【New in AI: 世界の AI 活用事例】製造業特集


"New in AI" では、ビジネスや社会の変革に向けて、マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。

AI による変化の風

190409_AI_01

AI でつくる高品質牛乳

オーストラリアは乳製品の輸出量世界第 3 位の酪農大国です。先日、同国企業の ACM が、ヒューマンエラーと二次汚染のリスク軽減のため、機械学習を利用した牛乳加工と製造施設のハイテク化に 5,500 万米ドルを投資しました。同社は Azure Cognitive Services とデータインサイトを活用して牛乳の品質を最適化および、残業代を約 10 万ドルの削減、さらに、破棄される牛乳による環境コストの削減に成功しました。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


 

風力発電機のメンテナンスに AI を活用

120 メートルもの高さの塔と 22 階建ての建物の高さに及ぶ回転翼を備えた風力発電機は、エンジニアリングによって作り上げられた偉大な発明品です。しかし、風力発電機のメンテナンスは、技術者が回転翼のひび割れや欠陥の写真を撮る必要があるため、非常に危険で時間のかかる作業です。この問題を解決するために、スペインのシーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー株式会社は AI 搭載のドローンを活用するデジタル ソリューションに着目しました。このソリューションでは、ドローンが 20 分ほどで回転翼の写真を 400 枚撮影し、Azure AI がこの画像をもとにわずか 34 秒で発電機の正確なモデルリングを行います。手動で同じ作業をした場合、かかる作業時間は 4 ~ 6 時間です。

この記事を読む(リンク先のページは英語)


190409_AI_03

AI で自動車にコネクテッドサービスを提供する

世界のテレマティクス市場は、2024 年までに 1,300 億米ドルに達すると予測されています。ルノー・日産自動車・三菱自動車は、その成長の可能性にチャンスを見出し、アライアンス インテリジェント クラウドの発売を発表しました。3 社は、マイクロソフトのクラウド、AI、および IoT テクノロジーを活用して、メンバー企業が持つ 200 におよぶ市場においてコネクテッドサービスを提供します。データ駆動型プラットフォームにより、高度な AI および分析シナリオが可能になり、新しいイノベーションの開発が加速します。

この記事を読む(日本語)


Read more Manufacturing Stories :


本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

 

バックナンバーはこちら

Skip to main content