Microsoft サービスを利用して医療組織が仮想ヘルスアシスタントを開発・展開

2019年2月7日| John Roach 写真提供:クエストダイアグノスティクス 毎年、アメリカの数千万人の成人が、定期的な血液検査から複雑な遺伝子検査や分子検査に至る広範囲の医療関連サービスを受けるためにクエストダイアグノスティクスに連絡するよう要請されています。セルフサービス方式の導入が加速している現代の医療産業では、検査前にいつ、どこへ行き、何をすればよいかなどの詳細情報は、通常、患者が自分で調べることになっています。 「患者は自らの健康管理体験を向上させる方法を本格的に学習しており、山ほどの質問を抱えています」とノースカロライナ州カリーに居を構えるクエストダイアグノスティクスのアーキテクチャ担当シニアディレクターの Jason O’Meara は言っています。「ボットを使えば直接回答が得られる場合、多くの人はウェブサイトを閲覧して質問に対する回答を探す作業をやりたがりません」と O’Meara は付け加えています。


顔の表情から読み取れる心理 ~ 人工知能が古代の仏像に秘められた感情を読み解く

Geoff Spencer Microsoft Asia ライター 2019 年 2 月 19 日 日本の阿修羅像が表しているのは喜びなのか、悲しみなのか? 研究者らが AI を利用して解明する 阿修羅像の 3 つの顔は何世紀にもわたって、古代日本の都、奈良の興福寺から人々を見守っています。しかし反対に、信者や学者が阿修羅像を見つめる時、彼らの目には何が映るのでしょうか? あるいは、少なくとも彼らは何が見えると考えているのでしょうか? 1,200 年前に作られた、6 本の腕と 3 つの顔を持つ、背が高くスリムな仏像彫刻の傑作は、信仰の対象として崇拝され、芸術作品として賞賛されてきました。正式に国宝にも指定されています。しかし、西洋人が長い間、モナリザの謎めいた微笑みを不可解に感じてきたように、日本人は阿修羅像の微妙な表情に不思議な魅力を感じてきました。 奈良の興福寺 現在、研究者らは阿修羅像などの貴重な仏像を理解するための新しい方法を開発し、人工知能 (AI) ツールを利用して芸術作品の謎を解き明かしています。