マイクロソフト、次世代の機械学習ツールと AI 開発ツールを発表

[2017 年 9 月 25 日]   米国フロリダ州のオーランドで 9/25~9/29 で開催されている Microsoft Ignite 2017 において、マイクロソフトの様々な最新 AI テクノロジーのロードマップが公開されました。新しい次世代の機械学習ツールの発表、Visual Studio に統合された AI 開発環境の提供、そしてプレビューで提供されている様々なツールや API の一般提供開始、などです。この記事では主なアップデートをまとめました。


マイクロソフトとフェイスブック、AI フレームワークの相互運用性を確保する仕組み「ONNX」を公開

[2017 年 9 月 7 日]   本日、マイクロソフトはフェイスブックと一緒に AI フレームワーク間の相互運用性を保つための共通フォーマット Open Neural Network Exchange (ONNX) フォーマットを発表しました。従来、深層学習モデルを開発するためのフレームワーク (Tensorflow, Caffe, PyTorch, Chainer など) は、ひとつを選択するとそこで作成したモデルは他のフレームワークへの移行ができず、深層学習モデルを開発する際の大きな課題の一つとなっていました。ONNX はこの課題を解決するために考案されました。


スケールする深層学習フレームワーク Cognitive Toolkit 2.0 を公開

[2017 年 6 月 1 日]   本日、マイクロソフトのオープンソースで、企業向けの品質で開発された深層学習フレームワーク Cognitive Toolkit 2.0 が一般提供開始されました。これは前に CNTK と呼ばれていたフレームワークで、2016 年 10 月にベータ版が登場し、今年の 4 月 3 日に製品候補版 (RC) が出ていたものです。複数の GPU、複数のマシンで大量のデータセットを用いてニューラルネットワークの計算を行う場合に効果的にスケールするのが特長です。 他のフレームワークとベンチマークを行うと、単体 GPU でも最善のパフォーマンスが得られます。   出典: http://dlbench.comp.hkbu.edu.hk/


深層学習を加速する GPU 搭載 Azure 仮想マシン (N シリーズ) を一般提供開始

  NVIDIA® GPU が搭載された、新しい Azure N シリーズの仮想マシンの一般提供が 2016 年 12 月 1 日から開始されます。GPU アクセラレーションを活用した業界最先端のコンピューティング性能を利用できます。米国中南部、米国東部、西ヨーロッパ、東南アジアでグローバルに提供され、いずれのリージョンでも 12 月 1 日からご利用いただけます。   Azure NC Virtual Machines – GPU コンピューティング