小売業界の AI 戦略 (4/6) EC サイトのようなショッピング体験を実店舗で実現する AI

EC サイトのようなショッピング体験を実店舗で実現する AI EC サイトでは、豊富なデータを活用してお客様ごとにパーソナライズされたサービスを提供しています。一方、実店舗ではオンラインのように最適化されたサービスが提供できないと思われがち。しかし、AI アーキテクチャを導入し、コネクテッド テクノロジやコグニティブサービスを駆使することで、オンラインのようなパーソナライズされた世界が実店舗でも再現できるのです。 実店舗でのパーソナライズされたショッピング体験を推進する AI トレンド 5 選


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI で仏像の表情を読み取る

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 New in AI – 2019年2月27日更新: AI で仏像の表情を読み取る 奈良の興福寺にある阿修羅 (あしゅら) をご覧になったことはあるでしょうか。奈良大学は Azure Cognitive Services の  Face API を活用することで、この表情の解明を試みました。AI の分析の結果、顔の右側からは悲しみ、左側からは喜びの感情が測定されました。このプロジェクトの結果を活用したウェブサイトでは、ユーザーがアップロードした顔写真の表情から感情を分析し、ユーザーの感情に最も近い仏像を算出、マッチングするサービスが提供されています。21 世紀の技術によって、人は古代美術とより個人的なつながりを持つことできるようになりました。


小売業界の AI 戦略 (3/6) AI で生まれる新たなチャンス ~ シームレスな商品の提案が可能に

AI で生まれる新たなチャンス ~ シームレスな商品の提案が可能に AI を活用することで、小売業界には新たなチャンスが生まれます。そのひとつが、お客様に対してシームレスに商品を提案できること。忙しい日々を送っているお客様は、自分で商品を探す時間さえ確保するのが難しく、小売業者側に自分の好みの商品を選んでもらいたいと考えているためです。 こういったお客様の要望に応えられるのが、AI によるデジタル アシスタントや自動検索エンジン、データを駆使した強力な分析機能や予測機能です。これらの技術で商品を直感的に閲覧できるようにすることで、お客様は効率的に自分の求めている商品にたどり着くことができるのです。 シームレスな商品提案を推進するための AI トレンド 5 選


小売業界の AI 戦略 (2/6) 未来のショッピング体験を実現するための AI トレンド

未来のショッピング体験を実現するための AI トレンド 小売業界で新たな消費者ニーズに対応するため欠かせなくなってきた人工知能 (AI)。では、この技術を活用することで、実際にどのような世界が展開されるのでしょうか。 販売チャネルからマーケティングまで、さまざまな分野で活躍する AI ・適応力の高い EC サイトの構築 AI によって最も大きな変革を遂げているのは EC サイトです。AI で適応力が高まったサイトでは、顧客の過去の購買履歴や行動などから、サイト上でのショッピング体験を個別にカスタマイズできるのです。


【New in AI】マイクロソフト AI の世界各地の事例を紹介 (2019/2/18)

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 New in AI – 2019年2月18日更新: ヘルスケア特集 がん治療を AI でサポート、AI でがんを治せるか ? 現在、世界中の 6 人に 1 人ががんで亡くなっています。2018 年だけで新たに 1,700 万ものがんの症例が診断されました。元がん患者であるファビアン・ボーリン氏はこの現状を打破するために、テクノロジーに着目し、がん患者とその家族が経験を共有するためのソーシャルネットワーク、WarOnCancer を立ち上げました。このネットワーク上では、さまざまなグループの患者がどこでどのように治療されているかなどの経験を AI で分析し、欠点と利点を検出します。


小売業界の AI 戦略 (1/6) 購入体験にAIを ~ 新たな消費者ニーズに対応する AI 活用

購入体験に AI を ~ 新たな消費者ニーズに対応する AI 活用 「この商品を買った人は、こんな商品も買っています」—オンラインショッピングサイトでよく見かける商品のレコメンデーション (お薦め) 機能です。オンラインの世界では、消費者の行動や好みに基づいて小売業者側が消費者のニーズを把握し、その人に合った商品を提案することが普通に行われています。 これまで消費者が買い物の際に重視していた点は主にこの 3 つです。 ・価格 ・選択肢の豊富さ ・利便性 この 3 つはすべてオンライン ショッピングで満たされるようになりました。豊富なセレクションの中から安価な製品を選び、自宅にいながらにして買い物ができるのが、今では当たり前のことになったのです。このような世界に慣れてしまった消費者は、価格や選択肢、利便性といった視点を超えた、新しいショッピング体験を求めるようになりました。


