするドライバーや疲れによって引き起こされたものです。タイ国内最大手の石油化学会社 GC は、その中でも危険なルートを毎年 8,000 回以上従業員に往復させています。4,000 人以上のスタッフやほかの道路利用者の安全を保つため、GC は Microsoft と提携して「AI for Road Safety」ソリューションを開発しました。このソリューションは、人工知能を使用して運転者の行動を監視し、眠気や気を散らすような状況に陥った際に警告します。管理者は必要に応じて、救援ドライバーを派遣することもできます。


医療業界での Microsoft AI 事例: データと AI を活用し、がんと闘うヨーロッパの臨床医と患者

マイクロソフトレポーター 2019 年 2 月 4 日   将来有望な俳優、ファビアン・ボリンが白血病に罹ったことがわかったのは、彼がちょうど 28 歳のときでした。がんの診断結果が彼の将来を暗くさせ、彼は何もやる気がおきませんでした。   このような気持ちは、多くのがん患者に共通しています。   毎年、ヨーロッパでは推定 370 万の新しいがんの症例が発見され、190 万人ががんによって死亡しています。世界保健機関によると、ヨーロッパの人口は全世界の 8 分の 1 しかないにもかかわらず、世界のがん患者の 1/4 を占めています。実際には、がんは心血管系副作用を含めると死因の第 2 位になっています。   ヨーロッパは世界最高の、最も確立された医療システムを有していますが、がんは未だに手ごわい相手のままです。現在、大手医療機関や組織は、人工知能 (AI) などの技術を活用して患者への関与とサポートを行い、医師と協力して研究を促進させています。病気を管理し克服するために、一歩ずつ前進しているのです。