【New in AI】マイクロソフト AI の世界各地の事例を紹介 (2019/2/18)

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 New in AI – 2019年2月18日更新: ヘルスケア特集 がん治療を AI でサポート、AI でがんを治せるか ? 現在、世界中の 6 人に 1 人ががんで亡くなっています。2018 年だけで新たに 1,700 万ものがんの症例が診断されました。元がん患者であるファビアン・ボーリン氏はこの現状を打破するために、テクノロジーに着目し、がん患者とその家族が経験を共有するためのソーシャルネットワーク、WarOnCancer を立ち上げました。このネットワーク上では、さまざまなグループの患者がどこでどのように治療されているかなどの経験を AI で分析し、欠点と利点を検出します。


【New in AI】マイクロソフト AI の世界各地の事例を紹介

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 New in AI – 2019年2月6日更新: 飢餓問題と戦う AI 2030 年までに AI で世界の飢餓問題を解決できるか? 世界では年間 310 万人もの子どもたちが栄養不足により亡くなっています。インドのマディヤプラデシュ州では、5 歳未満の子どものうち 42.8% が低体重で苦しんでいます。しかし、援助団体の現場スタッフがこれらの子どもたちが栄養失調に罹患しているかどうかを正確に診断することは困難です。この課題を解決するのが、マイクロソフトが開発した AI 搭載型アプリケーション Child Growth Monitor です。


【先駆け! AI 塾】分析・自動化だけじゃない! AI で新たな価値創出

「先駆け! AI 塾」ブログ 本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。   Chapter 1-4: 分析・自動化だけじゃない! AI で新たな価値創出 最近、世界的なキーワードとして「第四次産業革命」という言葉が話題になっています。蒸気機関の第一次、電力による大量生産が可能になった第二次、コンピューターとインターネットが台頭した第三次に続く第四の波。この革命を起こすものとされるのが AI と IoT です。少々大げさな話にも聞こえますが、 AI は産業界だけでなく、社会全体の仕組みをも根本から変える可能性を秘めています。本ブログではこれまで 3 回にわたり AI のビジネス活用を考えてきましたが、最終となる今回は、AI 導入によって生まれる新たな価値について、IPA (独立行政法人情報処理推進機構) の古明地 正俊 (こめいち まさとし) 氏にご意見をいただきながら検証します。


【先駆け! AI 塾】AI をビジネスで「使いたくない」その理由とは?

  「先駆け! AI 塾」ブログ 本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。   Chapter 1-3: AI をビジネスで「使いたくない」その理由とは? AI の研究・開発が世界的な規模で進み、実際にビジネスシーンで AI を活用する取り組みも本格化する中、一方では、導入に対してある種の不安や抵抗を抱いている人も少なくありません。その理由としてよく耳にするのが「お金がかかるだけで、大した効果は望めないだろう」との意見です。これは「流行物は廃り物 (急激な流行は、間もなく衰退する)」という言葉にもあるように、安易なブーム便乗への警戒感を示しているとも言えますが、果たして実際のところはどうなのでしょうか。今回も引き続き本記事の掲載に先立って行った調査結果※1をもとに、IPA (独立行政法人情報処理推進機構) の古明地 正俊 (こめいち まさとし) 氏にご指摘をいただきながら、探っていきましょう。


【先駆け! AI 塾】「AI は本当に仕事に使えるのか?」、改めて考えてみよう

  「先駆け! AI 塾」ブログ 本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。 Chapter 1-2: 「AI は本当に仕事に使えるのか?」、改めて考えてみよう ビジネスシーンで重要なトピックスになっている「働き方改革」。長時間労働の是正、生産性向上、人手不足の解消など、日本の企業で働く人々が抱えるさまざまな課題の解決に向けた動きが本格化しています。その中で、実現の切り札として期待が高まっているのが AI の活用。極端な話、「考える力」を持ったコンピューターが人に代わってあらゆるデスクワークをこなすことができれば、これらの課題は一気に解決するはずです。 しかし、現実はどうでしょう? AI 導入は着実に進んでいると言われていますが、その成果を公表しているケースは多くはなく、しかも一部の大企業に限られているという印象が否めません。実際のところ、AI はどの程度仕事に使えるものなのか、単なる「流行」の域を出ないのか。本記事の掲載に先立って行われた調査結果 (※1)から、AI 研究のスペシャリストである IPA (独立行政法人情報処理推進機構) の古明地 正俊 (こめいち まさとし) 氏と一緒に考えていきます。