【New in AI】マイクロソフト AI の世界各地の事例を紹介

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 New in AI – 2019年2月6日更新: 飢餓問題と戦う AI 2030 年までに AI で世界の飢餓問題を解決できるか? 世界では年間 310 万人もの子どもたちが栄養不足により亡くなっています。インドのマディヤプラデシュ州では、5 歳未満の子どものうち 42.8% が低体重で苦しんでいます。しかし、援助団体の現場スタッフがこれらの子どもたちが栄養失調に罹患しているかどうかを正確に診断することは困難です。この課題を解決するのが、マイクロソフトが開発した AI 搭載型アプリケーション Child Growth Monitor です。


【先駆け! AI 塾】分析・自動化だけじゃない! AI で新たな価値創出

「先駆け! AI 塾」ブログ 本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。   Chapter 1-4: 分析・自動化だけじゃない! AI で新たな価値創出 最近、世界的なキーワードとして「第四次産業革命」という言葉が話題になっています。蒸気機関の第一次、電力による大量生産が可能になった第二次、コンピューターとインターネットが台頭した第三次に続く第四の波。この革命を起こすものとされるのが AI と IoT です。少々大げさな話にも聞こえますが、 AI は産業界だけでなく、社会全体の仕組みをも根本から変える可能性を秘めています。本ブログではこれまで 3 回にわたり AI のビジネス活用を考えてきましたが、最終となる今回は、AI 導入によって生まれる新たな価値について、IPA (独立行政法人情報処理推進機構) の古明地 正俊 (こめいち まさとし) 氏にご意見をいただきながら検証します。


【先駆け! AI 塾】AI をビジネスで「使いたくない」その理由とは?

  「先駆け! AI 塾」ブログ 本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。   Chapter 1-3: AI をビジネスで「使いたくない」その理由とは? AI の研究・開発が世界的な規模で進み、実際にビジネスシーンで AI を活用する取り組みも本格化する中、一方では、導入に対してある種の不安や抵抗を抱いている人も少なくありません。その理由としてよく耳にするのが「お金がかかるだけで、大した効果は望めないだろう」との意見です。これは「流行物は廃り物 (急激な流行は、間もなく衰退する)」という言葉にもあるように、安易なブーム便乗への警戒感を示しているとも言えますが、果たして実際のところはどうなのでしょうか。今回も引き続き本記事の掲載に先立って行った調査結果※1をもとに、IPA (独立行政法人情報処理推進機構) の古明地 正俊 (こめいち まさとし) 氏にご指摘をいただきながら、探っていきましょう。


【先駆け! AI 塾】「AI は本当に仕事に使えるのか?」、改めて考えてみよう

  「先駆け! AI 塾」ブログ 本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。 Chapter 1-2: 「AI は本当に仕事に使えるのか?」、改めて考えてみよう ビジネスシーンで重要なトピックスになっている「働き方改革」。長時間労働の是正、生産性向上、人手不足の解消など、日本の企業で働く人々が抱えるさまざまな課題の解決に向けた動きが本格化しています。その中で、実現の切り札として期待が高まっているのが AI の活用。極端な話、「考える力」を持ったコンピューターが人に代わってあらゆるデスクワークをこなすことができれば、これらの課題は一気に解決するはずです。 しかし、現実はどうでしょう? AI 導入は着実に進んでいると言われていますが、その成果を公表しているケースは多くはなく、しかも一部の大企業に限られているという印象が否めません。実際のところ、AI はどの程度仕事に使えるものなのか、単なる「流行」の域を出ないのか。本記事の掲載に先立って行われた調査結果 (※1)から、AI 研究のスペシャリストである IPA (独立行政法人情報処理推進機構) の古明地 正俊 (こめいち まさとし) 氏と一緒に考えていきます。