【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI 活用で加速する、障害を持つ人々への支援


"New in AI" では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。

AI 活用で加速する、障害を持つ人々への支援

New in AI ― 2019年5月23日

ai-for-accessibility

AI 活用で加速する、障害を持つ人々への支援

現在、世界中で 10 億人を超える障害者が暮らしています。生まれつき手足に障害を持っていたジョン・ロビンソンもそのひとりです。彼は、自身が就職活動において苦労した経験から、 AI チャットボットを活用して障害者をビジネスと結びつけ、よりよい就職先を見つける手助けをするための組織を立ち上げました。オミッド・カバヘイは Azure の機械学習を使用して、運転中のてんかん患者の発作を予測し、発作が起こる前に運転手を安全に道路から逸れることを可能にするウェアラブル キャップを開発しました。ジョンとオミッドはどちらも Microsoft AI for Accessibility の受領者の 1 人です。

この記事を読む (リンク先のページは英語です)
Microsoft AI for Accessibility について


世界初! AI が作るウイスキー

190523_ai_2

世界のウイスキー市場は2023年までに74億米ドルに達すると予想されています。かつて火酒や生命の水として知られたウイスキーは、文化や地域を行き来し、それに伴ってさまざまな蒸留所で独自のドラマが描かれてきました。今、受賞歴もある蒸留所 Mackmyra Whisky は、AI モデルと機械学習を活用することで、ファンの口にあったウイスキーを新たに 7,000 万種以上生み出そうとしています。蒸留所の創意工夫と専門知識が AI と力を合わせることで生み出されるウイスキーの限界を超えた未来のウイスキー、飲んでみたくありませんか?

この記事を読む (リンク先のページは英語です)


障害を持つ子どもを AI が救う

190523_ai_3

世界中の子どもの 160 人に 1 人は自閉症スペクトラム障害と診断されています。そして、多くの自閉症の子どもたちにとって言語を学ぶということは簡単なことではありません。そんな子どもたちの言語習得を支援するために、iTherapy や Zyrobotics などの組織はカスタム教育ツールを開発しました。iTherapy は画像認識とアバターを活用して単語と意味を組み合わせ、会話の学習を支援します。Zyrobotics は機械学習を活用して学生が課題に直面していて援助を必要としているかどうかを判断します。どちらも障がいを持たない学習者と学習障害のある学生との間にあるギャップを埋めることを目的としており、AI 活用がその実現を手助けするかもしれません。

この記事を読む (リンク先のページは英語です)
この動画を見る – iTherapy (リンク先のページは英語です)
この動画を見る – Zyrobotics (リンク先のページは英語です)


AI Side Notes:

(リンク先のページは英語です)


本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

バックナンバーはこちら

Skip to main content