【New in AI: 世界の AI 活用事例】AI による常時監視: 警備員の仕事に革命


"New in AI" では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。

AI による常時監視: 警備員の仕事に革命

警備員の仕事に革命

AI による常時監視: 警備員の仕事に革命

世界でもっとも安全な都市の 1 つであるシンガポールのセキュリティー会社 Certis は、監視カメラを常に監視するという従来の安全管理方法に課題を感じ、 AI を導入しました。従来、警備員が行っていた監視カメラを通しての問題の監視と識別を AI で管理することにより、セキュリティ担当者は人間のやり取りを必要とする状況を処理することのみに集中できるようになりました。また、同時に労働力不足という問題も解決することができました。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


AI 観光ガイドとする日本旅行

AI 観光ガイドとする日本旅行

毎年、世界中から多くの観光客が日本を訪れます。そんな訪日外国人観光客にとって夢のようなサービスがリリースされました。 AI 搭載型のチャットボット「Miko」です。日本での観光体験を向上させるために開発されたチャットボット Miko は、旅行者の言語の壁を取り除き、宿泊予約から旅程の作成までしっかりとサポートします。また、旅行者を最高の食体験を提供するために、お店選びから予約まですべて AI が行います。食事以外でも、多くのサービスやエンターテインメントのチケットの購入も可能です。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


AI 対応フォークリフト

AI 対応フォークリフト

AI 対応フォークリフト

グローバル e コマースの取引額は、年間 20% 以上成長し、2022 年までには 5.8 兆ドル規模にに達すると予測されています。これを受けて、トヨタ マテリアル ハンドリング グループは、同社の顧客が e コマースの増加に対応できるよう、AI、複合現実、そして IoT に目を向けています。ハノーバーメッセショーでは、仮想モデルを使って顧客の倉庫のナビゲーションを素早く学習するインテリジェントフォークリフトについてのビジョンを発表しました。また、Azure IoT Edge を活用して、顧客のフォークリフトの使用状況を追跡してメンテナンスを最適化し、倉庫の効率と安全性を向上させるためのフリート管理システムを開発も予定しています。

この記事を読む(日本語)


AI Side Notes:


本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

バックナンバーはこちら

Skip to main content