【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI は自動車保険の課題を取り除く


"New in AI" では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。

AI は自動車保険の課題を取り除く

New in AI ― 2019年6月3日

190603_ai_01

AI は自動車保険の課題を取り除く

自動車事故の際の損害調査に時間がかかり保険契約者が何日も運転をすることができないということが時にあります。毎年 2 億 3,000 万台以上の自動車が 5 億件もの自動車事故を起こすインドでは、損害調査をより効率化する必要がありました。そこで、ICICI Lombard は Microsoft と提携して、インド初の AI 対応の自動車損害調査アプリ「Insure」を開発しました。このアプリケーションは、保険契約者が事故を起こした際に車の画像を撮ってアプリにアップロードするだけで、AI が画像を分析して損害を特定、瞬時に修理費用の見積もりを出すことができます。このモジュールは年内に発売される予定で、同社は毎月 8 万件以上の請求を事故当日中に処理することを目指しています。

この記事を読む (リンク先のページは英語です)
この動画をみる (リンク先のページは英語です)


190603_ai_02

AI がトイレに潜む公衆衛生上のリスクを識別

汚いトイレでは病原菌が繁殖してしまうなど、公衆衛生には課題が伴います。そこで、タイの公衆衛生省は 2,000 人の地域ボランティアが撮った写真を分析する、AI搭載のモバイルアプリによる公衆トイレの衛生状況の監視を始めました。これまでに撮影された写真は 11,000 枚以上で、タイ周辺のトイレの状態を識別、評価、および採点するための衛生認識モデルを作り上げることに貢献しています。このモデルの精度は9 割ほどで、早い段階で公衆衛生上のリスクを特定し、公務員による速やかな対処を実現し、医療費を削減するのに役立っています。

この記事を読む (リンク先のページは英語です)


190603_ai_03

AI とドローンで自然の水循環を保全する

過去 200 年間において、工業化と都市化で 7,600 億立方メートル以上の雨水が自然の摂理とは異なる形で転用され、都市部に洪水や砂漠化を引き起こしてきました。Rain for Climate は、ドローンで領土データを収集し、土地を分析し、5,000 を超えるさまざまな対策カタログから、個別にカスタマイズしたレポートを地主に提供する AI ソリューションを設計しました。チームの意欲はとどまることを知らず、被害を受けた地域で水を自然のバランスにできるだけ早くそしてできるだけ効率的に回復させるという最終目標にむけて挑戦を続けています。

この記事を読む (リンク先のページは英語です)
この動画をみる (リンク先のページは英語です)


AI Side Notes :


本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

バックナンバーはこちら

Skip to main content