変革する力をもたらす Microsoft AI

Microsoft AI Blog for Business & Tech 投稿:2018年10月11日 投稿者:Mitra Azizirad 今の私たちには想像できない方法で、私たちの生活、産業、社会を変革する可能性を秘めた人工知能 (AI) の時代が到来しました。AI は、従業員の生産性と創造力を向上させ、ビジネスのアジリティを高め、顧客エンゲージメントを改善し、新製品のイノベーションを活性化する新しい手段を私たちに提供してくれます。しかもそれは、これから実現することの第一歩にすぎません。 Microsoft の 43 年の歴史を通じて、私たちは、人類の進歩に立ちはだかる障壁を打破し、地球上のすべての人と組織がより多くを成し遂げられる世界を実現するために、コンピューティングの恩恵を民主化することに専念してきました。Microsoft AI は箱に入って売られている製品ではありません。Microsoft AI は、AI で世界を革新し、変革する力をすべての開発者、組織、個人にもたらす Microsoft のビジョンです。


【先駆け! AI 塾】AI は「ビジネスの味方?」それとも「仕事を奪う敵?」

  まえがき: 「先駆け! AI 塾」ブログ連載スタート AI ―― この、耳慣れたようでいて、実はよくわからないもの。 日進月歩で研究が進み、AI 開発者達がテクノロジーの最前線でしのぎを削る一方で、「すごそうだ」「便利らしい」という漠然とした印象はあるものの、それはまるで映画を観ているような、どこか遠いところの話だと感じている方が多いのも事実です。しかし、AI は一部の特別な開発者だけのものでもなく、限られた大企業だけのものでもありません。 「先駆け! AI 塾」と題した本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。


チャットボットを作るときに気を付けるべき唯一つのこと

Microsoft Bot Frameworkは、開発者がさまざまなビジネス上の問題を解決する魅力的なボット体験を作成できるようご支援します。このセクションで説明されている概念を学ぶことで、ベストプラクティスに沿ったボットを設計し、この比較的新しい分野での教訓を活用できます。   ボットの設計 ボットを構築する場合、そのボットはあくまでもあなたがユーザーに使わせたい、あなたがアプリ、ウェブサイト、電話、その他の特定のニーズに対処する他の方法よりもユーザーにボットを選んでほしいと願っている、と思ってください。言い換えれば、あなたの構築するボットは、アプリやウェブサイトなどとの競争です。あなたのボットがユーザーを引きつけるにはどうすればいいですか?ボットを設計する際には、適切な要素に優先順位をつけるという単純なことを心がけてください。


F1 勝者の条件は? AI でポールポジションを目指すルノー・スポール F1 チーム

F1 レースで勝つためには何が必要でしょう? 強力な馬力のエンジンを搭載した最先端のマシン、優秀なドライバー、それを支える優秀なチーム。でも、最近のF1 レースの勝敗はそれだけではないことをご存知でしょうか。F1 には、華やかなレース、多くの観客、馬力、スピード以外の要素もあります。世界のグランプリサーキットを F1 レースカーが轟音を立てて走り抜ける時、必要となるのは運転技術と度胸だけではありません。F1 は、テクノロジのレースでもあります。そして、そこでまもなく AI (人工知能)がポールポジションを取る可能性があります。


マイクロソフト、量子コンピューターの一般的な実用化にむけて Azure にも搭載

[2017 年 9 月 25 日]   現在利用できるいかなるスーパーコンピューターよりもさらに1億倍以上も高速に計算を行うことができる、そんな夢のコンピューターが「量子コンピューター」です。量子力学の重ね合わせを用いて並列計算を高速に行うことが可能で、現在のノイマン型のコンピューター (プログラムを記憶装置に格納し順番に読み込んで実行する方式) とは異なる方式です。現在のスーパーコンピューターだと数千年かかる課題も数秒で解けるようになる可能性を秘めています。特に AI の分野ではこの計算パワーが AI の進化にとても有効であるといわれています。たとえば、デジタルアシスタントであるコルタナのトレーニングアルゴリズムは、1か月かかるところを 1 日のうちに完了させることができるようになります。