スケールする深層学習フレームワーク Cognitive Toolkit 2.0 を公開

[2017 年 6 月 1 日]   本日、マイクロソフトのオープンソースで、企業向けの品質で開発された深層学習フレームワーク Cognitive Toolkit 2.0 が一般提供開始されました。これは前に CNTK と呼ばれていたフレームワークで、2016 年 10 月にベータ版が登場し、今年の 4 月 3 日に製品候補版 (RC) が出ていたものです。複数の GPU、複数のマシンで大量のデータセットを用いてニューラルネットワークの計算を行う場合に効果的にスケールするのが特長です。 他のフレームワークとベンチマークを行うと、単体 GPU でも最善のパフォーマンスが得られます。   出典: http://dlbench.comp.hkbu.edu.hk/


マイクロソフトの音声認識技術、人間と同等の認識率を達成

[2016 年 10 月 18 日] Microsoft Artificial Intelligence and Research の研究チームは、文字起こしの専門家よりも誤認識率が低い音声認識システムを開発したと発表しました。業界標準のベンチマークテスト Switchboard 会話認識タスクにおける WER(Word Error Rate:単語誤認識率)は5.9% で、先月同チームにより報告されたばかりの6.3%よりもさらに向上しています。5.9%という誤認識率は、同じ会話の文字起こしを行なった人間と同等であり最高記録です。研究チームが1年前に設定した目標を上回り、同時にあらゆる人の予測をも越えました。


マイクロソフト、オープンソースの深層学習フレームワーク CNTK 1.0 を GitHub で公開

[2016 年 1 月 25 日]   マイクロソフトはこの度、自社の研究者が人工知能の研究に使っていたツールを広く開発者向けにリリースされました。いままでベータ版が公開されていたオープンソースの Computational Network Toolkit (CNTK) と呼ばれるツールの正式版を GitHub に公開しました。これは昨年 4 月より大学研究者向けに、より限定されたオープンソースライセンスで Codeplex 上に公開していたものの正式版です。