Microsoft サービスを利用して医療組織が仮想ヘルスアシスタントを開発・展開

2019年2月7日| John Roach 写真提供:クエストダイアグノスティクス 毎年、アメリカの数千万人の成人が、定期的な血液検査から複雑な遺伝子検査や分子検査に至る広範囲の医療関連サービスを受けるためにクエストダイアグノスティクスに連絡するよう要請されています。セルフサービス方式の導入が加速している現代の医療産業では、検査前にいつ、どこへ行き、何をすればよいかなどの詳細情報は、通常、患者が自分で調べることになっています。 「患者は自らの健康管理体験を向上させる方法を本格的に学習しており、山ほどの質問を抱えています」とノースカロライナ州カリーに居を構えるクエストダイアグノスティクスのアーキテクチャ担当シニアディレクターの Jason O’Meara は言っています。「ボットを使えば直接回答が得られる場合、多くの人はウェブサイトを閲覧して質問に対する回答を探す作業をやりたがりません」と O’Meara は付け加えています。


AI を始める開発者の学びと実践の場【Microsoft AI. lab】~ Build a Bot

Microsoft AI.lab は、AI を始めるすべての開発者のための、学びと実践の場です。 AI.lab は現在、最新のカスタムビジョン、attnGAN、AI 用の Visual Studio ツール、認知検索、Machine Reading Comprehension などを紹介するプロジェクトを収容しています。 各ラボでは、実験的な遊び場、GitHub 上のソースコード、分かりやすい開発者向けビデオ、そして開発者や組織が持つ課題と解決策への洞察を得ることができます。マイクロソフトによる最新の AI 革新を体験し、学び、活用してください。 ボットを構築しよう 対話型 AI はコンピューティングの新たな転換点であり、人間の本質的な行動、すなわち会話を中心に構築されています。コンピュータが「人間と同じように」発言するとき、人間とコンピュータとの会話が実現し、対話型 AI は新たな UI となるでしょう。 対話型 AI は、企業が自然な形で顧客と対話を実現させるための新しいチャネルを開きます。インターネットの誕生によって企業がウェブサイトを作成しなければならなくなったように、対話型 AI の誕生によって企業にはエージェントを作成する必要性が生じます。そしてそれは企業ブランドを主体とし、Cortana、Google Assistant、Alexa などのデジタルアシスタントをはじめ、Facebook、Skype、Slack など、あらゆるチャネルで公開されるエージェントでなければなりません。


AI を始める開発者の学びと実践の場【Microsoft AI. lab】~ Spektacom

※画像は YouTube に遷移します Microsoft AI.lab は、AI を始めるすべての開発者のための、学びと実践の場です。 AI.lab は現在、最新のカスタムビジョン、attnGAN、AI 用の Visual Studio ツール、認知検索、Machine Reading Comprehension などを紹介するプロジェクトを収容しています。 各ラボでは、実験的な遊び場、GitHub 上のソースコード、分かりやすい開発者向けビデオ、そして開発者や組織が持つ課題と解決策への洞察を得ることができます。マイクロソフトによる最新の AI 革新を体験し、学び、活用してください。 背景 古くから世界中でファンを魅了してきた歴史あるスポーツクリケットは、21 世紀にトゥエンティ 20 という試合形式が登場したことにより進化を遂げ、世界中でファンが増加し、試合への関心も大きく高まりました。 これにより、競技における競争が激化し、プレイの質を向上させたいという思いがプロとアマチュアで同様に高まりました。


【先駆け! AI 塾】分析・自動化だけじゃない! AI で新たな価値創出

「先駆け! AI 塾」ブログ 本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。   Chapter 1-4: 分析・自動化だけじゃない! AI で新たな価値創出 最近、世界的なキーワードとして「第四次産業革命」という言葉が話題になっています。蒸気機関の第一次、電力による大量生産が可能になった第二次、コンピューターとインターネットが台頭した第三次に続く第四の波。この革命を起こすものとされるのが AI と IoT です。少々大げさな話にも聞こえますが、 AI は産業界だけでなく、社会全体の仕組みをも根本から変える可能性を秘めています。本ブログではこれまで 3 回にわたり AI のビジネス活用を考えてきましたが、最終となる今回は、AI 導入によって生まれる新たな価値について、IPA (独立行政法人情報処理推進機構) の古明地 正俊 (こめいち まさとし) 氏にご意見をいただきながら検証します。


【先駆け! AI 塾】AI をビジネスで「使いたくない」その理由とは?

