【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI 活用で加速する、障害を持つ人々への支援

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI 活用で加速する、障害を持つ人々への支援 New in AI ― 2019年5月23日 AI 活用で加速する、障害を持つ人々への支援 現在、世界中で 10 億人を超える障害者が暮らしています。生まれつき手足に障害を持っていたジョン・ロビンソンもそのひとりです。彼は、自身が就職活動において苦労した経験から、 AI チャットボットを活用して障害者をビジネスと結びつけ、よりよい就職先を見つける手助けをするための組織を立ち上げました。オミッド・カバヘイは Azure の機械学習を使用して、運転中のてんかん患者の発作を予測し、発作が起こる前に運転手を安全に道路から逸れることを可能にするウェアラブル キャップを開発しました。ジョンとオミッドはどちらも Microsoft AI for Accessibility の受領者の 1 人です。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】インド人学生が AI 搭載の汚染防止マスクを開発

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI による変化の風 インド人学生が AI 搭載の汚染防止マスクを開発 世界の主要都市でもっとも大気汚染が進んでいる都市ニューデリー。この都市での生活が、5 人のインド人学生を Caeli の開発へと駆り立てました。 Caeli は呼吸器系疾患をもつ人を助けるための AI 搭載型フェイスマスクで、ネブライザーから吐出される薬の管理、周囲の大気の質の通知、そして装着者をもっとも大気汚染が少ない経路で目的地まで案内する機能が備え付けられています。この Caeli を開発したチームは、イマジンカップにおいてアジアリーグを突破し、世界大会では準優勝という結果を残しました。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】アースデイ特集

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI による変化の風 AI が海のゴミを減らす 2005 年、メキシコの海岸プエルトエスコンディドでサーフィンをしていたカムデン・ハウットの顔面を突如おむつが襲いました。それに嫌悪感を抱いた彼は岸に戻ると今度は捨てられた便座の上につまずきます。メキシコを離れ、地球を半周してニュージーランドに帰国したハウットは、ニュージーランドの海岸にも大量のゴミが流れついている光景を見て心を痛め、美しい地球を守るために人生をささげようと決心します。


【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI は自動車保険の課題を取り除く

“New in AI” では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。 AI は自動車保険の課題を取り除く New in AI ― 2019年6月3日 AI は自動車保険の課題を取り除く 自動車事故の際の損害調査に時間がかかり保険契約者が何日も運転をすることができないということが時にあります。毎年 2 億 3,000 万台以上の自動車が 5 億件もの自動車事故を起こすインドでは、損害調査をより効率化する必要がありました。そこで、ICICI Lombard は Microsoft と提携して、インド初の AI 対応の自動車損害調査アプリ「Insure」を開発しました。このアプリケーションは、保険契約者が事故を起こした際に車の画像を撮ってアプリにアップロードするだけで、AI が画像を分析して損害を特定、瞬時に修理費用の見積もりを出すことができます。このモジュールは年内に発売される予定で、同社は毎月 8 万件以上の請求を事故当日中に処理することを目指しています。