  「先駆け! AI 塾」ブログ 本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。   Chapter 1-3: AI をビジネスで「使いたくない」その理由とは? AI の研究・開発が世界的な規模で進み、実際にビジネスシーンで AI を活用する取り組みも本格化する中、一方では、導入に対してある種の不安や抵抗を抱いている人も少なくありません。その理由としてよく耳にするのが「お金がかかるだけで、大した効果は望めないだろう」との意見です。これは「流行物は廃り物 (急激な流行は、間もなく衰退する)」という言葉にもあるように、安易なブーム便乗への警戒感を示しているとも言えますが、果たして実際のところはどうなのでしょうか。今回も引き続き本記事の掲載に先立って行った調査結果※1をもとに、IPA (独立行政法人情報処理推進機構) の古明地 正俊 (こめいち まさとし) 氏にご指摘をいただきながら、探っていきましょう。


電話の保留音をスキップして、ヘルスケアであなたを助けるチャットボット、Premera Scout に会おう

Microsoft Transform 投稿:2018年10月1日 投稿者:Vanessa Ho   医療保険について問い合わせをする際、ウェブサイトやアプリの指示に従って操作するのが面倒に感じられる場合もあります。電話をかけて「そのままお待ちください」というアナウンスを聞かされるのは、もっと嫌なものです。質問を入力しただけで、回答を得ることができたらいいのにと考える方も多いでしょう。 そのような利用者のために登場したのが、米国北西部で最大の医療保険会社 Premera Blue Cross が制作した新しいチャットボット、Premera Scout です。


【先駆け! AI 塾】「AI は本当に仕事に使えるのか?」、改めて考えてみよう

  「先駆け! AI 塾」ブログ 本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。 Chapter 1-2: 「AI は本当に仕事に使えるのか?」、改めて考えてみよう ビジネスシーンで重要なトピックスになっている「働き方改革」。長時間労働の是正、生産性向上、人手不足の解消など、日本の企業で働く人々が抱えるさまざまな課題の解決に向けた動きが本格化しています。その中で、実現の切り札として期待が高まっているのが AI の活用。極端な話、「考える力」を持ったコンピューターが人に代わってあらゆるデスクワークをこなすことができれば、これらの課題は一気に解決するはずです。 しかし、現実はどうでしょう? AI 導入は着実に進んでいると言われていますが、その成果を公表しているケースは多くはなく、しかも一部の大企業に限られているという印象が否めません。実際のところ、AI はどの程度仕事に使えるものなのか、単なる「流行」の域を出ないのか。本記事の掲載に先立って行われた調査結果 (※1)から、AI 研究のスペシャリストである IPA (独立行政法人情報処理推進機構) の古明地 正俊 (こめいち まさとし) 氏と一緒に考えていきます。


変革する力をもたらす Microsoft AI

Microsoft AI Blog for Business & Tech 投稿:2018年10月11日 投稿者:Mitra Azizirad 今の私たちには想像できない方法で、私たちの生活、産業、社会を変革する可能性を秘めた人工知能 (AI) の時代が到来しました。AI は、従業員の生産性と創造力を向上させ、ビジネスのアジリティを高め、顧客エンゲージメントを改善し、新製品のイノベーションを活性化する新しい手段を私たちに提供してくれます。しかもそれは、これから実現することの第一歩にすぎません。 Microsoft の 43 年の歴史を通じて、私たちは、人類の進歩に立ちはだかる障壁を打破し、地球上のすべての人と組織がより多くを成し遂げられる世界を実現するために、コンピューティングの恩恵を民主化することに専念してきました。Microsoft AI は箱に入って売られている製品ではありません。Microsoft AI は、AI で世界を革新し、変革する力をすべての開発者、組織、個人にもたらす Microsoft のビジョンです。


マイクロソフトと SWIFT、Azure でクラウドネイティブ ペイメントを実現

Microsoft Azure Blog 投稿:2018年10月21日 投稿者:Guru Kirthigavasan, Principal Program Manager 2018年10月に開催された世界有数の金融サービス イベントである Sibos 2018 では、Microsoft と SWIFT が、Microsoft Azure 上で SWIFT のインフラストラクチャーをホストし、クラウド ネイティブな金融取引を可能とする、クラウド ネイティブの  PoC  (Proof of Concept) を発表しました。両社は、銀行や法人、処理サービス機関、そのほかエコシステム内のプレイヤーのより迅速で効率的な、かつ安全なオペレーションを実現することで、クラウド上における SWIFT メッセージング ソリューションの配備をより円滑に進められるよう協力して取り組んでいます。 SWIFT は、200 以上の国や地域、11,000 以上の金融機関に使用され、信頼されている金融メッセージング サービスの世界的なプロバイダーです。現在、企業と銀行は、SWIFT が提供しているオンプレミスのサービスを活用し、安全性の高い SWIFT のネットワーク上で決済メッセージを送信することで取引を行っています。PoC では、Microsoft Cloud が提供する運用、セキュリティ、およびインテリジェンス面での利点が加わることで、銀行の電信送金のような仕組みが生み出されます。


【先駆け! AI 塾】AI は「ビジネスの味方?」それとも「仕事を奪う敵?」

  まえがき: 「先駆け! AI 塾」ブログ連載スタート AI ―― この、耳慣れたようでいて、実はよくわからないもの。 日進月歩で研究が進み、AI 開発者達がテクノロジーの最前線でしのぎを削る一方で、「すごそうだ」「便利らしい」という漠然とした印象はあるものの、それはまるで映画を観ているような、どこか遠いところの話だと感じている方が多いのも事実です。しかし、AI は一部の特別な開発者だけのものでもなく、限られた大企業だけのものでもありません。 「先駆け! AI 塾」と題した本シリーズでは、AI を “誰にとっても身近なもの” と捉え、あらゆるビジネスを発展させ、人々の生活をより豊かにするための「ツール」として活用していくための情報を発信していきます。